無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
角度

 朝起きて、先ずはトイレへ。

東向きのトイレの窓から注がれる太陽の明かりの角度が毎日変わってきているように思います。

立春を過ぎて、春めいてきているのが分かるような気がします。季節は間違いなく変わろうとしています。

 

 

 

 

 基本的に、二つの直線や平面が交わって作る角の大きさが角度です。

三角形の内角の和は180度など、角度といえば数学を思い浮かべますが、物を見る方向や、物を考える立場の時も角度は

良く使われます。

しゅうまいの写真撮などの時に、様々な角度を試したり、「どうやったらお客様に訴えることが出来るだろうか」という

考え方の角度を変えることも角度です。

当社の食品事業部も10年を経過しましたので、様々な角度変更が必要になってきていると実感しています。

とても重要なことですが、とても難しいことでもあります。

 

 

 

 昨日、札幌から帰ってきました。

雪祭りの為か、駅前地下歩道は人、人、人で田舎者の私は「人」に酔ってしまいます。

折角でしたので会場を少し覗いてみましたが、実感としてテレビで見ていた方が美しく感じました。

見る角度の影響もあったかも分かりませんが何となく感じました。

四日間滞在して食事に行くお店は、殆ど同じお店に伺います。

もう、30年以上のお付き合いのお店ばかりです。

頼む料理、掲げられているメニューは基本的に変わってはいません。やはり「食」は保守的です。

 

 

 

 若干の角度調整は必要かも分かりませんが、貫くのも方法の一つかも分かりません。

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |