無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
言行

 群青色の海が迎えてくれた肥前佐世保です。

私にとっては始めですが、大型客船が岸壁で休んでいました。

いつもは、真っ先に灰色の軍艦が目に入るのですが、佐世保駅から見る海と、百貨店の屋上から見る海は違うみたいです。

群青色の海は気持ちが良いのですが、気温の高さと湿度には閉口します。

間違いなく30℃近いと思います。北海道の真夏がもう佐世保にはあります。

 

 

 

 

 佐世保も函館も似たような人口を有していますが(函館の方が約一万人多い)両市とも百貨店の利用は低迷しています。

地方で百貨店が生きていくと言うことはとても大変な事を現実が示唆しています。

地方に限らず、百貨店の経営はこれから正念場を迎え、トップの判断が重要になってくると考えられます。

催事も同じことが言えます。

どんどんどんどん催事離れしている現状は、パソコンの普及は元よりネット販売の拡充が挙げられます。

催事で買うより、ネットで買った方が運賃を引いても安価なものが乱立している状況です。

いつまでも旧来の価格設定ではお客様は離れていきます。

我々業者は、運賃の値上がりと包装資材の値上がり、宿泊施設の値上がり、仕入れ価格の値上がり等どこを向いても「値上がり」ラッシュです。

当社の例を紐解けば、九州地方で8個入り冷凍しゅうまいを販売した場合運賃プラス保冷袋プラス保冷剤で約100円かかります。

その分を価格に反映できるかと言うと難しいものがあります。

 

 

 

 

 地方に来ると、当社のしゅうまいは「いい値段ですね」「高いね」などとよく言われます。

お客様には「安い物には訳があり、高い物には物語があるんですよ」とある社長が言った言葉をそのままお客様に伝えても何の効果もありません。

価格の安いしゅうまいは世の中に沢山存在します。

どれを好きになるかはお客様の自由です。当社の製品を好んでくれるお客様をこれからも大事にしていきます。

これだけ細部まで拘り、種類を有している業者は見受けません。

その矜持を忘れることなく進んで行かなければなりません。

 

 

 

 口で言ったことと、実際に行っていることの不一致はありません。

言行一致が大切で、言行不一致はあってはならないことです。

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |