無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
報恩

 雪も降らず穏やかに日々が流れています。

ただ、晴天の日が少なく、曇り空ばかりなので何となく気分が晴れません。

雪が降るよりはいいとは思いますが、やはり晴天が望ましいです。

 

 

 

 

 

 恩に報いることを報恩といいます。

近年、この報恩の精神が段々薄れてきて、当たり前が主流になってきている世の中になりつつあるような気がします。

仏教の世界では「報恩講」なる行事が存在し、仏・祖師などの恩に感じて仏事や布施を行うことを言います。

感謝や恩に報いることが薄れれば、人間関係にヒビが入りやすくなり、治安の悪化も懸念されます。

やはり、教育課程の中で「道徳」の時間を充実させる必要があると考えます。

昔の浪花節ではありませんが、義理と人情はとても大事と考える一人です。

 

 

 

 

 昨日、孫が通信簿なる「あゆみ」をいただいて帰ってきました。

連日の吹奏楽の練習、さらに早朝練習と日本一になるため頑張っています。

いつ、勉強しているのかと不安になっていましたが、「あゆみ」を見て少し安堵しました。

吹奏楽では他の追随を許さない学校です。

しかし、本人たちの努力も認めますが、それを支えている先生は勿論のこと、楽器は運び等で汗を流す父母の皆さん、北斗市、そして地域の皆さんに支えられてのことという認識を持ってもらいたいと思います。

まさに、報恩の精神が重要です。

その気持ちを持ち続けることによって、本当の日本一です。

 

 

 

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |