無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
荒唐無稽

また、生意気なことを書いてしまいますが、お許しください。

 

 

 通常国会が始まり、首相の所信演説に続き、野党からのそれに対する質問のテレビ中継が行われています。

まったくもって滑稽な答弁に、対する野党は切り返せる業も持ち合わせておらずなんとも情けないというか、滑稽というか馬鹿馬鹿しくなるのは私だけでしょうか。

辞書を紐解けば、今の国会を象徴した言葉が「荒唐無稽」です。

意義素ー類語に記されていることを書けば「馬鹿馬鹿しい・目茶苦茶・不合理・可笑しい・馬鹿臭い・とんちんかん・理不尽・滑稽

・非常識・阿保らしい・馬鹿げた・無茶苦茶・筋違いなどが書かれています。

今の国会に全てが、当てはまると思います。

小学生の児童会並み、いや、答弁書を官僚が書いたものを棒読みする首相を見ているとそれ以下です。

 

 

 

 

 嘲笑を誘う愚かさが露呈しても、なんとも感じない政治家が多すぎます。

「桜は散った」とか馬鹿げたことを言う方の頭の中を調べてみたいと思うのは私のみならず沢山の国民の皆さんがいると思います。

日本の中枢を担う身分の高い人の暴言は、育ちも、学歴も良いかもしれませんが、政治家としての資質が短絡しています。

一刻も早く辞めるべきです。

 

 

 

 どうしたら政治は良くなるのでしょうか?

永遠の課題とは思いますが、今の政権を握っている方々の総辞職を望みます。

勝手な、生意気なことを記してるとは思いますが、情けなさが書かせている事実だけは分かって欲しいです。

| karyuhokki | 日記 | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |