無料ブログ作成サービス JUGEM
再考

 いよいよ豊後の国の催事もあと三日間になりました。

考え直してみれば、ここ数年私は二週間で抜け、彩の国へ行ってました。

しっかり調べなければ分からないほど記憶にありませんが、もう五年位経過しているのかも分かりません。

余計に長く感じるのはそのせいだったのかも。そうとばかりは言ってはいけませんが、正直長いです。

 

 

 

 物事を考え直すことはとても重要なことと認識しています。

よく、「再考を促す」とか「原案を再考する」などいう使われ方をします。

これで良いということはなかなかありません。熟慮に熟慮を重ねて行動を起こすことの方が多い気がしますが、時には「行ってまえ」的精神で突っ走ることもあります。

結果は、往々にして再考したほうが良い結果が出るような気がします。

考えて行動することの大切さを「再考」は教えているような気がします。

 

 

 

 

 催事を始めさせていただいてから12年。

今までの売り方や、商品の見せ方、口上等、再考を要する時期に来ているのかも分かりません。

12月の催事が終了してから、じっくり考えてみようと思っています。

何が一番当社の製品の売り方に適しているのかを考えるのは、並大抵のことではありませんが、生き延びるためには重要なことです。

経営者の心が揺れ動いていることが一番の悪の源泉ですが、含めて今年の催事が終わってから再考してみたいと思っています。

 

 

 

 

 三週間、19時閉店のためとても助かりますが、疲労は蓄積してゆきます。

疲労を蓄積させないために基本的な部分を再考することも大切なことです。

来年の初夏の催事の時から、疲労を蓄積させない日常を構築してゆきたい考えています。

健康が一番の「宝」だからです!

 

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
静寂

 豊後の催事もあと、六日間です。

今日は、今までに経験したことのない静寂な会場でした。

ここ大分も、駅ビルが出来上がらりお客様が分散する様子が伺えます。

本当にJRは何を考えているのか!駅ビルを建立させて商売を成す前に、赤字路線の維持に精力を重ねるべきと思います。

何度も更新しますが、立地条件や規模の膨大さに民間企業はついていけません。

赤字、倒産の過程を国民の税金によって再生された企業です。

その助けられた企業が、助けた企業を侵食しています。

いい加減にして!と言いたいくらいJRのやり方は酷いものがあります。

 

 

 

 

 JRも郵政もそうですが、民営化されてから自分の仕事を措置のけで、家賃収入に走っている傾向が見受けられます。

生き延びるために仕方ないのかも分かりませんが、本来全く違うと思います。

その影響で、過去隆盛を極めた商店街や百貨店がとても厳しく、静寂を余儀なくされている現実は否めません。

なんいっても、立地条件にかないません!

国民の税金によって助けられた企業ですので、国民が喜ぶことをすることは良いことなのかも分かりません。

しかし、そこでの思慮がとても大切と思います。

 

 

 

 

 私は、儲けたお金で赤字路線存続を願う一人です。

それでなくと静寂な地域に追い打ちをかける廃線は避けてほしいと思う人間です。

確かに、企業としては成り立たないのかも分かりませんが、家賃収入や様々なことで利益を出している企業として、その辺の処理は出来ると確信しています。

国民の税金によって蘇ったJRは、国民の為に何をしようとしているのかが見えません。

素人が考えるほど甘くないのは重々理解してはいますが、北海道は廃線の風が吹き荒れ大変な状況です。

来れ以上、静寂な地域にしないで欲しいと願うばかりです!

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
特招

 豊後の百貨店は店休日なるものがあります。

明日がその店休日に当たりますが、「特別招待会」所謂「特招会」があります。

通常は10時開店ですが、この日は9時開店です。

地下二階から催事場のある8階迄、特別招待客であふれます。

 

 

 

 双葉会なる組織が存在します。

カードも双葉会カードが存在します。

ポイントカードと双葉会のカードを同時に出された場合のレジ操作や、ポイントでの支払いの操作などは間違えたら大変なことになりますので、レジ操作はとても気を使います。

どこの百貨店さんでもそうですが、カードの扱いや渡し忘れなど、トラブルになることが多いのが現実です。

基本は、皆さんよく知っているとは思いますが、忙しくなるとどこかに飛んでしまう業者さんも見受けれられます。

一年のうち、数日しかいないのですからある意味仕方ないかも分かりませんがそうあってはいけません!

一番大切なことですので間違いがあってはなりません。

 

 

 

 

 明日は、準備の為一時間は早く現場に出向かなけばなりません。

売れる売れないは時の運とはいえ、万全の準備をしておかなければなりません。

多くの来店者を期待しつつ、早朝出勤をし備えなければと思っています。

しかし、8階の催事場にだけお客様が来るわけではありません。

各階、皆さん相当の力の入れようです。

催事は通常、シャワー現象と言うもの期待して上の階で開催されますが、特招会は全く逆の現象が起きる可能性が高いのが実情です。

 

 

 

 

 店休日に特別なお客様のみをお呼びして開催される特招会です。

成功裏に終焉することを祈り、沢山のお客様が8階にも足を運んでくれることを期待します。

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
禍福

 長い豊後の催事も明日でようやく折り返しです。

21日間はやはり長いと思いますが、不思議とあまり感じず十数年お世話になってきました。

大きな源は、売り上げが順調ということにつきます。

しかし、今回はいつもより長く感じます。

昨年があまりにも良すぎたせいもありますが、満足する成績がまだ挙げられていません。

あと半分、頑張って昨年並みに近づくように頑張ります。

 

 

 

 

 催事における不運と運は常に存在します。

良い時あれば、悪い時もあります。禍福はつきものです。

当社、9月から始まった催事は順調に推移し、前年をはるかに上回る成績で安堵していましたが、ここへきて暗雲が立ち込めてきています。

少しでも前年を上回るようにこれから頑張ってみます。

それには体調の良し悪しが前提ですが、どうも最近良くありません。

どうしても体調が優れないと、こと売ることに大きな影響をもたらします。物を言いたくなくなります!

そんな時は、少し休ませてもらってから売り場に立ちます。

勿論、疲れが蓄積しているのは分かりますが、そんなことも言ってられず、頂いた薬を飲みながら奮闘しています。

 

 

 

 「禍福は糾える縄の如し」といいます。

災禍と幸福は糾った縄のように表裏一体であり、一時のそれに一喜一憂してもしょうがないとの例えがあります。

悪い時もあれば、良い時もある。人生塞翁が馬の例え通り、何があるか分かりません。

開き直って仕事をすることも大事かも分かりません。

しかし、どこかに勿論ですが経営者の考えも走ります。

すべて一人でやっていることが、ある意味弊害になっていることも考えられます。

 

 

 

 災難と幸福、不運と幸運は生きているうえで避けて通れないことです。

 

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
刺身

 何が一番好きですか?と問われた場合、「刺身」は私の中でかなりの上位を示します。

どちらかと言えば、淡白な「白身」を好みますが、天然マグロの「赤身」は絶品です。

後は、貝類が好みです。

 

 

 

 

 そんな大好きな「刺身」を食せるお店に毎日通わせていただいております。

もう、三年は経過していると思います。

豊後の国は、沢山ん美味しいものが存在し、お店も沢山ありますが、私は一軒しか行く術を持ちません。

「海鮮問屋」さん。

毎日工夫をしてくれ、違ったものや、健康に良い物や美味しいものを提供してくれる店です。

殊の外刺身は絶品です!。一匹一匹神経〆をしてから提供してくれます。

生き物を食べるとシコシコ感が半端ではありませんが、神経〆をした魚はしばらくしてからもあのシコシコ感はたまりません。

 

 

 

 長い出張で地元に帰ると、一番先に行くところは「函館新川市場」です。

通用「自由市場」。とても良いお魚が店頭に並んでいます。

魚種は豊富と思っていますし、鮮度が違うと認識しています。

私は、マグロ専門的なお店ではありますが「S商店」とエビやタコが美味しい「M商店」を贔屓にさせていただいております。

この市場は、どこのお店をおっても遜色ない品揃えと品質です。

函館来たら、必ず行ってほしい市場です。

 

 

 

 どうも、老体のため疲労が蓄積しているみたいです。

一昨日あたりからまた、いつもの症状が自覚できるるようになりました。

度に、精神安定剤を服用しなければ現場の仕事についていけません。

毎日考えます。止め時のタイミングを!

改めて、止めるってとても難しいことで、始めるよりずっと難しいことと!

健康さえ万全なら余計なことを考えないのでしょうが、とても心配な状況にある事実は隠しようもありません。

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
出来

 世の中、出来不出来は常です。

良い時もあれば、悪い時もあります。

催事の世界においてはつきものの現象ですが、出来ればよいことばかりが起こって欲しい物です。

豊後の現場でお世話になっていますが、天と地がはっきりしすぎる現象に少々戸惑っています。

全体的にはそんなに悪くないとは思われますが、業者によっては天と地を見ることが出来ます。

所謂、出来不出来が業者によって顕著に表れています。

 

 

 

 

 当社は、どちらかと言えば今回は不出来の業者です。

昨年とはすでに大きく水をあけられている実情です。

あと一品のため、毎朝早く頑張っているのですが、効果がなかなか現れません。

時折、こんなに一生懸命やっているのにと思うこともありますが、一生懸命やって当たり前の世界で結果を出せない辛さは筆舌に尽くしがたい思いがします。

進め方の出来が悪いのか、商品の出来が悪いのかなど、色々なことを考えますが、結論はなかなか出ません。

 

 

 

 客層の出来不出来は判断できませんが、近年ここ豊後でも「ご試食」専門の方々が増加傾向にあります。

全国的に連絡協議会でもあるかのように似たようなご試食をします。

実態は、勿論「試食連絡協議会」なる組織は存在しません。

しかし、照らし合わせた素振りや、態度にはたまげますし、閉口します。

立派なものです!恥ずかしいを知りません。

 

 

 

 

 

 今日は出来が悪かったけど、明日が同じとは思えませんので、工夫を凝らしたりして数字を獲得する。

頑張って成し遂げたいと思っています。

 

 

 

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
凍結

 豊後の催事も無事二日間を終了しました。

初日の人の入りは久しぶりに見る光景で、通路を歩くのにとても大変なほどのお客様の入りでした。

今日も、昨日ほどではありませんが相当の来場者数を記録していると思います。

いかに、地元の皆様が北海道展を楽しみにしていたのかが伺えますので、出店業者は肝に銘ずるべきです。

 

 

 

 現在当社、約12種類の程度のしゅうまいを製造しています。

ホッキしゅうまい一種しかなかった12年前から見ると、とんでもない数のしゅうまいを製造しました。

作った数は23種類くらいありますが、定番としては12種類くらいで落ち着いています。

23種類から12種類を引くと11種類が残りますが、季節ものや、百貨店バイヤーさん頼まれたもの、凍結されている商品が11種類あります。

中でも、凍結されている創業間もないころからの商品として「帆立チーズしゅうまい」「帆立カレーしゅうまい」があります。

ここ豊後の国だけ凍結を解除して製造し持ち込みます。

実は、目の不自由な方のお客様が凍結した商品をこよなく愛してくれているためです。

その方々の為に、凍結解除します。

今回も、ご来場くださりお求めくださいました。

正直、失礼な言い方かも分かりませんが「見た目」でご判断してない事実が、私には有難いです。

 

 

 

 

 北海道はこれから長い長いしばれる冬を迎えます。

今でこそ改善され殆ど凍結で右往左往することは無くなりましたが、昔はよく水道管が凍結してそれを解除しに忙しい思いをしたものです。

何といっても「朝」早くの電話です。本業がガス・金物屋で、工事部門もありましたので副業的な凍結解除仕事がありました。

凍結がとれて水が出た時のお客様の笑顔は忘れられなく、お金をいただくのに躊躇するほどでしたが、とても懐かしい仕事です。

 

 

 

 しゅうまいも、凍結製品を無くし、沢山の種類をお客様に提供したいのですがなかなかそうもいきません。

お客様の喜ぶ顔を沢山見るには「凍結」は解除したほうが良いに決まっています。

その、方策に苦慮する日常です。

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
周到

 豊後の国の準備も、時間はかかりましたが何とか終え、明日の為に用意周到です。

明日は、6時位には百貨店に入りたいと思ってはいますが、もう少し遅くても大丈夫なような気がしています。

この地は、7時閉店のため本当に助かります。

三週間居ても大丈夫な理由はここにあります。

睡眠をゆっくりとれる幸せは何物にも代え難いものがあります!

 

 

 

 面白いもので、用意周到のときはお客様の反応が良くなく、逆の場合に大変忙しい思いをした経験を持つのは私だけではないと思います。

明日は、祭日の初日です。勇んで用意しなければ何が起きるか分かりません。

たとえどんな結果になろうとも、用意周到を怠ってはいけません。

手落ちがなくすべての面で行き届く!そんな精神で明日を迎えたいと思っています。

思えば豊後トキハ10年目の秋です!

 

 

 

 

 今日も、毎年お世話になる「海鮮問屋」さんに伺いました。

私の好物を用意していてくれ、相変わらずすべての面で行き届いた姿勢に有難いと思っています。

勿論、魚は美味しいのですが、今日の「銀杏の翡翠揚げ」はとても美味しくいただきました。

何をいただいてもはずれがないお店と認識して通わせていただいております。

店主は、私の為に稀な料理作りに奮闘させてて、申し訳ないと思っています。

約半年ぶりの再会ですが、なんかこのお店に毎度通っているような錯覚に陥ることがあります。

今回もすべてお世話になるつもりです。

 

 

 

 

 明日から忙しい日々が続くと考えられますが、体調が少しだけ良い方向に向かっているような気がします。

このまま行ってくれれば問題ないのですが、突然訪れますので心配です。

この病気さえなければ、私は70才過ぎても元気に働けると思いますし、用意周到に様々なことを実践できると思っています。

やはり、なんといっても健康が一番です!

 

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
奮闘

 昨日から神無月。この仕事をしていると本当に時が回るのが早く感じます。

昨日の安芸の国は、「天高く馬肥ゆる秋」を象徴するかのように雲一つない快晴で、改めて天高くを感じた一日でした。

今日、これから豊後の国へ移動し、明日から始まる催事の準備をします。

後、三週間で束の間の休息が得られますので、老体に鞭打って頑張るつもりです。

 

 

 

 

 昨日で、二つの現場が終了し現在三か所で仕事をさせていただいていおります。明日から二か所増えますのでまた、五か所でそれぞれ奮闘しています。

奮闘している皆さんに、常に感謝の気持ちを抱いています。朝早くから夜遅くまで、とてもキツイ仕事です。

そんな中で、売り上げ増進のために奮闘努力していただいていることに衷心より「感謝」です。

お陰様で、各地で奮闘していただいている結果として、前年をはるかに上回る成績で推移してます。

今は、製造が間に合わない状態で、催事に出ている人達もそうですが、工場の皆さんも大奮闘していただいております。

後、一週間が勝負です。

工場の皆さんも、催事に出向いている皆さんも、体調管理をよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 ホテルから百貨店まで「胡通り」を通ります。

毎年のことではありますが「大祭」の準備が進められ、賑やかさを演出しています。

神無月で神様の皆さん「出雲大社」に出向いているはずなのに「大祭」?

不思議と思っていましたが、神様が皆さん出雲地方に行ってしまって地方に神様が居なくなっては困るので、留守番の神様が

存在します。その留守番の神様が「恵比寿」さんです。漁業・農業・商業の神様として古くから信仰されています。

このことから神無月に、恵比寿様に感謝し、五穀豊穣・商売繁盛などを祈願する「えびす講」が全国各地で行われるそうです。

ここ安芸の国も毎日通った道が「えびす講」で賑やかになることでしょう。

 

 

 

 

 今日の準備をしっかりやって、明日からの催事で商品と北斗市をPRしてきます。

昨年がとても良い成績でしたので、それを上回るには相当の奮闘努力が必要です。

そのプレッシャーに打ち勝つように頑張ります。

 

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
驚嘆

 また、台風の影響で雨の安芸の国です。

先週は、尾張の国で台風の影響で風雨が強かったのを記憶しています。

ここ安芸の国でお世話になっている百貨店さんの客層は、どちらかと言えば高齢の方が多いように思います。

勿論若い方もいらっしゃいますが、比でいうとそんな感じになります。

従って、雨の日は来客数も少なく低調に推移すのが普通です。

 

 

 

 朝の開店間もなく、親子連れのいつものお客様がご来店くださりました。

開口一番、「めまい」はどうですか?「足の調子」はいかがですか?とご心配をいただきました。

拙いブログにお付き合いをいただいている証拠です。

とても有難く、朝から元気に働けました。ありがとうございます。

そして、次の来客は「香川県高松市」からのお客様でした。

当社が広島に出店しているのでわざわざご来店いただきました。

昔、高松三越さんにお世話になっていたことがありましたが、ここ数年行くことは適いません。

ご夫婦、北斗市まで足を運んでくれ、当社によっていってくれたお話を伺い、涙が出るほど嬉しかったです。

そしてもう一つ、いつもご夫妻でお買い物に来てくれる常連さんが来て下されました。

総じて皆さん、物凄いお買い上げをしてくれ、感謝です。

 

 

 

 「驚嘆」とは素晴らしい出来事や、思いもよらない物事に接して驚き感心することを指します。

今日は、私のとって思いもよらない出来事で、素晴らしい出来事でした。

ありがとうございましたと心から述べさせていただきます。

この仕事をやっていて良かったと思うことは、今日のような出来事があるからです。

有難いことです!

 

 

 

 今日の出来事で、改めて止め時の難しさを痛切に感じました。

 

 

 

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |