無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
守成

 晴天の佐世保から曇天の江戸地へ着きました。

明日から、私の担当の春から初夏催事の最後を飾る地下に於ける北海道フェアーが始まります。

佐世保で楽させていただきましたので、足の方は今はいいのですが催事中は心配です。

でも、前半の最後と思うと気合が入りますが、淡々と仕事をさせていただきます。

 

 

 

 

 この事業を始めて15年の歳月が流れようとしています。

早いような、そうでもないような気がしますが、直向きに走ってきた自分がいます。

そして、前年を常に睨み、上乗せをするべく励んできました。

食品事業部「華隆」の基礎基盤を強固にとは考えてきても、自分の身の丈に遮られ成就できずに現在に至っています。

守成とは難しいものです。

先のブログにも記しましたが、「完結」を模索している自分がある意味情けなくなることもあります。

 

 

 

 

 いま、札幌では「北海道物産展の商談会」が開催されているはずです。

繁華街すすきのは、犬も歩けば関係者に当たるほど賑やかと想像されます。

各業者さんたちは、事業を守成するために、相当な努力をしています。

ただ、今日催事でよくお会いする業者さんの事業停止が公表されていました。

とても残念なことです。

 

 

 

 守成には業者によってそれぞれ違いはあります。

ただ、会社を守るということは経営者にとって当たり前のことです。

世の中のチェック、会社のチェック。自分のチェックが必要です。

経営者は孤独ですが、それらのことをチェックする機能が働いて、確かな守成をもたらす様な気がします。

 

 

 

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |