無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
目線

 安倍総理の学校休校発言が波紋を広げています。

将来のある子供達を守るためには有効な手段ですが、それに伴う様々な弊害の説明は「国が責任をもって対応する」とのこと、

一体、どんな責任を取ってくれるのかの説明や方策が示されません。

口頭では極端な話好きなことを言えます。

本来は、責任や方策を提示してからの学校休校要請をするべきですが、この総理はいつもそうですがその辺が欠けているような気がします。そして、あとは省庁に丸投げです。

 

 

 

 何故この様な事態になったかを説明できません。

他の国みたく一時的な鎖国政策をとらなかった事が拡散した理由の一つですが、4月に来日する中国の首席への忖度が国民を苦しめていると言っても過言ではありませんし、クルーズ船の対応も後手後手でした。

この事態への目線が違うからこんな結果になっていると考えます。

子供目線から言ったら今回の要請は正しいかも知れませんが、国民目線から言ったら突然の要請で戸惑いは隠せません。

総理大臣という職責のものの捉え方や考え方に目線の違いを感じます。

納得できる目線を持つことが重要で、毎日会食ばかりしている場合ではありません。

アベノミクスも忘れられ、大好きな外遊ばかりをし各国にお金をバラマキ、平気で嘘をつき官僚を使って有耶無耶にする、法を勝手に捻じ曲げる行動は一国の総理としてとても恥ずかしいことです。

総理の動向なるものがネット上で毎日見ることができます。通常は新聞で確認できたことですが、それだけ注視されている現実は何を示唆しているかを理解してほしいです。

よく、代わりの方が居ないという声を聴きますが、何故か理解に苦しみます。

誰がやっても今以上の事ができるような気がします。与党の人間はそんなに人材不足なのでしょうか。

 

 

 

 大騒ぎをしている新型ウイルスですが、インフルエンザと比較すれば感染者の数、死者の数は後者の方が多いという報道も

あります。単なる風邪と考えてはいけないとは思いますが、一日も早い検査体制の充実や特効薬の開発が急がれます。

他の国と比較して。我が国のウイルスに対する費用は極端に少ない低レベルです。

東京五輪も間近に控え、他の国より真摯に取り組まなければいけないのに、後手後手です。

しっかりした目線を持ったリーダーの出現が早急に望まれます。

 

 

 

 百貨店さんに於ける物産催事も相当の中止が発表されています。

試食販売は原則禁止です。催事の生命線が禁止されれば売り上げにダメージを受けます。

主催者も催事業者も計り知れないマイナスを背負うことになります。

沢山の重要な目線の中に、商業者の救済的責任を明確に示して頂きたいと思います。

表現の自由があるとは言え、もうこんなブログは更新したくありませんので、今日でこの手のブログは止めにします。

一日も早く、はっきりした政策と解決方法を国民に示してほしと念じます。

与野党の皆さん!政治の腕の見せ所です!!!

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |