無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
住居

 毎日の商談会が5時に終わります。

ここ有明地域は食事するところは無いに等しい環境のため、毎日女房と二人で食事に出かけます。

初日は日本橋、二日目は銀座、そして今日は月島に行って「もんじゃ焼き」を食してきました。

明日は最終日、4時閉場のため湯島に天ぷらを食べに行こうと思っています。

こんな形でしか苦労かけた償いが出来ませんが、喜んでもらっています。

 

 

 

 

 私たちは、子供たちが学校を出るまでアパート暮らしでした。

二人が卒業したと同時に家を新築しましました。

本来なら子供たちが居る内に新築すべきなのでしょうが、なにせ二人の子供の大学にかかる費用は半端ではありませんでした。

馬鹿で、アパート暮らしの反動で、大きな家を建ててしまい今になって反省しています。

でも、大きいことは良いことです。北海道弁の「あずましい」がピッタリの家です。

 

 

 

 

 有明から月島までタクシーを利用しました。

数えきれないほどの高層マンションが立ち並びます。

億ションも勿論あると思いますが、どんな人が住んでいるのと思います。

相当の給料を貰ってなかったら住めないと想像できます。

帰り道、そのマンション群を見ていると、殆どの家に電気が点いています。

やはり、大都会東京です。スケールの大きさにただただ感心するばかりです。

 

 

 

 どんな家でも自分の家となれば親しみがあります。

家の借金生活もだいぶ前に終わりましたが、移動中、車窓から家々を見れば、賑やかな所の家もあれば、寂しい環境の所に建つ家もあります。余計な御世話かもしれませんが、何故?こんな場所に家がと思う家もあります。

しかし、様々な理由があり存在することは間違いありません。

家を建てるということは簡単なことではありません。

マンションを買うことも同様と思いますが、月島当たりから見るマンション群を見てれば大都会のなせる技と思います。

小さな家でもマンションでも、自分の家を持てる幸せはとても有難いことだと思います。

| karyuhokki | 日記 | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |