無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
世運

 長い長い讃岐の現場も今日が終了し、あと6日間です。

17日間はやはり長いと感じますが、豊後の国の秋は21日間ですのでそれよりは短いのに、長く感じるのは暫くぶりの現場だからからかも分かりません。

しかし、どこかで「慣れ」が生じ、あと6日かと思う気持ちもあります。

人間の勝手さを垣間見るような気持ちです。

 

 

 

 催事生活の成り行きが、時代が移るに従い、盛んになったり衰えたりすることはよくある話です。

ここの現場は、前のブログでも更新しましたが魑魅魍魎とした現場です。

ある意味、本当に素晴らしいことだと思います。

成り行きは「世運」しかありません。

これだけ消費者の信頼を受け、とてつもない売り上げを記録する業者さんの努力に敬意を表したと思います。

それが、例えメーカーさんでなくともです。

しかし、この世界はなかなか難しい世界で「隆替」というのもつきものです。

「隆」は盛んになることを指しますが、「替」は、すたれたり、衰えることを指します。

「世運隆替」は四字熟語にありますが、ある意味肝に銘じなければならないと思います。

 

 

 

 最近、あまり催事での色々なことが気にならなくなってきています。

どんなに真面なことを言っても、あるべき姿を説いても変わらないのが催事の実態のような気がしています。

結局は「売り上げ」!

これをたくさん取れるところは重宝がられ、重要視されるのが実態です。

私は、根本的に違うと認識はしていますが、主催者のの潮流には逆らえません。

皆さん、生きていかなければなりません!綺麗ごとばかり並べても仕方ありません。

ただ、私の強く思うことは、百貨店の「矜持」です。

これが歪んだら、世の中から必要なくるといっても過言ではありません。

 

 

 

 世運隆替は栄枯盛衰と似たような言葉です。

どこまで、「らしさ」を誇示できるか問われる時代になってきているような気がします。

個人的にこれからの「ホームセンター」がとても気にかかります。

これから、ホームセンターで品物を見て、ネットで注文をする時代に入ると思います。

単なる展示場と化すホームセンターはこれから世運隆替の「替」の時代を迎えると考えます。

 

 

 

 昭和3年の金物屋ですが、ホームセンターの出現によって世の中に必要が無くなりました。

それが今度は、ホームセンターが必要なくなろうとするかも分からない時代へと移行するかも分かりません。

まさに、「世運隆替」です。

ただ、生き延びるには個人的に「矜持」が必要と考えます。

| karyuhokki | 日記 | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |