無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
春来

 春雷は良く効く言葉ですが「春来」は存在しない言葉です。

私流にいえば、春が来た・来るという風に捉える造語の言葉です。

今日の安芸の国は、まさに「春来」春が痛切に感じられれる気候で、草木の芽も開花を早めようとしているような気がします。

実際に、木蓮の花は満開を迎えています。

蝦夷地とは違い、順繰り順繰り沢山の草花が咲いていくのだろうと推測されます。

蝦夷地は、みんな一斉に咲くと言っても過言ではありません。

 

 

 

 

 新幹線から広島スタジアムが見えます。

今日は、北海道日本ハムと広島カープの試合が行われていたようで、車窓から沢山の観客を望むことが出来ました。

まさに「春来」です。

草花や、色々なことから「春来」を望むことはできますが、プロ野球からも感じ取れます。

スポーツの世界は、春が来るのを待ちわびているとおもいます。

なにも、スポーツの世界に限りません!

春は、身も心にも、希望を与ええてくれます。

北国の人と、そうでない人の温度差は計り知れないとは思えど、やはり春が待ちどおしい気持ちは変わらないと思います。

 

 

 

 

 間違いなくやって来る四季に、年齢を重ねるたびに感じることや思うことが変化することは否定できはしませんが、日本と言う国に生まれて、四季を感じながら生きれる幸せは言葉に表せない喜びです。

その中で「春」は一番をつけてもよい四季のような気がします。

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |