無料ブログ作成サービス JUGEM
会見

 最近、首相の会見が全くない。

会食は盛んに行っているが会見は無し。

新型コロナウイルスの特効薬はまだ無いが、この首相につける薬も存在しない!

東京オリンピック開催は「不退転の決意」と論じましたが、どこにその欠片が見えるのでしょうか?

信念の欠片が見当たらない人の言葉はもう信用しません。

コロナウイルス問題だって、口を開けば専門家の意見を聞いてが口癖で、ひっ迫している医療現場の状況も分からず、医療機関はまだひっ迫していないという始末です。

「慎重に経済活動を再開してゆく、その方針に変わりはない」と言いながら、時期が一番悪い中ドタバタでGOTOてキャンペーンの開催にgoサインをて出してしまいました。

そのGOTOキャンペーンなる企画も、誰の考えかわかりません。

終了後の感染者数に注目が集まりますが、いかに感染を減少させるかが問われている時期に行う施策ではないような気がします。

会見もせず、呑気に会食ばかりしている姿を見ていると、本当につける薬がないと言っても過言ではありません。

会食だって、庶民が行けたり食べたりできる場所やお金ではありません。

まさか国民の税金での会食ではありませんよね。これ以上の公私混同はたとえ首相であっても許されることではありません。

それにしても毎日豪華ですね!

自粛要請してた期間中はさすがに本人も自粛していましたが、解除された途端に通い始めました。

今の状態は3月4月の状態と違うと言いますが、根拠は不明確です。しかし、根底は一緒と考えます。

国民に自粛要請したら、大好きな会食が出来なくなるからとも考えられます。

万に一つもそんな考えは持っていないと思いたいですが・・・・・・・

 

 

 

 

 東京都知事の会見も、不要不急の外出を抑制する願いばかりでなんの施策も伝わりません。

姑息に数字を調整しているのではないかとの疑惑もわく「今日の東京は〇〇人くらいの感染が予想されます」なる報道がなされるとそのように思います。

選挙の出口調査でもないのに、何を根拠に予想を立てているのでしょうか。

その予想を立てる根拠よりも、対策を積極的に発言すべきです。

また、来年の東京五輪のお話も積極的にお話しされません。

開催都市の首長さんがです。

世界的なことを考えれば、殆どの人が開催は無理と思っていることでしょう。

早めに結論を出し、本音を言うべきです。

どう考えても、開催は無理と思うのが普通ではないかと思います。

 

 

 

 百貨店さんの催事に対する取り組みは、お客様、従業員の安全の確保に、微に入り細に渡って実行し、涙ぐましい努力を重ねています。

通路幅を広くしたり、金銭の授受についても繊細なことがなされています。

従来の催事のやり方を大幅に変革し、別な方法で取り組みを考えている処もあります。

慎重に経済活動を再開して実行しています。

口だけの政府とは大きく違います。

それでも感染者が出る始末です。

GOTOキャンペーン後の感染者数が気になりますが、本音は感染がないのが望ましいことです。

悪い施策とは思いませんが,時期尚早のような気がしてなりません。

ただただ、感染者が出ないことを祈るばかりですが、もし、沢山の感染者が出た場合の会見の中身に興味を持ちます。

もう訳の分からない屁理屈は通りません。

| karyuhokki | 日記 | - | - |
長旅

 色々な都合で今回の帰途の旅は、博多〜新函館北斗駅を新幹線を使っての帰省となりました。

約9時間半の新幹線の旅です。

博多駅で駅弁と缶ビール1本と缶酎ハイ1本を買い込み乗車。

車窓から見える景色を楽しみ、大好きな時代小説を読み、睡眠を貪り個人的にはそんなに長く感じる事なく無事到着しました。

東京駅で少々の乗り換え時間があり、大好きな駅弁「深川めし」と博多駅同様缶ビール1本と缶酎ハイ1本を買い込み北海道新幹線に乗車しました。

博多を出て、新山口辺りから岡山辺りまで睡眠し、京都から浜松辺りまでまた睡眠、静岡から新横浜までまた睡眠し東京駅に到着、北海道新幹線に乗り換え、大宮辺りから仙台まで睡眠、盛岡から八戸で眠りから覚め、新青森から木古内迄また睡眠し、我が街の駅に到着しました。駅には娘が迎えにきてくれており、とても嬉しかったです。

振り返ってみれば、寝てばかりの様な感じですが、しっかり単行本一冊は読み切りました。

良く、寝るのには体力がいると言われますが、まだ体力が残っているのかと思わせるほど睡眠を貪りました。

 

 

 

 新幹線の車両は一両に十七番までの席の列があり、一列に5人乗車できますが、あくまでも私の推測ですが一両の乗車率は25%程度と推測されます。公共の乗り物ですので仕方ないかもしれませんが、とても気の毒です。

ただ、個人的には混んだ列車が嫌いですので私的には快適でした。

改めて、コロナウイルスの影響を目の当たりにみる機会は、別に乗り物だけではなかったのですが恐ろしさを感じました。

ただ、最近コロナウイルス関係のことで論戦が見られる様になってきました。

論文やデータも見ないで、人が言っているからといい発言する人達が煽るテレビは考えものです。

国民への影響度をもう少し考え、しっかりしたデータに基づき発言してほしいと思います。

テレビウイルスなる新しい極悪なウイルスが国民を煽っているとしか思えません。

マスクの必要性や、三密の根拠など、しっかりした論文やデータを考えた言動を望みます。

 

 

 

 

 長旅と表しましたが、毎年この時期は秋の催事の長旅の調整に頭を悩ます時期です。

しかし、昨日残念ながら関東地域で毎年春秋お世話になる百貨店さんから、新型コロナウイルスの現在の状況から10月に予定していた北海道物産展の中止の連絡が舞い込みました。

確かに、これだけの感染者が出ていれば致し方ないとは思います。仕方の無いこととはいえ残念な結果です。

ただ、これからまだまだ中止になる催事が出現しそうで不安は募ります。

今はただ、長旅の調整をするのでは無く、コロナウイルスの関係で日程がいつもと違い、結果通常通りの開催の百貨店さんとの日程のやり繰りが大きな仕事となっています。

一日も早くウイルス騒動が終息し、通常の状態に戻る事を期待していると同時に、政府、テレビ関係者の皆さんのきちんとしたデータや論文に基づいた施策や、報道をお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
誕生

 13日、60台最後の誕生日を迎えることができました。

改めて、このブログを借りて沢山の皆さんからの有り難いメッセージに感謝申し上げます。ありがとうございました。

ここ数年名古屋で迎えることが多かったのですが、名古屋の催事がコロナウイルス感染予防の為中止になり、今回単独で佐世保に来たため、佐世保での誕生日でした。

当社、佐世保にお世話になって13年が経過します。その間、私がずっと担当していましたが、近年婿殿の担当になりお手伝いでの佐世保入りです。

しかし、やはり佐世保でも忘れられてはいなく、とても懐かしがれるお客様もいらっしゃいました。

有り難いものです!感謝です!

チラシも何も無く厳しい環境ではありますが、沢山のお客様がお見えになってお買上げいただき感謝にたえません。

明日は、予約が沢山入っており楽しみな1日になりそうです。

 

 

 

 

 また、東京で最高の感染者数が発表されました。

ただ、相変わらず患者数や重症者数が未発表です。

その様な背景から、政府は慌てていないと解釈されても仕方ありません。

何が根拠で、自粛を求めないのでしょうか?

もういい加減はっきり言った方が良いのでは無いでしょうか。

悪戯に国民を煽ったり、不安に陥れるのはやめてほしいです。

ただの風邪ですと何故言えないのでしょうか。

そこには特効薬の誕生がないからなのでしょうか。しかし、特効薬がなくても、特効薬があるインフルエンザで亡くなる人よりコロナで亡くなる人は少ない現実は存在するではありませんか。

これ以上、国民を煽ることや不安にさせる報道は辞めてください。

 

 

 

 

 マスクにも辟易している一人です、

コロナウイルスの菌はマスクの穴などよりはるかに微粒子で、まるで台所で使うザルを口に当てていると言っても過言では無いと思います。だれが考えたって、ざるの穴が菌を止めれるはずがありません。

結果、マスクからの感染は無いと思います。

であれば、息苦しく煩わしい、ストレスの溜まるマスクから解放して下さい。

 

 

 

 

 色々な間違いは仕方の無いことです。

ただ、これ以上間違いを誕生させないで下さい。

再度、コロナウイルスについて問題再考ができないものでしょうか。

ここまで騒がなければならないウイルスなのでしょうか。

新薬の誕生は勿論ですが、政府や自治体の考え方も一考願います。

お笑い出身のタレントさんの考え方や、訳の分からない専門家はもういいです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
三洋

 長崎佐世保も三日間が過ぎ、あと三日を残すばかりとなりました。

昨日、今日と天気は快晴ですが、明日辺りからまた怪しくなる予報です。

10年ほど前、11日間の期間中9日間雨に見舞われた事を思い出しました。

本州の梅雨は大変です。

 

 

 

 表題の三洋ですが、一番先に思い出されるのが三洋電機です。

自転車用発電ランプの主要メーカーと認識しており、他に洗濯機や冷蔵冷凍モーターが優れた会社でした。

現在は、パナソニック傘下になり、三洋電機そのものは消滅してしまいました。

また、サンヨウという名前では缶詰を思い出します。

みつ豆缶や白桃缶、そして色々な果物の缶詰を作っていました。

缶詰を食していると、何故かお袋さんを思い出し、ついつい涙腺が緩みました。

風邪をひいて熱があり食欲がない時、お袋はよくサンヨウさんの缶詰を食べさせてくれました。

中でも、みつ豆缶と白桃缶が好物でした。昨日はそのみつ豆缶を食しました。

k食品やh食品会社も同じ缶詰がありましたが、味はサンヨウさんに敵いませんでしたし昨日食べて改めて確信しました。 

また、同じサンヨウ食品さんでもカップ麺やインスタントラーメンもサンヨウ食品さんが好きでした。 

これまた、お世話になる百貨店さんに陳列してあったので、これまた購入し食しました。

相変わらずの美味しさと、懐かしさで一杯でした。

何故、こんな懐かしい事を書いたのかと言えば、やはり天候のせいですか?

先に記述した11日間のうち9日間が雨という懐かしい事を思い出したのが書かせた理由です。

 

 

 

 

 

 老いて来ると、色々昔あった事を思い出します。

その一つ一つが走馬灯の様に頭の中を駆け巡ります。

楽しかったことや、悲しかった事などが思い出され、微笑んだり悲しんだりする自分がいます。

そして、親兄弟のことが特に思い出される様な気がします。

体力が無くなったり、体が自由効かなくなったりの老いもありますが、懐かしさにしたる老いも存在します。

老いと仲良くし、これからも人生を満喫できるような生活ができれば本望です。

 

 

 

 

 

 コロナウイルス感染予防のため、昨日も婿殿と部屋食です。

部屋で飲食する欠点は、食べ過ぎ飲み過ぎですが、二人で楽しくやっています。

ただ、佐世保市中の飲食店を見てみれば、満席のところが多く三密どころの話ではありません。

東京はまた、280人前後の感染者が出たらしいので大変と思われますが、何とか対策を講じて感染者を少なくして欲しいものと思います。

ただ、三蜜が良くないと言われ野球の観戦でもその他の催しでも間隔を開けてますが、パチンコ店などを覗いて見ると三密など関係無い様に改めて思います。何故、パチンコ店が良くて野球観戦が間隔を空けなければならないのかが不思議でたまりません。

飛沫感染はしないという裏付けがパチンコ店が示唆してくれている様な気がします。よって、極論を言えばマスクは必要無いと考えます。専門家では無いので言いたい事を言いますが、世間の現実をみれば歴然の様な気がします。

 

 

 

  

| karyuhokki | 日記 | - | - |
数値

 有楽町での仕事を終え、佐世保市に入りました。

いつも群青色の海が迎えてくれるのですが、今年は先日の大雨の影響で叶わず、とても残念です。

東京にいた時から感じていましたが、今年は湿度は高いのですが、気温はいつもの年と比してそんなに暑くないと感じます。

福岡空港が気温26度で湿度86%でした。

明日から、何時もの北海道物産展では無く、1階での販売になります。

どのような結果が待っているのかは分かりませんが頑張って働きます。

 

 

 

 

 兼ねてから予想されていたように東京でのコロナウイルス感染者が増加傾向です。

聞くところによると、Pcr検査はコロナウイルスのみに反応するのではないととのことです。

従って、コロナウイルス感染者数よりも患者数の数を報道すればまだ数値は下がると考えられます。

様々な考え方を持った専門家の人達がいらっしゃいます。

一度、たくさんの専門家の皆さんの考え方や論理を集約し、その論理を因子分析して見たらと思います。

テレビなどをみていると、いつも同じ人ばかりです。失礼かも知れませんが、一向に数値が減少しません。

それだけ手強い菌なのかも分かりませんが、単なる冬風邪という先生もたくさんいらっしゃいます。

これだけ同じことを繰り返すなら、専門家の皆さんも替えてみたらと思います。

 

 

 

 

 

 催事の方は、試食販売が基本的に禁止です。

試食を配り、お客様に商品をより知ってもらい、販売に結びつける商法が出来ません。

当社も、試食販売をしていましたが、これを機会に試食と言う物を考え直そうと思っています。

コロナウイルス蔓延してから四ヶ所で催事販売させていただきましたが、試食を配っていた時よりも売り上げは堅調です。

ある意味不思議ですが、自粛が解けたせいもあり一概に結果は出せません。

ただ、自分自身の試食販売によるストレスの数値は半端で無いほど下がって、精神衛生上とてもありがたいです。

百貨店の催事関係者の人からも、試食に対する考え方ををお聞きし、もしかしたら百貨店催事の試食禁止が通常化されることもある可能性が窺え、どの様な形態に変化するのかが気がかりです。

  

     

 

 そんな状況の中、百貨店さんで従業員の方から感染が確認されたとの連絡をもらいました。

秋の百貨店催事に危険信号がともりました。

個人的には、ここ暫くの催事の中止とオリンピックの中止は避けれ無いものと考えます。

安心安全の観点から止む終えないと考えます。

 

 

 

 

 

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
太平

 東京都知事選が終わりました。

予想通り現知事の圧勝でした。

なんと太平な世の中でしょう!

こんな状況では、衆議院が解散総選挙を今しても、現与党が圧勝することと思います。

日本人はとても人の良い集団です。

沢山の疑惑を持った現首相でも、支持率がまだ38%くらいあいます。本当に太平です。

 

 

 

 

 選挙の結果が投票締め切りと同時に「当選確実」という文字が流れます。

なんとも面白くない現象と思いますが、それだけ解析技術が進んだのでしょう。

勝った方は良いとしても、一生懸命戦って敗れた方はなんとも結果が早すぎるのはなんか可哀そうです。

コロナウイルス蔓延の中での選挙でしたが、誰一人選挙時期を遅らせ、ある程度収束具合を見てから選挙をしようという方は見当たりませんでした。

感染拡大より選挙が大事な太平な日本国です。

予想はつきませんが、東京はこれから益々感染者が増加することだろうと思います。

また、自粛要請や学校の休校などが起こる可能性があります。

個人的には、都知事選挙などしている場合ではなかったと思います。

 

 

 

 そんな感染者が増大している東京に明日から仕事で向かいます。

十分に気を付けて行動しなければならないのは理解はしています。

ただ、個人的には飛沫感染や三蜜をあまり信じていません。

確かに十分に気を付けることは大切ですが、実際、満員電車などからのクラスターなどの報告はありませし、電車だけではなくあちこちで蜜は存在します。

何もかにも制限を設けてしなければならないものかと疑問に思っている一人です。

一人ひとり十分に気をつけて行動すれば、スポーツだって芸能文化だって、更に娯楽だって沢山の人を入れての開催は可能と考えます。危険な考え方なのでシフトをそちらの方に変えてとは言えませんが、何が正しいのかがはっきりしない現在、そんな考え方も持ち合わせても良いのではないかと思います。

 

 

 

 今日はこれから孫の「ハッピーコンサート」が開催されます。

暫くぶりでホール演奏を聴くことができますので、とても楽しみです。

ただ、何故、吹奏楽だけという様な批判の声がこれから出ないとも限りません。

理解はできますが、ある意味この様な状況に先鞭をつける行動も必要と考えます。

当市は一人も新型コロナウイルスに感染した人は出てはいません。

そんな状況の街と、沢山の感染者をだしている街を同じテーブルに上げることには一考を要すると考えます。

沢山の問題を抱えてのコンサートと認識していますが、目標を失った生徒にとっては光明を得たと言っても過言ではないと思います。

責任は大人がとります!子供たちはとにかく頑張って素晴らしい演奏をしてくれればそれで良しです。

 

 

 

 

 12日まで東京での仕事で、13日には長崎へ出立します。

22日には涼しい北海道に帰れる予定です。

この仕事が終われば、去年まであった8月の仕事はなく、9月初旬まで催事関係はありません。

一日も早く天下泰平の世の中に戻れるように念じ、秋催事への準備を行います。

 

 

 

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
配信

 孫が通う北斗市立上磯中学校は全国的に吹奏楽で有名な中学校です。

全日本吹奏楽コンクール5年連続6度の金賞を受賞してます。

その吹奏楽部が、6日午後6時半から、市総合文化センター「かなで〜る」で新型コロナウイルス感染拡大後初となる演奏会

「ハッピーコンサート」を開催する運びとなりました。

感染防止のため、入場を関係者のみに制限し無観客で開催し、その模様がユーチューブでライブ配信されます。

2月下旬からのコロナ禍で、3月の定期演奏会、6年連続金賞受賞を目指していた同コンクールなどが相次いで中止となったが、部員の皆さんは苦境に耐えながら音楽と向き合ってきました。

演奏会は約40分の予定で感染防止対策を図り、入場者には消毒とマスク着用を求めます。

部員1人に対し、家族二人が入場でき、幸い私ども夫婦で孫の演奏を聴ける幸せを楽しみにしています。

目標を失っていた中、このコンサートの開催は部員は元より、関係者、そして家族の皆が感謝の気持ちで一杯と思います。

コロナの関係で満足な練習は叶わなかったと思いますが、頑張って演奏してくれればそれで良いと思っています。

 

 

 

 インターネットを通じて、動画や音楽、情報などが配信されている日常です。

一昔前までは考えられない便利さが今の世の中は普通の事です。

あまりにも便利で隠し事が出来ない世の中でもありますが、是々非々は別です。

秋の北海道物産展の開催案内の配信が遅れているのか、中止なのかが分からない状況を呈しています。

出店業者としては用意もあり、開催されるのであれば早めの配信を望むのですが叶いません。

東京が酷いことになっている影響は全国を震撼させます。

近隣の神奈川県、埼玉県もこれから感染者数が増加すると思われます。

そうなった場合、物産展の開催に危険信号が灯ると思っています。

いずれにしても今年は諦めなければならないと考えています。

 

 

 

 

 緊急事態宣言発令や自粛要請をお願いした状況に近づいてきていても、政治家の皆さんはまだ様子を見ようというスタイルです。

どう考えてもおかしなことと思います。

早く何かしらの政策を講じなけば、元の黙阿弥になります。

また、同じ間違いを犯すのでしょうか。

政府からのコロナウイルス感染対策の配信を望みます。

 

 

 

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
本末

 東京で三桁を超える新型コロナウイルス感染者が発表されました。

午後2時前後の数値ですので、一日当たりに直せば更に多くの感染者が存在していたと思われます。

何故、丸一日の数字を発表しないのかは、やはり選挙かなと勘繰られても仕方ありません。

都知事選と新型コロナウイルス感染、根本的で最も重要なことと、選挙が些細な事とは思いませんがつまらないこととを取り違えているような、所謂、本末転倒しているように感じます。

オリンピックが順延されました。こんな時期に選挙が順延されない理由が理解できません。

現知事を擁護するわけではありませんが、緊急事態宣言が再び出されるような環境時の選挙は無謀です。

これも、前例がないからかよくわかりませんが、物事の根本と枝葉。重要なことと些細なことをよく考えれば大人のやることでは無いような気がします。

勿論、先にも書いたように選挙が些細な事とは思っていません。

何故今なのかを問いているのです。

収束の見通しが立ってから、堂々と選挙をやればと思うのはおかしなことでしょうか?!

現知事が勝利するとは限りません。もし、新人が勝利した場合、今の状況をすぐ認識し政策を実行することが簡単にできるのでしょうか。そのような意味合いからも都知事選に疑問が生じます。

 

 

 

 

 政治家の皆さんも、本当に国民の事を考え行動しているのでしょうか。

噂される解散総選挙の事で、やはり今重要なことと、そうでないことをはき違えているのではないかと思われます。

物事の根本と枝葉はとても大切なことですし、人間生活でなくてはならないものです。

枝葉末節にとらわれて大局を見失っては本当の政治家さんには程遠いものになります。

今は、選挙よりもいかにして新型コロナウイルス感染拡大を阻止し、以前の生活に戻すかが問われています。

与野党の皆さん、もう少し目を光らせ全体を見てください!

そして、得意の本末転倒だけは避けてください。

傑出した政治家の出現が待望されます。

 

 

 

 

 現在、各地の百貨店やスーパーなどでは徹底した予防策を講じてお客様の安全、そして従業員の安全を確保する努力をしながら経済活動を続けています。

入店する際の体温チェック、アルコール消毒を徹底されて初めて入店できます。

販売場所は、感染予防フィルムが売り場の前面に、それが出来ない場所はフェイスシールドをして対応していますし、勿論、マスクは絶対です。

売る方は、お客様との会話にとても苦労します。大きな声を開店から閉店まで張り上げなければなりませんし、マスクによる息苦しさと暑さには体力がいります。

金銭の授受はトレイやカルトンを用いて、手渡しのつり銭授受や、カード渡しは禁止です。

お客様も入店時には、体温チェックとアルコール消毒は必須です。

そんな努力をしながら経済活動をしています。

一日も早くこれらの状態から脱皮して欲しい!それが願いですが、今年一杯、もしかしたら来年もこのような状況下が継続される懸念は払拭出来ません。

 

 

 

 選挙がある政治家さんも大変とは思いますが、経済活動に携わる人達も同じく大変です。

物事の根本と枝葉を再度再考する!とても大事なことと考えます。

 

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
見通

新型コロナウイルスの蔓延が止まる事が無く、また感染者が沢山発生しています。

通常のインフルエンザより感染力や死亡率は弱いと言う学者さんもいらっしゃいますが、なかなかどうして手強いウイルスの様です。

一つには、特効薬やワクチンが存在しないのが原因であると思います。

いつ迄マスクを着用しなければならないのか?また、気軽に食事や芸能等を楽しめるようになれるのはいつなのか等、見通しがまったく立ちません。。
所謂、ウイルスが蔓延する前の生活に早く戻りたいという気持ちはみなさん持っていると思っています。
一日も早く通常の生活に戻りたい!本音です。
 百貨店さんの催事でお世話になって16年目に突入しました。しかし、今秋も見通しが立たない状況を呈しています。
開催するのかしないのかの判断がまだ出来ないように感じています。
私ども催事関係の人間も気がかりですが、百貨店さんの売り上げにも相当なダメージがあると思います。
9月中旬に開催予定の催事が、中止との案内が流れてきました。
早目の判断に驚愕し、今秋の各百貨店さん催事開催に暗雲が立ち込めて来た事を感じさせます。
春のうちから今年の物産催しは中止の決定を下している百貨店さんも存在します。
ある意味、正解と思えるような判断に見通しの良さを感じますが、出店業者にしてみれば死活問題です。 
 見通しがたたずに頑張っている業界が多々存在しますが、政府は一連の政策を終え、安堵している感じが漂います。
夜の街をなるべく避け、感染しない努力をと言っているのに、我慢が出来ずに首相はまた大好きな夜の会食を始めました。
政治家の利用する飲食店は、一般人が利用する飲食店より安全と言えるのでしょうか?
誰が判断できるのでしょう。
税金で飲食しているのか、個人のお金で飲食しているのかの報告を義務付けるのも一考です。
マスクをはずして会見したり、ある程度の人数で飲食したり、国民にしないでくださいと言っている事を率先して政治家の皆さんは実行てしています。
あまりにも危機感が稀有と思いますし、ネジが緩んでいるように見えます。
頭の中は国民の感染拡大防止よりも、予想される解散総選挙の事で一杯のようです。
もう少し、納得出来る行動や考えを提示して国民の生活を守って欲しいものです。
まだ終息した訳ではない事実に注視していただきたいと思います。
 都知事選終了後の感染者数の増大に懸念を持っていますが、そのような事のない事態を祈ります。
東京都の感染者数の増大が、全国各地で開催される物産展に多大な影響を与える事や、国民に大きな不安を持たせる事になることをしっかり認識してほしいです。
もし、感染者が沢山増えていれば、オリンピック延期後の感染者数増大と同じです。
また、同じことを繰り返す無知の集団と化します。
国民のウイルス感染拡大よりも選挙の方が大事とはっきりした事実だけは無しにして欲しいものです。
 何れにせよ、これだけ見通しが立たない生活状態を続けて行く事に疲れてきました。
| karyuhokki | 日記 | - | - |
反復

 昼過ぎ函館空港に到着しました。

移動自粛が解除になってはいるものの、空港の賑わいはまだまだのようです。

先週よりは少しは良くなっているような気はするものの、空港はもとより、夜の繁華街や道行く人々に警戒の現れは確認できない東京です。

 

 

 

 三月、オリンピック延期が発表されると同時に、東京の新型コロナウイルス感染者の数が急激に増加したのは記憶に新しいと思います。

いままた、東京は相当の数の感染者が報告されていますが、あくまでも個人的な考えではありますが、もっと多くの感染者がいると思っています。

何故正確な数字が発表されないかは、これも個人的に思うことですがと都知事選挙が行われているからと思います。

日曜日の投票日が過ぎ、新しい知事が誕生した途端相当の感染者数が発表されると思っています。

政治家の皆さんは何故同じことを繰り返すのでしょうか。

人の命より選挙が大事なのでしょうか。

懸念であって欲しいとは思いますが、反復を考えずにはいられません。

60名も感染者が出ているのに、3月・4月のような病院の様子や取り組み報道が異常と思うくらい当時と相違があります。

 

 

 

 東京での飲食店さんは、それなりの対策を講じている様子は伺えますが、人間の行動がどうも危機感が無いように映ります。

ホテルが安心とは言えないかもわかりませんが、一週間の間外食を避け、部屋食で過ごしました。

ただ、この店は大丈夫と思える店に最終日打ち上げと称して行ってきました。

お客様が入れ替わるたびに消毒をまめにしていました。たまたま、ホテルの帰り道に毎日見える光景に安堵感があり、利用させていただきました。

全く無関心なお店も見ることが出来ました。また、店内でタバコを許しているお店もありましたし、道端でタバコを吸っている人が沢山いました。

まだまだ収束は見えてませんので、もう少し危機感が必要と思います。

反復を知らない政治家さん達の行動が、民衆に飛び火している現実も否めません。

元の黙阿弥にならないように十分に気を付けて行動を促す対策をしっかりするべきと思います。

ただ、感じることは田舎と違って人の数が違いすぎますので、難しいのは理解できますが、個人個人が気を付けることは人の多さに関係なくできるはずです。

 

 

 

 久し振りに大手の百貨店さんの地下に出没してきましたが、相変わらず沢山の良いお客様がいらっしゃいます。

動く金額が違います!これが毎日繰り返されますので心の底から凄いことだと思います。

今日から、レジ袋が有料化されました。金額の相違はあると思いますが、私のお世話になってきた百貨店さんは1枚4円みたいです。

どのようになって行くのかは見当着きませんが、エコバックを持たないで4円を支払するお客様も大勢いるような気がします。

個人的には、全体のプラスチック使用量の4%程度に過ぎないと言われるレジ袋です。何故有料にするのかがよく分かりません。

失礼かもわかりませんが、全ての主婦層の人がエコバックを毎日洗濯するとは思えません。

ある意味、エコバックを不潔とは決めれませんが、レジ袋の方が清潔と思います。

ごみは人間生活では切り離せない重要な問題です。

日本中で発生するごみの量は想像もつきませんが、すごい量と思います。

レジ袋の有料化でごみの量が極端に減ることはあり得ないと思いますが、今日から有料化です。

 

 

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
憂慮

 今日から江戸地へ赴きます。

久し振りの現場ではありますが、日本一と言われるデパ地下の現場です。

楽しみでもあり、不安も無きにしも非ずです。

しっかりと仕事をしてきたいと心に誓ってはいますが、マスク着用の悲惨な暑さをまた経験しなければならない現実がとても辛いです。でも、仕事です!頑張ってきます。

 

 

 

 新型コロナウイルスの感染が多い地域は東京が群を抜いています。中でも歌舞伎町を有する新宿が圧倒的に多いのが現実です。

その新宿への出張ですのでコロナウイルスへの最大の憂慮が必要です。

手洗いは元より、物をなるべく触らないことや、顔などに手をやる前の除菌や、テーブル等の除菌などが必要です。

あとは、なるべく部屋で食事をとることが大事です。

誘惑が多い地域ですし、食したいものの看板が目を襲ってきますが、今回だけは我慢です。

個人的にはそんなに憂慮しなくてもと思う一人なのですが、会社や家族に迷惑がかかることを個人的な考えで行うことはやってはいけない事と認識しています。

 

 

 

 催事生活での楽しみの一つは、その地域その地域で名物や美味しいものを食せることが挙げられます。

仙台に行けば「牛タン」広島は「お好み焼き」博多は「ごまサバ」「水炊き」名古屋は「鰻」「味噌カツ」新潟は「のっぺ汁」「たれカツ丼」「栃尾あげ」大分は「関サバ」「関アジ」佐世保は「トルコライス」等たくさんの名物や美味しいものがあります。

また、「お酒」も日本酒は「新潟」「広島」「名古屋」焼酎は何と言っても「大分麦焼酎」です。

その楽しみがコロナウイルス騒動によって憂慮しなければならない状況はとても残念です。

いま、報道等ではコロナが終息したような動きをしている様子が写しだされていますが、なんにも起きないことを願うばかりです。

手洗いや、物を触らないなどの注意を怠ってはいけません。

 

 

 

 海の近くで育ったせいもありますが、やはり海のものが好物です。

勿論、お肉も良いのですがお刺身でちょいと一杯お酒を飲む!至福の時です。

憂慮を要する新宿の仕事を早く終え、バリバリのイカ刺しでちょいよ一杯を飲み、一日も早く至福の気分を味わいたいそんな気持ちを抱きながら出立です。

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
沈思

 なんとなく肌寒い北斗市です。

農産物には決して良い影響は与えません。

初夏らしい天候のが待ち望まれます。

 

 

 この間埼玉から帰ってきたと思っていたら、もう明日江戸地新宿へ出立しなければなりません。

東京の新型コロナウイルスの感染者数は一向に減少傾向が見られませんので十二分に気を付けて行動をしなければなりません。

特に、新宿が多い傾向が見られますので尚更です。

あらゆるものが解除されても予断を許さない状況は変わってはいない状況をきっちり認識しなければ、またウイルスが蔓延す状態になりかねません。

今日のテレビなどの観光地の混雑模様などを見れば、コロナが終息したような動きに見え、沈思させられます。

そうあってほしいの気持ちはありますが、注意を怠ってはいけない気持ちも大事です。

 

 

 

 

 私の仕事の物産展催事も、まだまだはっきりしない状況に変わりはありません。

しかし、すでに何か所もオファーが届き、そのオファーが重なり合う今年の状況に沈思しています。

本当に黙考を要する状態に悲鳴を上げています。

ただ、変な意味ではなくコロナ騒動を機会に世の中が相当変化してきていることが分かりますので、催事への取り組み方も黙考を要するような気がしています。

3月4月の全く催事がない状況の中で、札幌商工会議所さんのHpで取り上げられた実績は当社にとって相当の比重を感じました。

いかに催事というものは経費が掛かるかということがとんでもなく良くわかりました。

催事に対し、より深い沈思が必要と痛切に感じます。

一気には難しいこともありますので、時間、それもなるべく短時間で結論を出し、進んでいかなければと考えています。

沢山の催事をこなせば良いということではない現実を深く理解しました。

 

 

 

 

 

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
流汗

 すっかり日課となったグランド周回。

催事場での悲惨の汗ではなく、清々しい気持ちの良い汗をかきました。

今日の北斗市は、気温が17℃と若干寒い感じがし、風も少し吹いていました。

まだ、二人とも催事の疲れが抜けておらず、きょうの周回はお互いに少々キツカッタ!

でも、途中で止めることなく完走しました。

最近は、二周回目から50mずつ一周二回走ることをしています。

婿殿は、きっちり8周くらいは走っていますが、私は無理なので50mを分けて走っています。

やはり、老いを感じずにはいられませんが、無理しない程度の続けてゆきたいと考えています。

 

 

 

 

 国会が閉幕しました。

何が決まったのかはまったくき伝わず、コロナ・河井夫妻・検事定年延長・補助金・マスクなどが話しあわれたみたいですが、コロナと一言で片づけるには膨大な問題が今でも沢山山積しています。

今回も又安部総理の任命責任の問題が噴出しましたが、「真摯に反省し、国民の皆さんに申し訳ないと考えています」とお得意の真摯が登場しますが何の責任も取りません

色々な問題の答弁にいつもの空疎な答えしか返って来ませんでした。

本当は、国会閉会とともに総理をお辞めになって、内閣も総辞職すればと思いましたが、無い考えでした。

沢山の冷や汗や、流汗に悩まされることなく過ごせる毎日を送れるのにと思いましたが、叶わぬ願いでした。

 

 

 

 

 今年の秋の北海道物産展は開催する、しないの判断がまだの百貨店さんがいらっしゃいますが、もし、第二波が襲ってきたらという不安をどのように解決するのかの判断がとても難しいことです。

確かに、何が起こるかは全く分かりませんし、いまの状況をみていれば予断を許さない状況を呈しています。

開催して、コロナが発生した場合沢山の汗を流さなければなりません。

気持ちよく汗を流すのは歓迎ですが、大変な事態が発生して流す汗は敬遠すると思います。

早く、特効薬や新型コロナウイルスの正体が分かればと思います。

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
湿布

 久し振りの催事での筋肉痛が激しく、今日は湿布を5枚も体中に貼り痛みを凌ぎました。

約50日間のウオーキングで着いた下半身の筋肉は大丈夫でしたが、腕や肩や腰は残念ながらその対象にはならなかったようです。

しかし、明日からまた運動公園へ出向きウオーキングを再開する予定です。

体重に変化があるまで続けるつもりですが、どこかで挫折するような臭いもしなくはありません。

まだ、今より若い時に同じくウオーキングをして、−7kg減量に成功したことがある経験を持っていますが、やはり老いが進み、代謝が悪くなってきているのだろうと推測します。

いずれにせよ、頑張ってみます。

 

 

 

 秋の催事案内が届くようになりました。

ただ、まだまだ去年並みとはいってません。噂話では今年は催事を開催しない百貨店さんが沢山あるとのことです。

上層部さんの判断はとても難しいとは思います。しかし、私は個人的に何回か更新していますが、空気感染は無いと思っている一人です。

従って、マスク着用にはとても違和感がありますが仕方なく着用しています。

皆さんと違うことをすることによって偏視されるのは避けなければなりません。

ただ、報道が感染者数しか伝えません。患者数を伝えてくれればと思います。

マスク着用が今年いっぱい続くことは考えたくありませんし、そこまで必要なのかをしっかりした、8割おじさんの専門家ではなく、もう少し違う専門家さんに具体的な報道をお願いしたいと思います。

 

 

 

 

 

 困ったことに開催される時期が昨年とは大幅に違う百貨店さんが増えたことは、当社みたく人数に制限がある会社はとてもやり繰りに困窮します。

同じ時期に五社もオファがあれば、どこかをお断りしなければならなくなります。

まさに、断腸の思いですが仕方のない現実です。

どこをお断りするのかなど、とても困る現実から逃避はできません。

前年もやり繰りはありましたが、今年はコロナウイルスの第二波を考えた日程など百貨店さんも苦渋の策とは思いますが、とてもやり繰りが難しく頭にまで湿布が必要になっています。

毎年の事ではありますが、やり繰り・段取りには苦労します。

 

 

 

 

 

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
悲惨

 久し振りの催事でさいたま浦和市まで行ってきました。

函館空港は元より、羽田空港も閑散としていてビックリ!いつもなら羽田空港からバスを利用するのですがそのバスが休止

状況のため、モノレールに乗り浜松町を経由して新橋で降車し、浦和行きに乗り換えて目的地に向かいました。

新橋駅で、多少の待ち時間があり東海道新幹線を見ているとこれまた悲惨な光景が目に飛び込んできます。

16両の車両に数えるほどのお客様しか乗車しておらず、分社化して一人勝ちと思われるJR東海さんが窮地に追い込まれているように思われます。

田舎から東京に行くと、なんでこんなにいつも混んでいるのだろうとしか映らなった光景が今はありません。

東京駅で他の新幹線も見ることが出来ましたが、殆ど同じ状況でした。

電子技術の進歩が、コロナ騒動で加速、出張しなくても会議ができ、またテレワーク等を使いこなして公共交通機関を利用しなくなった会社が沢山出現しました。

これからどうなるかは分かりませんが、厳しい状態が続くことが予想されます。

 

 

 

 

 交通機関だけではなく、東京駅の「駅弁」も前年比70%減との情報を得ました。

駅弁がそうであるなら、お産品も相当の落ち込みを呈し、悲惨な状況と思います。

東京駅だけで年間70億円くらい売るお土産屋さんなどはどのようなやり繰りをしているのでしょう?

交通機関に付随・付帯した業界は本当に悲惨と思われます。

 

 

 

 一方、百貨店さんは食料品売り場などが前年を上回る状況を呈している処もあると聞きます。

ただ、お客様の安全と従業員の安全を考慮し、飛沫感染予防のためのマスクの着用はうるさい位に館内放送されています。

当然、私達催事業者も開店前の用意から、閉店後の後片付けまでは勿論ですが、ホテルの自分の部屋に入るまでマスクを着用していました。

これが、とても悲惨でした。

とにかく、暑い!そして汗は半端なく噴き出し、息苦しく考えられないくらい悲惨な現場でした。

ただ、フェースシィールドが免除されたのは救いでした。

もし、免除がなかったら倒れてたかもです。

今日、羽田空港の土産売り場の方々はフェースシィールドをしての販売でしたが、羽田は涼し、通路が広いからまだ良い方と思います。

催事現場で、ボイラーをガンガンつけ蒸し作業をして、狭い売り場で働いていると気持ち悪くなるほど悲惨でした。

 

 

 

 今日、北海道に帰ってようやくその悲惨な状況から解放されましたが、少し寒いのが気になります。

体調管理をきちんとし、来週また江戸地へ赴きますので、しっかりした体調で向かいたいと考えています。

でも、また一週間マスクをし、暑くて息苦しい悲惨な状況を経験しなければならないのは現実です。

会社の為とはいえ、とても辛いですし、新宿に向かいますのでコロナ関係に十分な配慮が必要です。

一日も早くこの様な悲惨な状況を味わなくても良い、前の環境が戻ってくることを祈念していますし、どこへ行っても皆さんがマスクを着用しているある意味異様な光景は、正直見たくありません。

職人がマスクをして調理する姿に違和感を持つのは私だけでしょうか。

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
旅立

 毎日楽しみにしていた早朝の運動公園トラック周回も今日で暫くお休み。

いよいよ催事へ旅立ます。

催事場での催事ではなく、地下での販売行為です。

今日お邪魔するところは、地下の催事場が半分になり、自粛休業から初めての地下催事になるとのことです。

ある意味、お客様も待ち望んでいるのかもわかりませんし、我々催事業者も若干の期待を持てる現場になる可能性もあります。

どんな環境であろうがまた、暫く振りの催事であろうが良し悪しの理由になりませんので、兎にも角にも頑張るのみです。

 

 

 

 関東地域は依然として新型コロナウイル感染が蔓延している場所です。

十二分に気を付けて行動をしなければならないと肝に銘じての旅立です。

マスクにフェースフィールド!相当暑いと懸念されますので、屋内での熱中症に気を付け対策を考えていかなければなりません。

水分補給は勿論ですが、塩分の摂取も大切な行為です。

基本的には前と同じ仕事をするのですが、今回の制約なかなか厳しいものがあると考えられます。

現場での説明をよく聞き、履行することが重要です。

正直、北海道にじっとしていたいのですが、諸般の事情が許しまん。

そして、一旦北海道に戻ってまた一週間後には東京へ旅立ます。

それも、新宿ですので更なる配慮が必要です。

 

 

 

 

 お陰様で、秋の催事の案内がボチボチ舞い込んできていますが、まだ開催する開催しないという判断が出来ていない百貨店さんが多いと感じています。昨年同様のスタイルが復活するのであれば工場を稼働しなければなりませんし、沢山の様々な用意が必要になって来ます。

百貨店さんが催事を開催する場合、当然のことながら通路幅や換気、蜜を避ける工夫が必要になって来ます。

通路幅を広く取れば、業者数を減らさなければなりませんし、人気の商品の売り方にも相当の配慮が必要となって来ます。

沢山のリスクと売り上げの関係は頭を悩ませることとは思いますが、難しい選択を迫られている事実は確かなことと感じます。

お客様と従業員と業者の安全を考えなければ開催はできません。

万が一のことを考えに入れれば、中止もや無負えないこととは思いますが、売り上げ的には一考を要します。

インバウンド効果に期待を持てない以上、人気の催事開催は行いたいと思いますが、状況の顕著な改善が見られないため難しい選択を余儀なくされていると思います。

 

 

 とりあえず、新型コロナウイルに気を付け職務を全うするために北海道を旅立ます。

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
応力

 外部からの様々な刺激によって、自分の身体や心に負荷がかかり歪を生じることは昔と違って近年増加傾向にあるのはメンタルクリニックの繁盛ぶりを見ていると良くわかります。

様々な身体への不調を引き起こすストレスは厄介なものです。

そういう私も、かれこれメンタルクリニックにお世話になって20年くらい経ちます。

なんのストレスがは分かりませんが、一旦この手の病にかかるとなかなか完治は難しいようです。

 

 

 

 新型コロナウイルの影響で負荷がかかり、歪を生じているのはなにも身体だけではありません。

経済が様々な応力(ストレス)を受け、店仕舞いや倒産が増加していますし、これからもっと増加するような気配が感じられます。

国へのストレスも最高潮に対いてはいますが、どうにもできないストレスも溜まりっぱなしです。

本当に、政治家の皆さんにしっかりして欲しいと思います。

 

 

 

 三蜜と騒がれ、実行するように言われていますが、本当に空気感染する病気なのでしょうか?

もし、空気感染するなら今のような数字で収まっていないように考えます。

今になって、各方面から学校の休校は必要でなかったとか、緊急事態宣言は間違っていたとかが言われています。

また、単なる風邪なのに新型コロナウイルを大きくしたテレビ、新聞は責任重大だという先生もいらっしゃいます。

確かに、インフルエンは教室内に五名以上でたら学級閉鎖などの処置がとられます。

何が本当で、何が嘘かが分からない新型コロナウイル対策です。

一日も早く、特効薬ができストレスの無い(少ない)生活になることを祈念します。

 

 

 

 物理の世界の「応力」の定義は、物体の内部に生じる力の大きさや作用方向を表現するために用いられる物理量であり、物体の変形や破壊などに対する負担の大きさを検討するのに用いられることと定義づけられています。

人間も、その人の内部に生じる変化や破壊、そして生じる力や歪がストレスになり、体調に変化が現れ、解決できる人と、病気になる人に分かれます。

言いたいこと・書きたいことは、この新型コロナウイルが早くに解決しなければ経済も人間もその応力(ストレス)に堪えられなくなり、世の中の情勢が不安になる可能性を秘めているのではないかという心配です。

 

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
万緑

 毎朝、4月22日から継続している運動公園のトラック周回は、草木が見渡す限り緑色の中、気持ちよく飽きもせず続けています。

毎朝5時起床、概ね5時30分から歩き始めます。毎日16周回します。

時間にして、1時間20分程度のウオーキングです。

体重の変化は顕著に見られませんが、汗をかく季節に移行してきましたのでこれから若干の変化を期待しています。

新緑の草木を眺めながら、野鳥の囀りや様子を見聞きしてのウオーキングはとても楽しいものです。

これからどんどん緑色が深みを増して、力強い緑色に変化し、山々が錦絵を呈するようになるにはまだまだ時間を要しますが、自然の変化というものは人間の心を癒してくれるような気がします。

 

 

 

 収束が見えない新型コロナウイルですが、新たに「微陽性」という言葉が生まれました。

感染していても症状が出ない人が多くなっているとの報道や、これからのエアコン使用の感染拡大など大きな問題がまだま続きます。

早くワクチン等の特効薬の出現が待たれますが、その辺の報道はまだ聞き取れません。

折角、万緑の季節を迎え、気持ちの良い季節を楽しめるのに外出自粛生活は継続しそうです。

飲食店に行って感染するよりも、家での食事に慣れてしまった現在、飲食店の不況はまだ続きそうで、このままでは倒産するお店が拡大しそうな気がします。

政府には、この方々に手厚い補償をしてやる政策の構築を願いたいと思います。

世の中が平常を取り戻すにはまだ時間が必要な気がしますし、それぞれが無理をしないことが重要です。

 

 

 

 飲食店さんばかりではありません。

催事業者も悲鳴を上げています。

お客様や従業員の安全を考えるなら催事の開催は無理と思います。

人気の北海道物産展も、本来なら今頃出店案内が届くはずですが、当社で二か所の百貨店さんから案内が届いているのみです。

傾向として考えられるのは、開催時期をずらす方策が用いられる可能性も考えられますし、今年は中止という選択もあります。

従って、従来は9月初旬から全国各地で開催される北海道物産展も9月はどこの地域も開催無しのような気がします。

ただ、それが10月や11月に移行した場合、催事業者のやり繰りは想像を絶するほど大変になると考えられます。

皆さん、ぎりぎりで無理をしながら順路を決め仕事をこなしていると思われますので、催事が集中した場合出店できない状況を呈するのは目に見えていると言っても過言ではありません。

対前年比がいくらとか言っている場合ではありません。仕事が無いのは経営の継続が困難になるということです。

とかく飲食店さんばかりの報道が目立ちますが、催事業者はもとより、もっともっと大変な業者さんは山ほどいると考えられます。

 

 

 万緑のとても気持ちの良い季節にあまり考えたくないことですが、現実は厳しいものがあります。

一日も早く、万緑の季節を楽しめるような平常な世の中になることを祈ります。

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
標題

 2008年から始めたブログ、12年の歳月が経過しています。

凡そ、平均すれば月に15回ぐらいのペースで更新してきました。

ということは、二日に一回の計算になりますが、新型コロナウイルが蔓延してから殆ど毎日更新してましたのでそのような結果になっていると思います。

ブログを更新する時に一番難しいことは?

文章のうまい下手は今更どうしようもありませんが、一番悩むのは「標題」の設定です。

基本的に「二文字」と決めていますし、同じ標題を使用しないという決まりを自分で設けています。

しかし、それが難しく、同じ標題はいくつか存在しますし、二文字以上の文字を使用したブログもあります。

そして、文章の中に標題が使われる文章を書くことに気を使って書いています。

 

 

 

 

 ブログ更新が遅い時は、標題が見つからない場合が多く、仕事が忙しいからと言う訳ではありません。

また、折角書いたブログがパソコンの関係かどうかは不明ですが、全部飛んで無くなったことは一度や二度ではありません。

そういう時は、もう書くのが嫌になってしまいます。

前に記したことがある標題かなとか、文章に標題の登場が少なかったりの事はしょっちゅうあります。

五十音順にでもなっていれば調べて重複を避けることできますが、ブログのシステムがそうのようになってませんので叶わぬ現実です。

記憶の中でのブログ更新のため、自分で設けた決まりが履行されないことは多々あると思っていますが、御愛嬌で勘弁して下さい。

私は、このブログの他にまた違うことを毎日記しています。

沢山の皆さんに知られたくない事は、誰にでも存在します。そんな、自分の行動記録や身体の管理等を記しています。

 

 

 

 

 このブログを運営する会社は、ブログを「本」に出来るという案内がされています。

全部を載せる本には難しいと思いますが、頭の片隅に「本」にしてみたいなという欲望はない訳ではありません。

「本」にして誰が読んでくれるのかは全く未知ですが、誰かに読んでもらうためではなく、自分の食品事業で歩んできた軌跡を「本」にすることで残す事は面白いかなと考えます。

何時になるかは全く分かりませんが、いつの日か「本」に出来ればという「夢」を持っていたいと思っています。

「本」の題名「海と大地と風」副題「しゅうまいという食品と歩んで」著者「新関 隆」楽しい夢です。

 

 

 

 今日から6月が始まりました。

世の中の経済活動が徐々に再開し昔の姿に近づこうと歩み始めました。

何事もなく進んでくれることを祈るばかりです。

新型コロナウイルの問題で色々なことが露出し、様々な問題が世の中に投げかけられました。

ハッキリしたことは、傑出したリーダーが不在だったことです。後手後手、朝令暮改、役所仕事、無駄遣い、業者設定の不透明さ、

責任のキャッチボール、空疎な答え、など数え上げたら切りがありません。

SNSなどで国民の声が以前より届くようにはなりましたが、まだまだです。

選挙の大事さを国民の皆さんはよく理解し、緊急時においてこのようなお粗末な事態を起こさない政治家の選出をする国民にならなければ、いつまでたって同じことが繰り返されます。

「政治は数です、数は力です」という感覚を撤去し、本当の民主主義を確立して欲しいものです。

 

 

 

 

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
再開

 いよいよ本日から全国殆どの百貨店さんが営業を再開したようです。

本当に商売しているとお客様って有難いものだと開店前から並んでいるお客様の光景をみて、改めて感じました。

個人的に、新型コロナウイルが人から人への感染はないと思っている一人ですので違和感は感じませんでしたが、多くの人は沢山の不安を抱かれたのだろう推察します。

なぜ並ばなければならないのだろうとか、第二波三波を心配する投稿が目に着きましたが、抑えることは不可能な状況のようです。

是々非々はあれど、新しい形での経済活動が再開されました。

 

 

 

 約50日以上休業の後の再開ですので、百貨店さんでも相当緊張したことだろうと思います。

何事もなく運ぶことを祈るばかりですが、手洗いの励行は必須です。

あと、閉店後のそれぞれの場所や個所の消毒は欠かせません。

「人ー物ー人」という感染経路が正しいと思ってますので、それらの行動は徹底的に行って欲しいと思います。

毎日の感染者数が発表されますが、二桁台になっています。感染か発症かは分かりませんが、発表されている人以上の感染者は存在すると思います。ただ、発症するかしないかは別なことと認識します。

不明なことが多すぎる新型コロナウイルですし、専門家でもありませんので言い切ることはできませんが、もし、人から人であったならもっと沢山の感染発症者が出ていたと考えます。

まあ、それもわから無いことですので政府や自治体の言ったことを忠実に守っていくことが大切です。

感染していないという「印」でもあればいいなあと思います。

 

 

 当地の学校もようやく来週から真面な給食が出るようですし、授業も従来の姿を取り戻せそうな案配です。

教育は財産ですので、停滞や中止はあり得ません。

これからの先生生徒は大変な苦労をすることになると思いますが、今までの分を取り返す気構えが必要です。

本格的に学校が再開されることが一番嬉しく感じてます。

教育関係者はもとより、教育局や自治体も生徒が奮起する環境を整えてやることが肝要ですし、大きな期待をしています。

 

 

 

 一方、百貨店さんにおける催事の開催の有無はまだハッキリしていないようです。

一般のお客様には「何日から再開します」と広言していますが、我々催事業者には何の連絡もありません。

出来れば、考え方や有る無しの連絡があればと思います。

我々もお客様同様再開を待ち望んでいる現実を直視していただければ有難いです。

 

 

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
根気

 毎日が日曜日みたいな生活を送っているため、ブログの更新が進み、2008年7月から始めたブログも、今日の更新で2119回目を数えるに至りました。

緊急事態宣言後の閲覧件数は毎月5000を超えていて、現在も少しは減少しましたが4000以上のアクセスがあります。

つまらないことや、生意気なことを話したり書いたりしていて、気分を害する人もいると思いますが、これからも思いついたら更新してゆくつもりです。

4月22日から始めた運動公園のトラック周回も今日で38日目(うち1日雨でお休み)周回数は561周、歩数は326,923歩、総距離にして約237劼砲覆蠅泙后

当地から札幌までの距離が中山峠を通れば同じような距離ですので、札幌に到着です(笑)

しかしながら、体重には何の変化も見られません。根気が無くなりそうになりますが、根性です。

ブログにしてもトラック周回にしても根気がいることですが、やり始めたら止まらない性格はどうしようもありません。

ただ、それでいて簡単に止めてしまう悪癖も持ち合わせています。

 

 

 

 

 物事を飽きずに長くやり続けるには気力が必要です。

よく、継続は力と言いますが、言うは易し行うは難しです。

その時の体調や気分で気力が伴わないことがあります。気力を維持するということは大変なことではありますが、それを補うのが根性です!何事も根性据えてやれば不可能なものも可能になることがあります。

ただ、根気・気力・根性を絶やさないようにするには健康が一番大切になります。

心身共に健康であれば成しえることが多く存在します。

何をおいても「健康」が人生で一番大切です。

 

 

 

 催事活動をしていても、根気のいる現場とそうでない現場が存在します。

活気のない現場はどうしても根気が必要です。

根性で乗り切らなければならない現場は辛いものがありますが、仕事と割り切りこなします。

全てが順風に運ぶわけではありません。

世の中の節理です。

| karyuhokki | 日記 | - | - |
空疎

 寒い北斗市です。

農家の方々は、畑作に大きな影響が出ていると言っています。

確かに、太陽が出ず、気温が低く、雨が多い状況は農家の方でなくても理解できます。

一節には、今冬雪が少なかったせいだと言う人もおります。

稲作も、今、田植えの時期ですが雪解け水がいつもの年と全然違うと言っており、影響が出ているよう様です。

一日も早い天候の回復が望まれます。

 

 

 

 テレビや新聞では、検事総長の賭け麻雀の話題が相当出ていますが、得意の責任のキャッチボールがプロ野球が開幕されていないのに永田町では展開され、辟易します。

安部総理の「責任は私にあります」「真摯に受け止めます」本当にこの方総理大臣なのでしょうか?!

空疎な答えしか返ってこない現実を、与野党の皆さんはじめ、国民は徹底的に追求し総理をお辞めになって頂かなければなりません。

責任があるなら、真摯に受け止めるなら自身が結論を出し辞任するべきです。

それが、「責任は私にあり、真摯に受け止めます」の答えです。

もういいでしょう!

 

 

 

 見せかけだけでしっかりした内容や実質を伴わない政治はもう沢山です。

アベノマスクの遅配・助成金の遅延・検事総長の処分内容等、数え上げたら切りがありませんし、桜を見る会の件もまだ闇の中です。

森友・加計問題も闇の中。これだけ疑惑を持たれていても、平然と臆することなく生きていれる神経と感覚が理解できません。

後ろめたさなど感じたことが無いのでしょうね。

一般国民とあまりにもかけ離れた感覚しかもっていない方が、この国家の重大危機を乗り越えることはとても難しいと思います。

 

 

 

 今日も又、生意気なことを書いてしまいましたが、空疎な答えしか返ってこない状況を毎日見ていると下手でも書きたくなります。沢山の国民が困っている現実に責任ある真摯な目を向けて空疎な発言を控えてください。

| karyuhokki | 日記 | - | - |
仕度

 雨の北斗市です。

早朝のトラック周回も傘を差してでしたが、靴が濡れ足が冷たくなったので8周回で止め家に戻りました。

なかなか好天が続きません。まるで本州の梅雨のような様相を呈しています。これが、俗にいう蝦夷梅雨かも分かりません。

でも、ちょっと早いような気がします。

 

 

 

 

 来月、二か所の地下催事があります。

今年の二月から決まっていた催事ですが、この様な世相でまた中止になるのではないかと心配していましたが、どうやら出店できそうで安心しました。

予断は許しませんが仕度をしなければなりません。

いつもは、従業員さんが催事関係の荷物の梱包や、商品の発送をしてくれるのですが、現在休業中ですので自分たちで仕度をしなければなりません。

私の着替え等も仕度に掛ります。

三月に催事があったのですが、感覚的には今年初めての催事のような気がしてなりません。

 

 

 

 

 私くらいの年齢になると、毎日が日曜日という人は全国に沢山いると思います。

所謂、仕事をしないで年金生活者となっている人達です。

コロナ騒動で私も毎日家に居る生活ですが、15年振りになります。

貧乏性かまた、特別な趣味を持っていないのでただ会社に居るだけでも苦痛を伴います。

女房にも苦労を掛けています。

やはり、催事で全国を飛び回っていた方が性に合っているみたいですが、この仕事を辞めた時の自分自身の生活の仕度をしておかなければと考えるようになりました。

 

 

 

 自分のことは自分ですることは勿論ですが、自分の居場所を他の場所に求めることも大切と思います。

年齢を重ねるということは沢山の仕度が必要になうということを実感します。

準備や用意を総称して仕度と考えなければ、毎日が日曜日の生活にストレスが溜まるような気がします。

何を準備し、何を用意するかを考え、更に我が人生の倫理観も必要です。

ゆっくり考える年齢ではなくなってきたので、仕度を急がなければと思う毎日です。

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
予見

 気持ちの良い青空の元、毎日のトラック16周を気持ちよく歩きました。

やはり、天気の良し悪しは気分的に全く違います。

気温も少しずつ暖かくなってきていますので、このまましばらく続いてくれるのを祈るばかりです。

今日も沢山の種類の鳥たちが囀っていました。

 

 

 

 通年ですとこの時期辺りから全国各地の百貨店の催事担当バイヤーさんが来道し、店の訪問や新規開拓のお店への挨拶回りの時期ですが、今年はどこの百貨店さんからも声がかかりません。

毎年札幌で行われる物産展イベントも今年は中止です。

まだ早いのかもですが、催事の開催そのものが決定されていないのではないかと予見されます。

もしかすれば、この秋は百貨店さんの「北海道物産展」は開催されないのかも分かりません。

物事が起こる前に、見通したような考えを持つことは良いことでは無いと思いますが、出店する方にも都合があります。

今日、ある百貨店さんから秋の催事の案内を頂きましたが、今年は一か月ほど遅い開催となっていました。

やはり、8月9月は避けるのでしょう。

しかし、仮に全部のお世話になっている沢山の百貨店さんが一か月ずらしたら日程調整は難航し、出店できない状況に陥ります。

早い者勝ちではないですが、早く案内を貰ったところが優先されるのは仕方のないことです。

予見が難しい秋の催事です。

 

 

 

 すでに、関西の百貨店さん二店舗が北海道物産展の開催を嘘か本当か見送ったとの情報も入ってきています。

追随して他の百貨店さんも右習えされたら死活問題に発展します。

仮に、開催されても相当の制約や制限が加えられ、出店へのハードルも高くなる可能性は否定できません。

私の予見では、通路幅を大きくとらなければならくなり、それによって必然的に業者の数が減少されると考えます。

三蜜がいつまで続くかは未知の世界ですが、簡単に解けるわけがありません。

また、商品の裸売りは出来なくなると予見されます。

生珍味やパンの販売はとてもやりずらくなりそうですし、衛生面での指導は徹底されるはずです。

マスク・戴帽は勿論ですが、手洗いやうがい、検温等が必須になると予見します。

 

 

 

 

 出店する側からすると、開催するしないを早く決めてほしいのが本音です。

準備期間を十分に頂ければと思いますが、呼ばれなければ出店できない我々業者です。

私の予見が当たらなければ嬉しいのですが、今年の秋から初冬の催事は難局が待ち受けているような気がしてなりません。

先のことは誰も読めませんが、なんとなく解るヒントが沢山あります。

どっちへ転んでもいい様な心構えが肝要です。

| karyuhokki | 日記 | - | - |
郭公

 早朝、運動公園のトラックを歩いていると「カッコー」「カッコー」という郭公の鳴き声が聞こえてきます。

郭公は別名閑古鳥と言われて、その鳴き声が切なくもの悲しい気分を誘うからと言われています。

緊急事態宣言が各地で解除され、世の中に若干の明るい期待が膨らんで来ているとは言え、まだまだ予断を許しませんので、十分な気配りや配慮が必要です。

その中で、飲食店の皆さんが大変な状態が解除されずに、とても厳しい状況を呈しています。

お店を開けても人が来ない状態、繁盛していない状態は郭公の物寂しい鳴き声と同様で、さびれた様子を象徴してるように見受けられます。

まさに、閑古鳥が鳴いている状態です。

何時になったら往年の賑わいが戻るのかは分かりませんが、早く閑古鳥がいなくなることを期待します。

 

 

 

 当地、田植え時期になると「あか山背」という現象が現れます。

呼び方は当地独特のものかも分かりませんが、北斗市が曇っていて、七飯町の方角が明るい状態になると何故か半月位肌寒く、曇天が続きます。

もう十数年この時期にこの地に居なかったのですが、この気候は継続しているみたいです。

思えば、今月12日のブログで天気が良く気持ちよくトラックを周回できたと書き記したのを最後に、今日まで青空を見ることは叶いませんでしたし、太陽を拝むことができませんでした。

今日、ようやく青空と太陽が顔出してはくれましたが、まだ不安定な空模様で曇ったり晴れたりしています。

山背風は北東の風の事です。太平洋岸に吹く冷涼な風ですのでその影響もあるのかも分かりません。

いずれにせよ、早く太陽が拝め気温が上昇しなければ農作物に影響します。

 

 

 

 来月、東京の二か所で百貨店さんの地下催事に出店が決まっています。

久し振りの仕事ですので緊張しますが、今までとは違った形態での催事になると思っていますので担当者の説明をよく聞いて間違いのないように仕事をさせていただきます。

どんな結果が待っているかは分かりませんが、閑古鳥だけはいない催事であってほしいと願っています。

もう一つ、東京で感染しないように最大の気配りを欠かしてはいけないことを肝に銘じて頑ります。

| karyuhokki | 日記 | - | - |
達成

 4月22日から始めた運動公園での400mトラック周回も、とうとう昨日で一か月。

その間、一昨日の雨の天気を除いて休みもせず達成できた喜びに慕っております。

合計447周、歩数にして324,809歩、約190kmを一か月で達成しました。

体重は全く変化がありませんが、早朝のため、また、寒い日が続いていたため発汗が見られなかったのが原因と考えています。

しかし、確実に足に筋肉がつき、強化され、体が締まってきたような気がします。

これからも続ける予定ですので、今度は体重が少し減っていると報告できるかも分かりません。

健康のためとかばかりではなく、筋肉を落とさない、早朝の気分の良さを味わうなど、各種の理由から続けてゆきたいと考えています。

今日も歩き始めましたが、雨が小雨から少々強くなったため、いつもの16周を10周で終わらせました

物足りなかったのですが、濡れて風邪をひくよりはと思い断念し帰宅です。

 

 

 

 

 検事の黒川さんの定年延長が沢山の国民から「おかしい」と言われておりましたが、本人が墓穴を掘り辞職を余儀なくされました。
新聞社さんの記者との麻雀は、仲間内での麻雀と違い少々の疑惑を持ちます。

当然、お金が掛ってるとは思いますが、その行為に対しての処分内容は「訓告」です。

あきれてものが言えません、注意に毛の生えたような処分に納得ができませんが、これが通る感覚がまた理解できません。

しかし、違う形ではありましたが国民の願いが達成できたことは良かったと考えます。

一方、弁護士会の皆さんが安倍総理の「さくらを見る会」の前夜祭が違法に当たると提訴したとのこと、最近は国民がどんどん物を申し、色々な策を講じるようになった姿に共鳴します。

今の政権は、もはや終焉を迎えていますので国民の声で新しい人を選定する、できるシステムが構築されればと、叶わぬことと言えそう考えます。

国民の力で政治を変えるということを達成できるように、もう少し政治に興味を持ちましょう。

 

 

 

 まだ、給付金やアベノマスクが届いていないところは、届いている処より多い気がします。

政府は、一日も早く約束したことは達成して欲しいと願います。

また、ほんとうの意味でこれからが更に中小零細企業は大変です。

それを救ってくれるのは政治です。

使命感を持って、これからの救援に努力をお願いしたいと考えますし、元の中小零細企業に戻すことの達成を願います。

 

 

 

 

 

 

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
統合

 中曽根内閣が実施した行政改革で、日本国有鉄道をJRとして、6つの地域別の旅客鉄道会社と1つの貨物鉄道会社などに分割し民営化する改革であった。

継承法人はJR北海道・JR東日本・JR東海・JR西日本・JR四国・JR九州の6つで、あと、JR貨物の一つであった。

 

 

 

 新型コロナウイルウイルス感染拡大以前から、JR北海道の経営は厳しく、JR東日本やJR東海から見たら雲泥の差が生じていました。多分、利益を上げれるのは札幌近郊の路線しかないと思いますが、公共の足として何とか頑張ってもらいたい願望はありますが、今回の新型コロナウイルの影響はその経営に拍車をかけるほど深刻な状況を呈していると推察されます。

先月の4月1日、私は経費の関係から福岡ー新千歳の航空機を利用しJR南千歳駅から函館駅まで特急北斗に乗車しました。

その当時から乗車率はとんでもない数字と認識しました。

私の乗っている車両には4人の乗客しかいませんでした。

函館で降りてみると、各車両4から5人のお客様しか下車しませんでした。

その頃から、JR北海道の将来は倒産し、統合しか道はないと勝手に確信しました。

 

 

 

 

 北海道に限らず全国的に多分JRの統配合が行われると思っています。

もともとJR東日本とJR東海の一人勝ちのような経営状況でしたので統廃合は時間の問題と考えていました。

しかし、統廃合によって赤字路線は確実に廃線へと追い込まれ、地域に大きな問題が生じることは間違いありません。

もはや、公共の交通機関という使命は忘れ去られ、利益の出る路線の確保しか経営方針が提示されない会社と認識していますし、

好立地を利しての商業施設のビルの建設ラッシュは現在も続いてます。

今一つ、忘れてはいけないのは行政改革する段階で相当の日本国民の税金が使われたという事実です。

赤字路線であっても、公共の交通機関という意識を忘れず国民に恩返しをするべきです。

 

 

 

 

 お世話になる百貨店も、統合(合併)によって業務の拡張を図ってきました。

単独で営業しているのは高島屋さんくらいのものではないでしょうか。

三越伊勢丹・大丸松坂屋・そごう西武などがそれに当たります。

市町村合併も随分進んみましたが、本当の意味で融合するにはとても時間がかかります。

統合合併は良い面もありますが、厳しい面も存在します。

 

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
検査

 世の中、検査検査が横行し毎日毎日検査という言葉が出ない日はありません。

新型コロナウイルスだけが病気ではないのですが、今は殆どがその関係のニュースばかりです。

 

 

 

 そんな中、私も気になる所があり主治医に相談して三種の検査を実行しました。

一つ目は「胸のCT検査」二つ目は「頭のⅯRI]検査三つ目は「首のエコー検査」です。

お陰様で、三つの検査の結果、異常は認められず、杞憂に終わりましたが検査することは悪いことでは無いので取り合えず安心しました。

元来、病気を作る性格ですので、もじもじしていないで気になったら検査をすることを心がけてはいますが、今回の検査を受けるタイミングに少々時間を要しました。

心配する必要のないことを、あれこれ心配する癖はなかなか治りません。

これで、ゆっくり安心して晩酌を楽しめます。(いつも楽しんでいますが(笑))

 

 

 

 先日今の旬「ふき」を頂きました。

山菜は、私の父が秋田出身で山の中で育ったせいか春の山菜、秋のキノコは全てが父が用意してくれましたので、美味しさはよく覚えています。

最近は、婿殿のお父さんが沢ふきを送ってくれ美味しく食べていましたが、先月急逝し旬の味が届かなくなりました。

しかし、ガスのお客様でふき取り名人がいて、婿殿が貰ってきてくれ旬の初物にありつけました。

触感と独特の旨味は春を感じさせます。

また、ホタテ貝もホッキ貝も今の時期、「子」をはらんでいます。帆立の貝柱は刺身にし、ひもと卵は煮つけます。

昔は、ホッキもそのまま煮て食べたものですが、ウロが邪魔になり、勿体ないのですが捨てています。

そして、今上がる船上神経〆のサクラマスは絶品ですし、春のぼたん海老も、ヤリイカもとても美味しいです。

こう見ると、やはり北海道は美味しいものの宝庫のような気がします。

 

 

 

 

 きちんとした商品を催事でお届け出来る幸せを催事業者が皆さん感じてくれれば、お客様は満足するはずです。

その為には、検査や検品が重要です。

催事用に開発した商品も大切かも分かりませんが、本来の昔からある本物の商品の提供が一番と考えます。

年齢を重ねると、昔食べたものが懐かしくなります。

北海道物産展でそんな商品を求めにいらっしゃるお客様が沢山いることだけは確かな事実です。

 

 

 4月22日から毎朝続けてきた運動公園でのグランド周回ですが、今日は雨のためお休みです。

始めてから初めてのお休みに少々残念ですが、風邪をひいたら大変ですのでお休みにしました。

午後からでも晴れてくれればと思っていますが、今日は終日雨のようです。

たまの休みも必要かもですので、ゆっくりしてます。

| karyuhokki | 日記 | - | - |
在方

 とても寒い北斗市です。

ストーブ全開です。今日のグランド周回も16周しても汗一つかかない状況です。

風もあり、尚更体感温度が下がります。

 

 

 

 尾張で行われる夏の北海道物産展が中止との連絡が舞い込みました。

確かに、まだまだ予断を許さない状況ですので仕方がない訳ですが、当社も含めて、催事業者は悲鳴を上げ、死活問題に発展しています。

個人的に、これからの百貨店催事は大きな転換が予想されると考えていました。

所謂、催事の「在り方」が大きく変化をする可能性があると思っていたからです。

当分の間、多分人が密集する催事は開催されないと考えます。

どちらも、売り上げはとても大切なことですが、それを上回るのは何と言ってもお客様と従業員の安心安全が優先されます。

今は、売り上げよりも後者の方です。

催事が開催されたとしても、密集を避けるために広めの通路の確保が必要となり、必然的に出店業者さんが少なくなる可能性が生まれます。

その中で選定されるということは各業者さんのハードルはかなり高いものになると考えられます。

売上重視なのか、本物志向を目指すのかによって業者の選定が決まると考えられます。

今までと違って、出店することが困難になると予想されます。

在り方の変化は、業者の考え方も連動しますので、今までと違うんだという認識が必要です。

いつまで?多分、今年の秋は開催があっても業者数を少なくするような気がしますし、最悪、百貨店さんの催事は当分の間、中止の運命を辿るかも分かりません。

 

 

 

 沢山の問題を噴出させた新型コロナウイルは催事というものや、商業形態の在り方まで影響を与えてくるような気がします。

当然そうでなければならないような形や形態を見極め、改めて、これからのしゅうまい事業の存在の仕方が問われる時代に突入したかも分かりません。

とにかくは、今までの在り方ではやってゆけないと考えます。

従業員と家族で英知を絞らなければなりません。

未曾有の出来事ですので難しいということは分かりますが、生きてゆかなけばなりません。

 

今後の「華隆」の在り方が問われる現在であり、未来です。

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
倒産

 世の中、自粛解除になってから少しは元気が出てきたように感じますが、飲食店はまだまだのようですし、我が商店街は人影が見当たりません。都会と田舎の相違でしょね。

テイクアウトがまだ盛んに行われていますが、テイクアウトは免許が必要ですし、これから暑くなってくると食中毒の対策も加味しなければないません。最大の注意を払わなければコロナ同様大変なことになってしまいます。

飲食店の儲け頭は何と言っても「アルコール類」の消費です。

水商売とはよく言ったもんで、酒類の販売が無ければ利益は見込めません。

まだ、一陽来復の兆しは見えてませんので、我慢しながら頑張るより仕方がありません。

 

 

 

 これから緊急事態宣言が解除されれば更に倒産する企業が増加すると考えられます。

また、すでに倒産したところの様々な処への負債は大変な金額に上りますので、連鎖倒産的な現象が起こる可能性が大です。

当社も他人ごとではありませんので、気を引き締め経費を節約し、無駄を排除してゆかなければなりません。

終息を迎えたからと言って校回復はあり得ませんし、望めません。

衣料業界の最大手と言ってもよい「レナウン」さんが倒産しました。

団塊の世代の話ですが、レナウンの有名な宣伝歌を知らない人はいないのではないかと思われるほど、巷では流行しました。

ゴルフプレイヤーのアーノルドパーマーの傘のマークの服を思い出します。

私がお世話になっていた旭化成は、同じゴルフプレーヤーのジャックニクラウスで熊のマークが特徴で、ゴールデンベアーと言われ、団塊の世代に愛されたものです。

大きな倒産では山一証券や北海道拓殖銀行が思い出されますが、レナウンの倒産はそこまでとは行かなくても相当ショックです。

 

 

 

 これから、大企業の考えられない業者の倒産が有るかも分かりませんが、中小零細はそんなもんではないと考えます。

放漫や怠惰からくる倒産は何とも思いませんが、コロナウイルスからの倒産はやり切れません。

政府は手厚い保護の政策をいち早く打ち立て、阻止すことの政策を構築してください。

現在、政府関係が出している色々な施策で貸出金利が存在する融資金がありますが、こんな状況でも政府系の金融機関が貸し出すお金に金利を付けるという感覚が理解できません。

アベノマスクなどのもったないお金の責任は誰も取らないくせに、困っている人から金利をとる政策は首を傾げたくなります。

今からでも遅くありませんので再考を願います。

 

 

 

 今週の北海道は4月上旬の気温を呈するようで、今日当たりもとても寒い一日でした。

家ではまだ暖房が離せません。

そんな中、今日も曇天の寒いグランドを16周回してきました。心なしか鳥類も寒そうな様子を呈していました。

今、姫リンゴの木と八重桜が満開でとても綺麗です。

毎年のこととはいえ、田植え時期のこの寒さは何とかならないものかと思います。

世の中は初夏ですが、北海道はまだ本当の春も感じられない気温です。

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |