無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
推移

 初めての二週目の現場の越後です。

やはり、一週目とは違う雰囲気で推移してはいますが、関係者の努力は嘘をつきません。

北海道物産の底力は計り知れない魅力を持っていると改めて認識します。

しかし、胡坐をかいていては違う方に推移していく可能性は無きにしもあらずです。

 

 

 

 今日から、お世話になっている百貨店さんの営業時間が変わりました。

10時開店、19時閉店となりました。

三月には、同じ仲間の松戸店が閉鎖されます。

流通業界の変化の推移は、予測が不可能なくらい激しすぎます。

原因の一つに、JRを中心とした駅開発が挙げられます。

どんどん商業施設を増やし、展開されては位置的な関係から太刀打ちできません。

また、スーパーの努力にも頭が下がります。

 

 

 

 今の百貨店の、こと食料品における矜持はどこにあるのか全く不透明だと断言できます。

むしろ、スーパーさんの方がらしい展開をしてるところも見当たります。

衣服やその他の物ではこと「矜持」を保ちながら、食に関しては矜持より、売り上げの方が優先されている現実があります。

担当になった人は、サリーマンだから仕方ないと言えばそれで終わってしまいます。

そんな形で推移して行ったら、格差は無くなります。

らしく!生きることは百貨店さんにとって最も大切なことだと思います。

らしく、生きてほしいですし、推移してほしいと願います。

 

 

 

 明日、明後日の二日間で長かった越後の現場も終わります。

江戸地で少し仕事をしてから、蝦夷地へ一旦帰ります。

家には五日間ほどしか滞在できませんが、帰れる喜びは年齢を重ねるほど強くなってきています。

そんな心の推移をしっかり見つめ、近い将来のことを結論付けなければならない時に達してきているのかも分かりません。

 

 

 

 全くの余談ですが、民進党さんは何を考えているのでしょう!

希望の党って何者なんでしょう?こんな状態で、この国の将来はどんな推移をしていくのでしょうか?

自民党も公明党も、もう少し真面目にやってほしいと思います。

何故いま解散なのでしょうか。明らかに疑惑隠し解散としか言いようがありません。

それを隠すために、大義名分をつけて税金を無駄遣いする安倍さんっておかしくありませんか!

貧乏を知らない人が集まって、仕事をしている現実はある意味「怖い」ものがあります。

 

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |