無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
要請

 幸い、雨も降らずグランド周回も終えることができました。

湿度が高く、気温もそれなりの為、発汗しますが大したことはありません。

明日は、台風から変化した温帯低気圧の影響で確実に雨のようですが、降らないことを念じます。

 

 

 

 当市ではお陰様で一人のコロナ感染者も出ておりません。

東京は酷いことになっていますし、追随して大阪・愛知・福岡・沖縄と重症です。

それぞれの地域でまた、自粛要請が出ているみたいですし、お盆の帰省も様々な回りくどい表現で要請がなされています。

要は、自粛して欲しいと言っていると同様です。

振り返れば、ゴールデンウイークも自粛要請が出された記憶があります。

休みの赤い日はとにかく何かしらの要請が政府や自治体から発令されている昨今です。

 

 

 

 

 同じ商売をやっている人間として、飲食店の皆さんは本当に気の毒です。

補償される金額は従業員の給料にもなりません。

従う従わないは自由なので、コロナ対策を施し、お店を開かなければ倒産してしまいます。

一次産業の農業などは天災等で被害があった場合でもそれなりの補償がありますが、商業人は、一生懸命商売しても倒産したら何の補償もありません。残るのは借金だけです。

そんな飲食店を経営している皆さんは、コロナ騒動で生きるか死ぬかの瀬戸際に立たされています。

にもかかわらず、時間の短縮要請など簡単に様々な要請が出されます。

売上の補償を確実にしてくれるなら要請に従うでしょうが、一次産業みたいに手厚い補償は全くない状態での要請は更に窮地に追い込む施策としか言いようがありません。

本当に気の毒です。19時~20時まで営業して生活していけるお店は皆無と考えます。

言いたくありませんが政治の役割が問われます。

 

 

 

 私のところは飲食店ではありませんが、食品も製造する営業体系を営んでいます。

特に食品は、百貨店さん中心に商売を展開してきましたので深刻です。

コロナの影響で、百貨店さんの売り上げは殆どが20%から30%の落ち込みを記録しています。

本当に影響は大なるものがあります。

アメリカで老舗百貨店が倒産という記事を見た時、とても他人事とは思えませんでした。

北海道は潰れるなんて考えたことのない銀行が潰れた歴史を有していますし、大手の証券会社も倒産しています。

 

 

 

 感染者数が増大してくると様々な要請がすぐさま出されますが、大事なのはコロナウイルスの感染よりも、どうしたら感染するかの究明を急ぐべきで、数が増えれば要請ばかりの現状は少々単純でおかしいと思います。

空気感染は本当なのでしょうか?三蜜は本当にいけないことなのでしょうか?マスクは必要なのでしょうか?。

特効薬や、ワクチン(出来そうもないので)に頼らなくても、ウイルスと共存しながら生活できる方法の究明に資金を注ぐべきと考えます。

人口密度の少ない国ほどまた、日本より厳しい自粛を要請した国ほど感染者や死亡者が多い現実を数字で見た時、蜜は関係あるのかなとか、マスクは関係あるのかなとかなど、政府や自治体の要請は正しいのかなと素人でも思います。

 

 

 

 GOTOトラベルキャンペーンは観光業者の救済処置ですが、困っているのは観光業者だけではありませんので、その辺のことをしっかり理解して要請を出してほしいと考えますし、バランス感覚の醸成を願います。

みんなが大変なんです!

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |