無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
完結

 この仕事を始めてから本を読む習慣がすっかり身につきました。

移動中は車窓からの景色などは見たこともなく殆ど本を読んでいます。それも殆ど時代小説です。

しかし、最近本が床に落ちていたり、膝の上にあったりしている現実に遭遇しています。

年齢的なものか、疲労からかは判断が難しい所ではありますが、集中して本を読むことが難しくなってきています。

 

 

 

 

 私の好きな作家「佐伯泰英」さんの本が、どんどん完結して行ってます。

今回発売の「新・古着屋総兵衛」も「新」になって十八巻目で完結します。

「新」の付く前は十一巻でしたので、併せて二十九冊。長い間御苦労様でしたと同時に寂しさもこみ上げてきます。

沢山のシリーズ物が完結し、今は「吉原裏同心」と「酔いどれ小籐次」の二冊のみが新刊待ちの状態です。

この二冊もそれぞれ「新」がついたシリーズ物ですので、近い将来完結すると思われます。

先生も高齢ですので止む終えないとは思いますが、新しいものに挑戦してほしい気持ちもあります。

 

 

 

 昨日は珍しく商談めいたことをしながら筑前中洲のいつものお店で、楽しい夜を過ごさせていただきました。

前にも更新していますが、私は飲食店をあまり浮気することはありません。

どの地域に行っても、同じお店で、同じようなものを食します。

ある意味、不器用かも分かりませんが新しい所に挑戦して美味しい料理に巡り合えたことはそんなにありません。

昨日もほぼいつもと同じ料理を食し、〆はいつもの「特製味噌汁」でした。

 

 

 

 好きな作家の時代小説がどんどん完結していっています。

私の「しゅうまい 華隆」も真剣に完結時期を考えています。

私もこの七月で68歳になりま。

仕事ばかりしてきましたので、人生これでいいのかということを考えれば答えはとても難しい!

本業の燃料店も将来的にはとても不安定な業種です。

かといって、催事で生計を立てる気は全くありません。

今だから、拘りをもち量産を控え製品に真剣に向かい合っています。生計を支えるとなるとこれまた別な話になります。

「完結」する本を購入し、「華隆」の完結を考えている自分がいます。

 

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |