無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
中止

 猛威を振るっている新型コロナウイルス。

毎日、どんどん感染者が増え続け深刻な状況に変化はありません。

一体いつになったら収束の方向へ向かうのかは未知ですが、このままではあらゆる方面への影響は計り知れません。

私がお世話になっている百貨店さんの物産展も中止の連絡があちこちから舞い込んでいます。

このままでは、催事業者は冷え上がり、倒産業者も出てくる可能性もあります。

 

 

 

 当社にもある百貨店さんから中止の案内が舞い込みました。

たった一つの百貨店さんからの中止でも書類の整理組み換えに相当の時間を要しますし、早割の切符等のキャンセルなどの手配などもしなければなりません。

費用的にも無駄が発生し、様々な影響が出現します。

今後、益々感染者が増え中止に追い込まれる可能性は非常に大きいと感じます。

たとえ開催になったとしても来場者の客数が心配です。

未曾有の事態に右往左往している状況です。

 

 

 

 北海道庁よりの要請で、全道小中学校が一週間休校になりました。

孫の学校は、クラブ活動が二週間休止。

専門家が、ここ一週間が感染拡大阻止のヤマ場としているので、感染が相次いで見つかっている北海道では仕方ない措置でやむ負えないかもしれませんが、弊害もあります。

子供の親全員が家にいて子供の面倒を見れる訳ではない現実をどのように考えているかが問われます。

共働きや、一人親の家庭はたくさん存在します。

その家庭はとても難しい状況に陥ることは必然です。すべての職場が子供の事情を理由に休職を認めてくれるとは限りませんし、休職した場合の収入は誰も保証してくれません。

確かに、対策としては悪くはないが、支える方策が全くない状態での学校休校は問題が残る気がします。

あまりにもリスクが付きまといます。政治家が国が、その辺のことを形にすることが急務です。

 

 

 

 まだまだ長引きそうな気配が漂う状況ですが、人間の知恵で乗り切らなければなりません。

このままでは、孫の吹奏楽部の定期演奏会も中止の方向へ移行するような気がしますし、北海道物産展の各地での中止が決定するような気もします。

中止!全てを見直さなければならない2020年「春」の現象です。

 

 

 

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |