無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
一抹

 健康面や、様々なことで一抹の不安を抱いて出立した自分ですが、今の所穏やかに過ごせています。

一番有難いのは健康面で、今の所深く考えなくてもよい状態が維持できていることです。

ブログに記せないことも沢山ありますが、人生で悩みのない人はいないと思ってます。

 

 

 

 当社、秋の北海道展のスタートはお陰様で好調です。

「あと一品」も功を奏してはいます。

しかし、「あと一品」が主体となってはいけません!限定数を設けてはいますが、あっという間になくなると後から来たお客様にとても迷惑をおかけします。一応「限定」とは言ってもあまりにも早いとついつい追加で作ってしまいます。

まだまだ、主体とはなりませんが考慮が必要です。

お客様に不快な感情を抱かせてはいけません。その為に熟慮が必要となります。

追加は正直予定を狂わせます。様々なところに影響が出ますのでその気になって対応していたら大変なことになります。

しかし、その逆もあり得ます。

「あと一品」が足を引っ張る所も出てくるかも分かりません。

全て、やってみなければ分からないことばかりですが、挑戦を停止しようとは思いません。

現場で作って、それが売れてくれる。とても楽しいことです!

 

 

 

 スタートは好調ですが、当社の秋催事は始まったばかりです。

この後、どのように展開してゆくかは未知ですが、とにかく迷惑の掛からないこと、クレームのないことが大事です。

売り上げはその次です。

これからの密集した催事状況に一抹の不安は隠せませんが、それぞれの担当が頑張ってくれることを信じて、私も努力したいと考えています。

催事という仕事は、過酷だと思っています。

早朝より出勤し、忙しければ昼食も休憩もありません。座って隠れて水分補給をすることしかできません。

忙しければ忙しいほど、後片付けも多くなります。結果、帰りが遅くなります。

それが、毎日続きます。疲れない方がどうかしています。疲れて当たり前です。

若いと吸収できますが、老いてくるとなかなか元に戻りません。

 

 

 

 時々、自分が催事で忙しくして過酷な仕事を何故しているのだろう?と考えることがあります。

もう、年金生活で十分だろうと言い聞かせることもしばしばです。

一体、この源泉はなんなんだろう?と思うことがあります。

常に沢山のことに一抹の不安を抱きながら、何故この道を歩むのだろうと思うことは一回や二回ではありません。

しかし、12年も続けています。

何故?その訳をはっきり記せるにはもう少しの時間が必要です。

 

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |