無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
安閑

 4日の日に当社、今年最後の催事を終了し10日からのビックサイトで行われる中小機構のイベントに出席するため帰宅せず、

都内で安閑とした生活をしています。

休みの大切さを実感し、1日の殆どを睡眠に費やし、他の時間はゆっくり時代小説を読み、心身を安らかにさせていただいております。

 

 

 

 この時期、師走特有の忙しさに翻弄されるのですが、今年はパソコンですべてを片付けています。

改めて、便利なものと感じます。

全てを終え、家に帰ったら病院に直行し色々な検査をするつもりです。

催事生活は、自分をしっかり持たなければ「病」を得てしまう仕事と認識しています。

不規則な食事はもとより、酒を嗜む人は飲み過ぎ!煙草を嗜む人は吸い過ぎ!ストレスでの食べ過ぎ!など、病気になって下さいと言わんばかりの環境です。

若いうちはと言え、必ず年齢を重ねるごとに「つけ」が襲ってきます。

本当に注意しなければいけないことですが、それがなかなかできません。

私の場合は、やはり飲み過ぎかもと思いますし、甘い物も好きな左右両等ですので困ったものです。

検査する前から予想はつきますが、先ずは検査です。

 

 

 

 

 

 来年、1月より催事が始まりますが、私は2月の高松三越さんからの始動とないます。

従って、これから2月半ばまで安閑とした生活を楽しむことが出来ます。

安閑としてはいられない出来事が起きないことを願っています。

 

 

 

 今日も1日、営業活動もせずホテルで睡眠を貪り、本と仲良くした安閑とした1日を楽しみます。

| karyuhokki | 日記 | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |