無料ブログ作成サービス JUGEM
配信

 孫が通う北斗市立上磯中学校は全国的に吹奏楽で有名な中学校です。

全日本吹奏楽コンクール5年連続6度の金賞を受賞してます。

その吹奏楽部が、6日午後6時半から、市総合文化センター「かなで〜る」で新型コロナウイルス感染拡大後初となる演奏会

「ハッピーコンサート」を開催する運びとなりました。

感染防止のため、入場を関係者のみに制限し無観客で開催し、その模様がユーチューブでライブ配信されます。

2月下旬からのコロナ禍で、3月の定期演奏会、6年連続金賞受賞を目指していた同コンクールなどが相次いで中止となったが、部員の皆さんは苦境に耐えながら音楽と向き合ってきました。

演奏会は約40分の予定で感染防止対策を図り、入場者には消毒とマスク着用を求めます。

部員1人に対し、家族二人が入場でき、幸い私ども夫婦で孫の演奏を聴ける幸せを楽しみにしています。

目標を失っていた中、このコンサートの開催は部員は元より、関係者、そして家族の皆が感謝の気持ちで一杯と思います。

コロナの関係で満足な練習は叶わなかったと思いますが、頑張って演奏してくれればそれで良いと思っています。

 

 

 

 インターネットを通じて、動画や音楽、情報などが配信されている日常です。

一昔前までは考えられない便利さが今の世の中は普通の事です。

あまりにも便利で隠し事が出来ない世の中でもありますが、是々非々は別です。

秋の北海道物産展の開催案内の配信が遅れているのか、中止なのかが分からない状況を呈しています。

出店業者としては用意もあり、開催されるのであれば早めの配信を望むのですが叶いません。

東京が酷いことになっている影響は全国を震撼させます。

近隣の神奈川県、埼玉県もこれから感染者数が増加すると思われます。

そうなった場合、物産展の開催に危険信号が灯ると思っています。

いずれにしても今年は諦めなければならないと考えています。

 

 

 

 

 緊急事態宣言発令や自粛要請をお願いした状況に近づいてきていても、政治家の皆さんはまだ様子を見ようというスタイルです。

どう考えてもおかしなことと思います。

早く何かしらの政策を講じなけば、元の黙阿弥になります。

また、同じ間違いを犯すのでしょうか。

政府からのコロナウイルス感染対策の配信を望みます。

 

 

 

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
本末

 東京で三桁を超える新型コロナウイルス感染者が発表されました。

午後2時前後の数値ですので、一日当たりに直せば更に多くの感染者が存在していたと思われます。

何故、丸一日の数字を発表しないのかは、やはり選挙かなと勘繰られても仕方ありません。

都知事選と新型コロナウイルス感染、根本的で最も重要なことと、選挙が些細な事とは思いませんがつまらないこととを取り違えているような、所謂、本末転倒しているように感じます。

オリンピックが順延されました。こんな時期に選挙が順延されない理由が理解できません。

現知事を擁護するわけではありませんが、緊急事態宣言が再び出されるような環境時の選挙は無謀です。

これも、前例がないからかよくわかりませんが、物事の根本と枝葉。重要なことと些細なことをよく考えれば大人のやることでは無いような気がします。

勿論、先にも書いたように選挙が些細な事とは思っていません。

何故今なのかを問いているのです。

収束の見通しが立ってから、堂々と選挙をやればと思うのはおかしなことでしょうか?!

現知事が勝利するとは限りません。もし、新人が勝利した場合、今の状況をすぐ認識し政策を実行することが簡単にできるのでしょうか。そのような意味合いからも都知事選に疑問が生じます。

 

 

 

 

 政治家の皆さんも、本当に国民の事を考え行動しているのでしょうか。

噂される解散総選挙の事で、やはり今重要なことと、そうでないことをはき違えているのではないかと思われます。

物事の根本と枝葉はとても大切なことですし、人間生活でなくてはならないものです。

枝葉末節にとらわれて大局を見失っては本当の政治家さんには程遠いものになります。

今は、選挙よりもいかにして新型コロナウイルス感染拡大を阻止し、以前の生活に戻すかが問われています。

与野党の皆さん、もう少し目を光らせ全体を見てください!

そして、得意の本末転倒だけは避けてください。

傑出した政治家の出現が待望されます。

 

 

 

 

 現在、各地の百貨店やスーパーなどでは徹底した予防策を講じてお客様の安全、そして従業員の安全を確保する努力をしながら経済活動を続けています。

入店する際の体温チェック、アルコール消毒を徹底されて初めて入店できます。

販売場所は、感染予防フィルムが売り場の前面に、それが出来ない場所はフェイスシールドをして対応していますし、勿論、マスクは絶対です。

売る方は、お客様との会話にとても苦労します。大きな声を開店から閉店まで張り上げなければなりませんし、マスクによる息苦しさと暑さには体力がいります。

金銭の授受はトレイやカルトンを用いて、手渡しのつり銭授受や、カード渡しは禁止です。

お客様も入店時には、体温チェックとアルコール消毒は必須です。

そんな努力をしながら経済活動をしています。

一日も早くこれらの状態から脱皮して欲しい!それが願いですが、今年一杯、もしかしたら来年もこのような状況下が継続される懸念は払拭出来ません。

 

 

 

 選挙がある政治家さんも大変とは思いますが、経済活動に携わる人達も同じく大変です。

物事の根本と枝葉を再度再考する!とても大事なことと考えます。

 

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
見通

新型コロナウイルスの蔓延が止まる事が無く、また感染者が沢山発生しています。

通常のインフルエンザより感染力や死亡率は弱いと言う学者さんもいらっしゃいますが、なかなかどうして手強いウイルスの様です。

一つには、特効薬やワクチンが存在しないのが原因であると思います。

いつ迄マスクを着用しなければならないのか?また、気軽に食事や芸能等を楽しめるようになれるのはいつなのか等、見通しがまったく立ちません。。
所謂、ウイルスが蔓延する前の生活に早く戻りたいという気持ちはみなさん持っていると思っています。
一日も早く通常の生活に戻りたい!本音です。
 百貨店さんの催事でお世話になって16年目に突入しました。しかし、今秋も見通しが立たない状況を呈しています。
開催するのかしないのかの判断がまだ出来ないように感じています。
私ども催事関係の人間も気がかりですが、百貨店さんの売り上げにも相当なダメージがあると思います。
9月中旬に開催予定の催事が、中止との案内が流れてきました。
早目の判断に驚愕し、今秋の各百貨店さん催事開催に暗雲が立ち込めて来た事を感じさせます。
春のうちから今年の物産催しは中止の決定を下している百貨店さんも存在します。
ある意味、正解と思えるような判断に見通しの良さを感じますが、出店業者にしてみれば死活問題です。 
 見通しがたたずに頑張っている業界が多々存在しますが、政府は一連の政策を終え、安堵している感じが漂います。
夜の街をなるべく避け、感染しない努力をと言っているのに、我慢が出来ずに首相はまた大好きな夜の会食を始めました。
政治家の利用する飲食店は、一般人が利用する飲食店より安全と言えるのでしょうか?
誰が判断できるのでしょう。
税金で飲食しているのか、個人のお金で飲食しているのかの報告を義務付けるのも一考です。
マスクをはずして会見したり、ある程度の人数で飲食したり、国民にしないでくださいと言っている事を率先して政治家の皆さんは実行てしています。
あまりにも危機感が稀有と思いますし、ネジが緩んでいるように見えます。
頭の中は国民の感染拡大防止よりも、予想される解散総選挙の事で一杯のようです。
もう少し、納得出来る行動や考えを提示して国民の生活を守って欲しいものです。
まだ終息した訳ではない事実に注視していただきたいと思います。
 都知事選終了後の感染者数の増大に懸念を持っていますが、そのような事のない事態を祈ります。
東京都の感染者数の増大が、全国各地で開催される物産展に多大な影響を与える事や、国民に大きな不安を持たせる事になることをしっかり認識してほしいです。
もし、感染者が沢山増えていれば、オリンピック延期後の感染者数増大と同じです。
また、同じことを繰り返す無知の集団と化します。
国民のウイルス感染拡大よりも選挙の方が大事とはっきりした事実だけは無しにして欲しいものです。
 何れにせよ、これだけ見通しが立たない生活状態を続けて行く事に疲れてきました。
| karyuhokki | 日記 | - | - |
反復

 昼過ぎ函館空港に到着しました。

移動自粛が解除になってはいるものの、空港の賑わいはまだまだのようです。

先週よりは少しは良くなっているような気はするものの、空港はもとより、夜の繁華街や道行く人々に警戒の現れは確認できない東京です。

 

 

 

 三月、オリンピック延期が発表されると同時に、東京の新型コロナウイルス感染者の数が急激に増加したのは記憶に新しいと思います。

いままた、東京は相当の数の感染者が報告されていますが、あくまでも個人的な考えではありますが、もっと多くの感染者がいると思っています。

何故正確な数字が発表されないかは、これも個人的に思うことですがと都知事選挙が行われているからと思います。

日曜日の投票日が過ぎ、新しい知事が誕生した途端相当の感染者数が発表されると思っています。

政治家の皆さんは何故同じことを繰り返すのでしょうか。

人の命より選挙が大事なのでしょうか。

懸念であって欲しいとは思いますが、反復を考えずにはいられません。

60名も感染者が出ているのに、3月・4月のような病院の様子や取り組み報道が異常と思うくらい当時と相違があります。

 

 

 

 東京での飲食店さんは、それなりの対策を講じている様子は伺えますが、人間の行動がどうも危機感が無いように映ります。

ホテルが安心とは言えないかもわかりませんが、一週間の間外食を避け、部屋食で過ごしました。

ただ、この店は大丈夫と思える店に最終日打ち上げと称して行ってきました。

お客様が入れ替わるたびに消毒をまめにしていました。たまたま、ホテルの帰り道に毎日見える光景に安堵感があり、利用させていただきました。

全く無関心なお店も見ることが出来ました。また、店内でタバコを許しているお店もありましたし、道端でタバコを吸っている人が沢山いました。

まだまだ収束は見えてませんので、もう少し危機感が必要と思います。

反復を知らない政治家さん達の行動が、民衆に飛び火している現実も否めません。

元の黙阿弥にならないように十分に気を付けて行動を促す対策をしっかりするべきと思います。

ただ、感じることは田舎と違って人の数が違いすぎますので、難しいのは理解できますが、個人個人が気を付けることは人の多さに関係なくできるはずです。

 

 

 

 久し振りに大手の百貨店さんの地下に出没してきましたが、相変わらず沢山の良いお客様がいらっしゃいます。

動く金額が違います!これが毎日繰り返されますので心の底から凄いことだと思います。

今日から、レジ袋が有料化されました。金額の相違はあると思いますが、私のお世話になってきた百貨店さんは1枚4円みたいです。

どのようになって行くのかは見当着きませんが、エコバックを持たないで4円を支払するお客様も大勢いるような気がします。

個人的には、全体のプラスチック使用量の4%程度に過ぎないと言われるレジ袋です。何故有料にするのかがよく分かりません。

失礼かもわかりませんが、全ての主婦層の人がエコバックを毎日洗濯するとは思えません。

ある意味、エコバックを不潔とは決めれませんが、レジ袋の方が清潔と思います。

ごみは人間生活では切り離せない重要な問題です。

日本中で発生するごみの量は想像もつきませんが、すごい量と思います。

レジ袋の有料化でごみの量が極端に減ることはあり得ないと思いますが、今日から有料化です。

 

 

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
憂慮

 今日から江戸地へ赴きます。

久し振りの現場ではありますが、日本一と言われるデパ地下の現場です。

楽しみでもあり、不安も無きにしも非ずです。

しっかりと仕事をしてきたいと心に誓ってはいますが、マスク着用の悲惨な暑さをまた経験しなければならない現実がとても辛いです。でも、仕事です!頑張ってきます。

 

 

 

 新型コロナウイルスの感染が多い地域は東京が群を抜いています。中でも歌舞伎町を有する新宿が圧倒的に多いのが現実です。

その新宿への出張ですのでコロナウイルスへの最大の憂慮が必要です。

手洗いは元より、物をなるべく触らないことや、顔などに手をやる前の除菌や、テーブル等の除菌などが必要です。

あとは、なるべく部屋で食事をとることが大事です。

誘惑が多い地域ですし、食したいものの看板が目を襲ってきますが、今回だけは我慢です。

個人的にはそんなに憂慮しなくてもと思う一人なのですが、会社や家族に迷惑がかかることを個人的な考えで行うことはやってはいけない事と認識しています。

 

 

 

 催事生活での楽しみの一つは、その地域その地域で名物や美味しいものを食せることが挙げられます。

仙台に行けば「牛タン」広島は「お好み焼き」博多は「ごまサバ」「水炊き」名古屋は「鰻」「味噌カツ」新潟は「のっぺ汁」「たれカツ丼」「栃尾あげ」大分は「関サバ」「関アジ」佐世保は「トルコライス」等たくさんの名物や美味しいものがあります。

また、「お酒」も日本酒は「新潟」「広島」「名古屋」焼酎は何と言っても「大分麦焼酎」です。

その楽しみがコロナウイルス騒動によって憂慮しなければならない状況はとても残念です。

いま、報道等ではコロナが終息したような動きをしている様子が写しだされていますが、なんにも起きないことを願うばかりです。

手洗いや、物を触らないなどの注意を怠ってはいけません。

 

 

 

 海の近くで育ったせいもありますが、やはり海のものが好物です。

勿論、お肉も良いのですがお刺身でちょいと一杯お酒を飲む!至福の時です。

憂慮を要する新宿の仕事を早く終え、バリバリのイカ刺しでちょいよ一杯を飲み、一日も早く至福の気分を味わいたいそんな気持ちを抱きながら出立です。

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
沈思

 なんとなく肌寒い北斗市です。

農産物には決して良い影響は与えません。

初夏らしい天候のが待ち望まれます。

 

 

 この間埼玉から帰ってきたと思っていたら、もう明日江戸地新宿へ出立しなければなりません。

東京の新型コロナウイルスの感染者数は一向に減少傾向が見られませんので十二分に気を付けて行動をしなければなりません。

特に、新宿が多い傾向が見られますので尚更です。

あらゆるものが解除されても予断を許さない状況は変わってはいない状況をきっちり認識しなければ、またウイルスが蔓延す状態になりかねません。

今日のテレビなどの観光地の混雑模様などを見れば、コロナが終息したような動きに見え、沈思させられます。

そうあってほしいの気持ちはありますが、注意を怠ってはいけない気持ちも大事です。

 

 

 

 

 私の仕事の物産展催事も、まだまだはっきりしない状況に変わりはありません。

しかし、すでに何か所もオファーが届き、そのオファーが重なり合う今年の状況に沈思しています。

本当に黙考を要する状態に悲鳴を上げています。

ただ、変な意味ではなくコロナ騒動を機会に世の中が相当変化してきていることが分かりますので、催事への取り組み方も黙考を要するような気がしています。

3月4月の全く催事がない状況の中で、札幌商工会議所さんのHpで取り上げられた実績は当社にとって相当の比重を感じました。

いかに催事というものは経費が掛かるかということがとんでもなく良くわかりました。

催事に対し、より深い沈思が必要と痛切に感じます。

一気には難しいこともありますので、時間、それもなるべく短時間で結論を出し、進んでいかなければと考えています。

沢山の催事をこなせば良いということではない現実を深く理解しました。

 

 

 

 

 

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
流汗

 すっかり日課となったグランド周回。

催事場での悲惨の汗ではなく、清々しい気持ちの良い汗をかきました。

今日の北斗市は、気温が17℃と若干寒い感じがし、風も少し吹いていました。

まだ、二人とも催事の疲れが抜けておらず、きょうの周回はお互いに少々キツカッタ!

でも、途中で止めることなく完走しました。

最近は、二周回目から50mずつ一周二回走ることをしています。

婿殿は、きっちり8周くらいは走っていますが、私は無理なので50mを分けて走っています。

やはり、老いを感じずにはいられませんが、無理しない程度の続けてゆきたいと考えています。

 

 

 

 

 国会が閉幕しました。

何が決まったのかはまったくき伝わず、コロナ・河井夫妻・検事定年延長・補助金・マスクなどが話しあわれたみたいですが、コロナと一言で片づけるには膨大な問題が今でも沢山山積しています。

今回も又安部総理の任命責任の問題が噴出しましたが、「真摯に反省し、国民の皆さんに申し訳ないと考えています」とお得意の真摯が登場しますが何の責任も取りません

色々な問題の答弁にいつもの空疎な答えしか返って来ませんでした。

本当は、国会閉会とともに総理をお辞めになって、内閣も総辞職すればと思いましたが、無い考えでした。

沢山の冷や汗や、流汗に悩まされることなく過ごせる毎日を送れるのにと思いましたが、叶わぬ願いでした。

 

 

 

 

 今年の秋の北海道物産展は開催する、しないの判断がまだの百貨店さんがいらっしゃいますが、もし、第二波が襲ってきたらという不安をどのように解決するのかの判断がとても難しいことです。

確かに、何が起こるかは全く分かりませんし、いまの状況をみていれば予断を許さない状況を呈しています。

開催して、コロナが発生した場合沢山の汗を流さなければなりません。

気持ちよく汗を流すのは歓迎ですが、大変な事態が発生して流す汗は敬遠すると思います。

早く、特効薬や新型コロナウイルスの正体が分かればと思います。

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
湿布

 久し振りの催事での筋肉痛が激しく、今日は湿布を5枚も体中に貼り痛みを凌ぎました。

約50日間のウオーキングで着いた下半身の筋肉は大丈夫でしたが、腕や肩や腰は残念ながらその対象にはならなかったようです。

しかし、明日からまた運動公園へ出向きウオーキングを再開する予定です。

体重に変化があるまで続けるつもりですが、どこかで挫折するような臭いもしなくはありません。

まだ、今より若い時に同じくウオーキングをして、−7kg減量に成功したことがある経験を持っていますが、やはり老いが進み、代謝が悪くなってきているのだろうと推測します。

いずれにせよ、頑張ってみます。

 

 

 

 秋の催事案内が届くようになりました。

ただ、まだまだ去年並みとはいってません。噂話では今年は催事を開催しない百貨店さんが沢山あるとのことです。

上層部さんの判断はとても難しいとは思います。しかし、私は個人的に何回か更新していますが、空気感染は無いと思っている一人です。

従って、マスク着用にはとても違和感がありますが仕方なく着用しています。

皆さんと違うことをすることによって偏視されるのは避けなければなりません。

ただ、報道が感染者数しか伝えません。患者数を伝えてくれればと思います。

マスク着用が今年いっぱい続くことは考えたくありませんし、そこまで必要なのかをしっかりした、8割おじさんの専門家ではなく、もう少し違う専門家さんに具体的な報道をお願いしたいと思います。

 

 

 

 

 

 困ったことに開催される時期が昨年とは大幅に違う百貨店さんが増えたことは、当社みたく人数に制限がある会社はとてもやり繰りに困窮します。

同じ時期に五社もオファがあれば、どこかをお断りしなければならなくなります。

まさに、断腸の思いですが仕方のない現実です。

どこをお断りするのかなど、とても困る現実から逃避はできません。

前年もやり繰りはありましたが、今年はコロナウイルスの第二波を考えた日程など百貨店さんも苦渋の策とは思いますが、とてもやり繰りが難しく頭にまで湿布が必要になっています。

毎年の事ではありますが、やり繰り・段取りには苦労します。

 

 

 

 

 

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
悲惨

 久し振りの催事でさいたま浦和市まで行ってきました。

函館空港は元より、羽田空港も閑散としていてビックリ!いつもなら羽田空港からバスを利用するのですがそのバスが休止

状況のため、モノレールに乗り浜松町を経由して新橋で降車し、浦和行きに乗り換えて目的地に向かいました。

新橋駅で、多少の待ち時間があり東海道新幹線を見ているとこれまた悲惨な光景が目に飛び込んできます。

16両の車両に数えるほどのお客様しか乗車しておらず、分社化して一人勝ちと思われるJR東海さんが窮地に追い込まれているように思われます。

田舎から東京に行くと、なんでこんなにいつも混んでいるのだろうとしか映らなった光景が今はありません。

東京駅で他の新幹線も見ることが出来ましたが、殆ど同じ状況でした。

電子技術の進歩が、コロナ騒動で加速、出張しなくても会議ができ、またテレワーク等を使いこなして公共交通機関を利用しなくなった会社が沢山出現しました。

これからどうなるかは分かりませんが、厳しい状態が続くことが予想されます。

 

 

 

 

 交通機関だけではなく、東京駅の「駅弁」も前年比70%減との情報を得ました。

駅弁がそうであるなら、お産品も相当の落ち込みを呈し、悲惨な状況と思います。

東京駅だけで年間70億円くらい売るお土産屋さんなどはどのようなやり繰りをしているのでしょう?

交通機関に付随・付帯した業界は本当に悲惨と思われます。

 

 

 

 一方、百貨店さんは食料品売り場などが前年を上回る状況を呈している処もあると聞きます。

ただ、お客様の安全と従業員の安全を考慮し、飛沫感染予防のためのマスクの着用はうるさい位に館内放送されています。

当然、私達催事業者も開店前の用意から、閉店後の後片付けまでは勿論ですが、ホテルの自分の部屋に入るまでマスクを着用していました。

これが、とても悲惨でした。

とにかく、暑い!そして汗は半端なく噴き出し、息苦しく考えられないくらい悲惨な現場でした。

ただ、フェースシィールドが免除されたのは救いでした。

もし、免除がなかったら倒れてたかもです。

今日、羽田空港の土産売り場の方々はフェースシィールドをしての販売でしたが、羽田は涼し、通路が広いからまだ良い方と思います。

催事現場で、ボイラーをガンガンつけ蒸し作業をして、狭い売り場で働いていると気持ち悪くなるほど悲惨でした。

 

 

 

 今日、北海道に帰ってようやくその悲惨な状況から解放されましたが、少し寒いのが気になります。

体調管理をきちんとし、来週また江戸地へ赴きますので、しっかりした体調で向かいたいと考えています。

でも、また一週間マスクをし、暑くて息苦しい悲惨な状況を経験しなければならないのは現実です。

会社の為とはいえ、とても辛いですし、新宿に向かいますのでコロナ関係に十分な配慮が必要です。

一日も早くこの様な悲惨な状況を味わなくても良い、前の環境が戻ってくることを祈念していますし、どこへ行っても皆さんがマスクを着用しているある意味異様な光景は、正直見たくありません。

職人がマスクをして調理する姿に違和感を持つのは私だけでしょうか。

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
旅立

 毎日楽しみにしていた早朝の運動公園トラック周回も今日で暫くお休み。

いよいよ催事へ旅立ます。

催事場での催事ではなく、地下での販売行為です。

今日お邪魔するところは、地下の催事場が半分になり、自粛休業から初めての地下催事になるとのことです。

ある意味、お客様も待ち望んでいるのかもわかりませんし、我々催事業者も若干の期待を持てる現場になる可能性もあります。

どんな環境であろうがまた、暫く振りの催事であろうが良し悪しの理由になりませんので、兎にも角にも頑張るのみです。

 

 

 

 関東地域は依然として新型コロナウイル感染が蔓延している場所です。

十二分に気を付けて行動をしなければならないと肝に銘じての旅立です。

マスクにフェースフィールド!相当暑いと懸念されますので、屋内での熱中症に気を付け対策を考えていかなければなりません。

水分補給は勿論ですが、塩分の摂取も大切な行為です。

基本的には前と同じ仕事をするのですが、今回の制約なかなか厳しいものがあると考えられます。

現場での説明をよく聞き、履行することが重要です。

正直、北海道にじっとしていたいのですが、諸般の事情が許しまん。

そして、一旦北海道に戻ってまた一週間後には東京へ旅立ます。

それも、新宿ですので更なる配慮が必要です。

 

 

 

 

 お陰様で、秋の催事の案内がボチボチ舞い込んできていますが、まだ開催する開催しないという判断が出来ていない百貨店さんが多いと感じています。昨年同様のスタイルが復活するのであれば工場を稼働しなければなりませんし、沢山の様々な用意が必要になって来ます。

百貨店さんが催事を開催する場合、当然のことながら通路幅や換気、蜜を避ける工夫が必要になって来ます。

通路幅を広く取れば、業者数を減らさなければなりませんし、人気の商品の売り方にも相当の配慮が必要となって来ます。

沢山のリスクと売り上げの関係は頭を悩ませることとは思いますが、難しい選択を迫られている事実は確かなことと感じます。

お客様と従業員と業者の安全を考えなければ開催はできません。

万が一のことを考えに入れれば、中止もや無負えないこととは思いますが、売り上げ的には一考を要します。

インバウンド効果に期待を持てない以上、人気の催事開催は行いたいと思いますが、状況の顕著な改善が見られないため難しい選択を余儀なくされていると思います。

 

 

 とりあえず、新型コロナウイルに気を付け職務を全うするために北海道を旅立ます。

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |