無料ブログ作成サービス JUGEM
恐怖

 東京の感染者数は毎日尋常で無い数が報道されています。

ここ、豊後大分も東京ほどでは無いのですが感染者が毎日報道されます。

私は元より、この地で物産展に従事している人間は、大なり小なり恐怖感を感じていると思います。

あと、三日ですがされど三日です。

精神安定上、忙しい激務の現場より全く違う意味での疲労感は否めません

細心の注意を払い三日間を勤め上げたいと考えています。
 この様な異常な世の中が何処まで続くのかは誰にも分からない事とは思いますが、一日も早く収束してくれる事を願うばかりです。
今、問題になっているのは『若者』の行動かもと思います。
もしかしたら、感染して菌を保有していても、若く免疫力もある人間が自分では分からないうちに、知らず知らずに高齢者や病気保持者に菌を感染させているのではないかとの疑惑は拭い去れません。
若者が悪いと言っているわけではありませんが、ある意味、政府や地方自治体から出た要請や指示に素直に従って頂きたい
と思います。
健常な人間に様々な無理を言って申し訳ないと思いますが、ここが大事な局面であり時期であるという認識を持っていただければ最高です。それによりって、沢山の人間の恐怖心は和らぐと考えます。
 あと三日の現場ですが、売り上げよりも手洗いや、周りの消毒作業を徹底した毎日を送っています。
ただ、大分の友人が気を使ってくれ、一人一人が間隔をとり、箸等を共有せずに豊後料理を食する機会を作ってくれ、何時ものお店で堪能させて頂きました。本来は、毎日のような集まりなのですが、流石に今回は自粛です。
この地は、現場も楽しみですが、友人と飲食す事も楽しみな地域です。それが出来ない今回はとても残念です。
 神経の病気を持っている私です。
やはり、新型コロナウイルスの事ばかりが流れるテレビや新聞には閉口しています。
しかし、確実に自分の神経を触ろうとしている何かがいるは自身わかります。
精神安定剤を服用しながらの毎日です。
毎日、入店時と3時に検温する事になっていますが、お陰さまで平熱を保っています。
しかし、いつ37度を超えるかは未知です。
神経を患っている私は、毎日の検温が恐怖でしょうがありません。
何事もなく、この仕事が終わり、北海道へ帰れる事を楽しみにしています。
ひとつ、何も考えないで❓!体温測定する若者を見ていると、ある意味羨ましいです。
| karyuhokki | 日記 | - | - |
深刻 2

 どこまで拡散するのかはもうどうしようも無い状況になってきています。

まさに、深刻な状態はいつまで続くのかも解らず推移しています。

首都東京の異常なまでの感染拡大数字に驚くばかりですが、何も東京のみに限りません。

全国各地にあり得る状況はもはや留まるところを知らずに蔓延してきています。

出口の見えない状態に英知をしぼり、皆んなで力を合わせることが必要です。

 

 

 

 そんな中、百貨店にお世話になっている当社は、様々な経験をさせていただいております。

あえて名前を書かせて頂きますが、高島屋百貨店さんの対応の速さと的確さには舌を巻きます。

沢山のお客様の安全を守る!感染を未然に防ぐ、働いている人の健康を維持する。

その様な政策に拍手です。百貨店という自分の立場をわきまえた行動は賞賛に値します。

勿論、それによって多くの犠牲が払われます。一番の犠牲は売り上げと思います。

しかし、その英断のお陰で沢山の様々な数値が抑えられるのであれば決断は正しいと思います。

目先の売り上げよりも、自分の置かれている立場というものを理解した決断には何よりもの素晴しさを感じます。

 

 31日迄の催事ですが、正直、ウイルス感染の事が頭から離れません。
とても怖いですが、手洗いを励行し、マスクをし、外食を避けた生活をしています。
こんな環境での仕事は歓迎できませんが、中止の決定が出ない限りは仕事を辞めるわけにはいきません。 そこまで深刻な事態になってしまいましたが、諸外国からみたらまだ良い方との事です。
諸外国に準ずる準じないではありませんが、もはや全世界が情報を密に取り合ってこのウイルスと戦わなければいけない事実は隠せません。
事態が容易ならぬ所まできています。このウイルスを容易なら無い事態と受け止める事が全世界で重要です。
正直言ってここまでこのウイルスによって、これほどまで深刻になるとは思ってもいませんでした。
しかし、起きてしまった事には解決する努力が必要です。
 私も、正直催事で働いている場合ではありません。
会社の資金繰りや、様々なことを考えていかなければならない立場です。
一日も早く帰り、対策を考えなければと思いますが仕方ありません。
当社も安閑とはしてはいられ無い位に深刻です。
ある意味、幸いにも二足の草鞋を履いておりますので急場は凌れますが、長引いたら頭の片隅にあった事を実行するかもわかりません。
私の趣味で、裸で始めた事業です。廃業するのは簡単では無いいにしろ後悔はありません。
ひとつだけ思う事は、全国で当社の製品を愛してくれているお客様に申し訳ない!ただ、それだけです。
生意気なようですが、その事を考えれば廃業はとても深刻です。
相矛盾しますが、そんな事を考えずに、体が動けるうちは働くといった気持ちはまだあります。
| karyuhokki | 日記 | - | - |
勝手

 他人の事はかまわないで、自分だけ都合の良い様に振る舞う今の政府には辟易します。

あたかも、考えている様な姿勢を見せそれを信じて行動を起こす零細中小企業者はとても大変な苦境に立たされています。

報道のように簡単にはいかないとは思ってはいましたが、その通りの現実に幻滅を感じます。

どう考えても政府と私どもの勝手が違いすぎます。

もう少し、本当に困っている零細中小企業のことを考えて欲しいものです。

 

 

 

 改めて、北海道物産展の各地での中止報道が流れてきます。

死活問題を通り越して、こと、北海道のみならず物産展そのものの存在が危ぶまれます。

すでに、五月迄の催事中止が決定している百貨店さんもあります。

この道で生計を立てている方は、七月八月は物産のない月に当たります。

ほぼ、半年収入が無い状況にになります。

これを死活問題と言わず何と表現すれば良いのでしょうか。

事態は深刻です。

 

 

 

 今、お世話になっている百貨店さんも来月の催事中止の決定がなされた様に聞きました。

現在我々が行なっている催事の中止の決定はされなかった様ですが、今が一番危ない時期です。

何故来月が中止で、いまが中止で無いのかはとても勝手な判断だと思います。

かかる経費の問題や、沢山の問題はあれど、感染を未然に防ぐ行動は今です !    

間違っては更に大変な事態を招くと考えます。

熟慮した冷静な判断を期待します。

 

 

 

 もはや、インフルエンザに毛が生えた様なウイルスとは言えない状況を呈しています。

あらゆる面への影響は計り知れません。

そんな中、ウイルス以外の問題にも目を向ける事が大切です。

政治家の勝手な振る舞いが、このウイルスの問題によって風化されてはなりません。

是々非々はしっかりとつけていただかなければなりません。

どうも今の総理はとてつもない運を持ち合わせた様に感じますが、それであっては何の解決もされません。

言い訳が勝手なのはもう国民の皆様もよく理解したとは思いますが、さらなる勝手はこの方の得意技ですので、更に注意を払って注視していなければまた、有耶無耶にされます。

 もう勝手は辞めましょう!
真摯に物事に取り組み有耶無耶の無い日本国にしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
疲弊

 豊後大分の現場も二日目ですが,何やら怪しい雰囲気になってきています。

今日も感染者が出た様です。

素人でよくわかりませんが、感染者が南下している様な錯覚に陥ります。

その割には他の地域と違い 人出が多い状況を呈しているような気がします。

 

 

 

 このウイルスによる心身の疲れや、弱体化する人間の現状を鑑みれば、半端なウイルスでは無いと思います。

また、付随して経済の状態が悪化し、活力がどんどん奪われていく現状は如何ともし難い困難な現状です。

生意気に、ブログなど更新している場合じゃありません。

人間が疲れて弱り、経済的に困った場合どんな方策を講じて今の状況を打破できるのでしょう。

私には想像もできないくらいにウイルスに何もかもが侵食されている現状です。

一日も早く特効薬が出来ることを期待はしますが、今はただ外出の抑制や、多数のイベント中止しか解決の方法が無いのかもわかりません。

そんな中での北海道物産の開催に、ある意味共鳴はしますが、それと同じ位の相反する気持ちも持っています。

 

 この豊後地域での感染者が増加しています。
もっともっと増える可能性は無い訳ではありませんし、逆にその可能性が増加することは否定できません。
先のブログでも記した様に、豊後の方々はことこの病気に対しての危機感が薄い様に感じます。
近うちに緊急事宣言が発令されるかも分からない状況をしっかり見つめて欲しいと思います。
北海道は治った様な報道がなされていますが、そんな事は無いと思います。
ただ、これからは西の方角や南の方角の感染拡大の報道が多くなるような気がします。
 心も、経済も疲弊してしまったら回復に相当の時間が費やされる事実は隠せません。
この地で催事をさせて頂き、もしかしたら秋の北海道物産展は元に戻るのでは無いかとの錯覚に陥った自分が
いましたが、やはりV字回復は期待できないと思います。
ただ、勿論業種によっては普段と変わらない状況を呈する業者もいない訳ではありません。
低迷している職種の業者さんは指をくわえてみている訳では無いと考えます。
何故❓生きるか死ぬかの戦いだからです。
今迄とは全く違うと考えます。仁義なき戦いが繰り広げられる可能性を有していると考えます。
 何はともあれ心の疲弊だけは避けなければなりません。

 

 

 

 

| karyuhokki | - | - | - |
試練

 江戸地を離れ、豊後大分にやってきました。

本店以外の催事は初めての経験ですが、休養が長かったのと初めての現場の戸惑いも重なって、移動も含めて大変疲れた1日でした。

今日の豊後地方は初夏を思わせるような暖かい日でした。

所変わればの言葉通り、街ゆく人のマスク姿の少なさに、少々どころかビックリしました。

又、現場の百貨店の人の多さにこれまたビックリしました。

同じ日本でこの差は見当付きません。

 

 

 北海道が、緊急事態宣言を解除しましたが、週末や連休の外出の自粛を求めているようです。

良い方向に向かっているのはとても良い事ですが、北海道人は沢山の試練を味わせらました。

まるでバイ菌人間のような扱いを受けたり、北海道人を呼ぶなというようなメール等もあったと聞いています。
日本国中が同じような環境に置かれている中、その様な不謹慎極まり無い暴言を浴びせられきた事実は忘れません。
試練の連続でしたが、非常事態宣言の解除によってその試練が薄れてゆくことを期待します。
 札幌商工会議所さんのHPで「緊急在庫処分sos!」に当社の製品も載せていただきました。
会社から、全国各地から沢山の注文を頂いているとの連絡に安堵している自分がいました。
やはり、現代はデジタル時代なんだなと改めて確信を得ました。
当社も、デジタル時代に対応する為に試練が必要と痛感しました。
自分で出来ないなら、人の手を借りてもやらなければ遅れを取ることは目に見えています。
きちんとしたアイデアと整理された考え方を持つ大切さ、そしてそれを発信できる態勢の確立が急務です。
 明日から慣れない場所での仕事ですが、一生懸命頑張ります。
今年の私の最初の試練です。

 

 

 

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
様変

 先月の18日に来た江戸地と、今回の江戸地はビックリする程様変わりしていて電車はガラガラ、車も少なく、とても日本の首都とは思えない位様変している状況です。土曜日という日のせいかもわかりませんが、それにしても静かです。

コロナウイルスは全てのものを変える驚異のウイルスと再認識できます。

明日から、六日間ほどの催事ですが先行きがとても不安です。

 

 

 もし、この様な状況がまだまだ続くなら沢山の業態が悲鳴を更に上げるものと予想されます。

悲鳴ですめば良いのですが、企業の倒産が連鎖的に発生し、日本経済に大きな影響をもたらし、大恐慌になる可能性さえ

秘めていると考えなければなりません。

田舎では考えられない事が、大都会で現実に起こっている現状は一刻の猶予も許されません。

素人には判断できませんが、思い切った政策転換や、かなりの国費導入が必要と思います。

日本が破綻してしまいます。

 

 

 

 

 国民の多くが現在の様な生活に慣れてしまったら、経済が止まってしまうような気がします。

ウイルス終息宣言が出されても、今までみたく外に出て軽く買い物したり、外食したりする事が皆無とは言いませんが、

減少する様な気がし、結果、景気低迷に拍車がかかる様な事になり兼ねません。

正常な姿が何かは分かりかねますが、もし、この騒動前の姿が正常な姿なら元に戻るには相当の月日を要すると思います。

理由はたくさんありますが、子供の学校休業による気持ちの変化が大きな要因を占めると考えます。
精神的な面を回復させるには相当の時間がかかります。
 このままでは飲食店を始めとする業種の衰退や撤退は避けられず、失業者の増加や空き店舗等の増加が目立ち、治安にも影響が出ると予測されます。
たまたま私は小売業と食品の製造小売をしていますのでその角度でしか見れませんが、まだまだ様々な業種の方々がいらっしゃいます。何も食品や飲食業にだけ影響がある訳ではありません。
すでに住宅設備機器にも影響の嵐が吹き荒れていると聞きます。
 どうなる日本。
普通の生活に戻れる日はいつになるのかは全くわかりません。一日も早く前の日本に様変してくれる事を願うばかりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
救済

 FBや自身「のブログ効果でしゅうまいの発送が毎日あります。

本当に有り難いことですし、お客様や友人に感謝です。

「困ったときはお互い様」という言葉があります。

相手に迷惑をかけている人が、この言葉を間違って使っていることがありますが、本来はあなたも私も同じ立場や境遇なのだから、

あなたの今の立場は良く分かりますよという意味です。

人の心の温かさは、苦しい時に増幅して心に刻まれます。

 

 

 昨日、北海道商工会青年部時代の友人から、零細中小企業には朗報ともいえる政府の救済政策が出たとの連絡が入りました。

私が前から希望していた返済据え置き政策で、据え置き期間が5年、15年返済、そして、金利は政府が利子補給をしてくれるとの政策らしいです。

窓口は国民政策金融公庫で、手続きが開始されるのは間もなくとの事、とても有り難い救済政策と思います。

ただ、お金を借入するということはそう簡単にできることとは考えていませんが、暗い様相を呈している現在に光明が差される政策と考えます。

倒産や廃業が増加する前に、手際よく進めてくれることを希望します。

 

 

 

 明日から江戸地に赴き、17日には豊後へ出立します。

31日までの長丁場の催事ですので、ウイルス等に気を付け迷惑のかからないように仕事をしてきたいと考えています。

久し振りの催事仕事ですので体が慣れるまで少々の時間を要すると思いますが、通常の閉店時間より一時間早い閉店だそうですので

とても助かります。

7時閉店と8時閉店。たかが1時間ですがされど1時間です。

今日の新聞で、神奈川県藤沢市の百貨店さんが「北海道物産展」を予定通り開催したとの報道に安堵の色は隠せませんでした。

この例に見習い、これから予定されている物産展が予定通り開催されることを祈念します。

そして、何事もなく盛会で終了することを併せて祈念しています。

 

 

 

 中小零細企業への政策もさることながら、学校の事や子供たちの事、飲食店の賑わい取戻しなどまだまだ沢山の良い政策が期待されます。

日本国の危機ですので全ての面において早急の対策政策が待たれます。

寝食を忘れて仕事をするくらいの覚悟が必要と考えますが、まだ、動静を見ていると伝わってきません。

今の国民感情を少しでも和らげ、支持率を上昇確保するには、一つの手段として有効なことと認識してもらいたいです。

 

 

 

 

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
見解

 昨日、尊敬する元校長先生夫妻がご来店下さり「しゅうまい」をお買い上げいただきました。

短い時間ではありましたが、今回のウイルスによる学校運営の在り方などの有意義なお話を聞くことができました。

元校長先生は、国が決めたことには従順に従わなければ違うことをやって感染者が一人でも出たら大変なことになるとの見解を

示して、騒動後の学校運営や授業の在り方などを熱心に語ってくれました。

私も過去に教育委員を務めた経験から、言っている意味が良く理解でき楽しい時間を共有できました。

改めて教育者の奥深さを感じました。

 

 

 

 世の中、中止・中止の嵐が吹き荒れてあらゆる事に影響をもたらしています。

個人的には、オリンピックも中止にした方が良いと考える一人ですが、そう簡単には結論は出せないと考えます。

このウイルスは専門家の見解が一致しないように思うことがあります。

私は、昨日のあるテレビでインフルエンザより怖くないとの見解を示す専門家さんの意見に共鳴しました。

マスクも要らなく、手洗いをきちんとすることが一番有効との説明に納得し、煽るような報道をしている現状に疑問を持ちました。

勿論、何が正解かは分かりませんが見解を統一する事によって国民の不安は払拭され本来の日本に復活できるのではないでしょうか。

新薬の開発は勿論大切で急がれますが、報道の自由を侵食するかもわかりませんが、見解が一致した報道ができないものかと率直に思います。

怠れば相当の企業の倒産が危惧されます。

特に、零細な飲食業の存続は危機に瀕し、閉店や倒産の道を駆け足で通り抜けようとしています。

 

 

 政府は、中小零細企業への無担保無保証の貸し出しを提唱していますが、借りたお金は返さなければなりません。

その返済するお金に目途が立たなければ借り入れする企業は無いと考えます。

私は、無担保無保証の条件より返済を1〜3年据え置く貸し出しを希望します。

借りたお金で借入金を返済するような馬鹿げたことをする企業はありません。それより、返済期間の猶予が一番と考えます。

切実な問題ですので熟考して踏み出して欲しいものです。

 

 

 物事に対する考え方や価値判断を統一する事はとても難しいことと考えますが、国難とも言える事態を収束させる一つの手段としては一考を要すると考えます。

真理を見分ける洞察力を一つにすことは無理かも分かりませんが、見解の統一も大事な要素と考えます。

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
運勢

 国の方針と、ウイルスと、催事中止関係ばかりのブログの更新に辟易し、少しは違うブログをと思い「運勢」について更新してみようと思います。

運勢とは、各個人の命運の勢いの事を指す言葉です。

ただ、常に一定ではなく、各個人・周囲・時期によって変わるものとされています。また、本人の成長によっても変化が可能であると定義されています。

 

 

 

 私の名前の鑑定結果は下記のとおりです。

1:総画は44画   慎重な性格だがやや考えすぎ。遅咲きタイプのため、じっくり頑張りましょう。

2:人格は31画   社交性があり判断力に優れる。順風満帆な人生で円満な生活。

3:外格は25画   剛気で自立心が強く、個性的な性格。才能と強運に恵まれます。

4:地格は12画   意志の弱さが出ると失敗が重なることも。挫折品用に注意しましょう。

5:天格は32画   柔軟性があり成功する。チャンスが多く金運が良い。

1:総画は、人生を表す一番重要な運勢らしいです。生活を通じて影響する総合運となり、主に50歳以降の晩年期に影響を及ぼすそうです。

2:人格は、性格や才能を表す二番目に重要な運勢で、人間関係や協調性、社会的な成功に影響します。主20歳から50歳ぐらいまでの中年期の運勢を表します。

3:外格は、生活面を象徴する運勢です。外部から受ける影響力を表し、結婚運、家庭運や職場、環境への順応性を表します。

4:地格は、個性を表す基礎的な運勢です。性格形成や対人関係、行動力など家庭環境に影響されます。主に誕生してから20歳くらいまでの若年期の運勢を表します。

5:天格は、家系が持つ宿命的な運勢を表します。祖先から受け継いだ苗字ですので自分の力が及びません。家柄を象徴します。

以上が私の名前の鑑定結果です。

 

 

 

 運勢は自分で変える訳にはいきませんが、当たっている所もあれば、そうでない所もあります。

納得できたからといって何かが変わるわけでもありませんが、全てが自分の考え方によります。

ある程度参考にして生きるのも、全く参考にもしないで生きるのも各々の考え方です。

ただ、私は意外と運勢や易と言うものに興味がある人間です。

干支の学問や四柱推命学など、世の中にはたくさんのものが存在します。

信じる者は救われると言った宗教家もいましたが、故人の自由ですので束縛はできません。

 

 

 

 テレビを点けるとウイルス報道しか流れていない様相ですので、こんな本を読むのも一考です。

時代小説も1000冊以上読むと、何となく先が見えるようになりますので少々休止して違うジャンルの本へ移行しようと考えています。

本も面白いのですが、安倍総理や現政権への沢山の方々からのコメントを読んでいると飽きません!

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
上司

 他県の人達より、ワクワクする待望の春の訪れが見え隠れする北海道です。

平地の雪も殆ど消え、間もなくフキノトウが顔を出すことでしょうが、蔓延し、収束を知らない新型ウイルスのためいつもの待望の春とは違いが感じららる北斗市です。

今年は、桜も人間も寂しい春になると想像されます。

 

 

 45年ほど前に遡りますが、私の勤めていた旭化成の上司が環境評論家としてよくテレビに登場しています。

研究所で徹夜をして、実験を繰り返したことが懐かしいです。

ただ、余りにも言ってはいけないことを科学者として発言しますのでテレビ出演を降ろされたり復帰したりの連続のようです。

博学で頭脳はとんでもなく明晰!性格温厚です。確か都立西校から東京大学へ入学し、旭化成に入社、そして、私のいた研究室に配属されました。お父さんは大学教授と記憶しています。

私のいた商品開発研究所からウラン濃縮研究所の所長としてご活躍され、その後芝浦工業大学の教授をし、名古屋大学そして現在の中部大学の教授をしていて、専門は「資源材料工学」です。

実は私の町にもう一人、後に旭化成に入社された後輩がいて、ウラン濃縮研究所での上司だった関係から函館で行われた後輩の結婚式に来賓として招かれ挨拶をされたことを記憶しています。たまたま、後輩のお嫁さんと親交があったため私も出席していましたが、その際、ついでに(笑)出席していた私を紹介してくれました。

その元上司がYouTubeで「ホントの話」と言うチャンネルで情報を発信しています。

その他に、新型ウイルス・ゴミ分別は意味が無い・これを言ったらテレビを降ろされる・など沢山興味深いものが発信されていますが、一方トンデモ認定もされており、いい加減な根拠のない発言は控えてくださいなどの中傷もあります。

 

 

 

 ウイルス関係の話は科学者らしく、政府と違って数字やグラフを引用し説明しますので説得力があります。

その他、医療の事も相当勉強されて発表していますが、医者でもないにと、その辺のことがトンデモ認定されていることと考えますが、しっかり調べて、データもとってのお話と思いますので(まだそこまで見ていません)まんざらトンデモとも思えません。

上司によれば、このウイルス3月20日頃迄で落ち着くようなことが指摘されてましたので、期待したいと思っています。

ご専門でないからとは思いますが、とにかく勉強熱心な元上司ですので全くトンデモとは考えてはいません。

ただ、ペットボトル再生不要論や、ショッピングバックからマイバックへの移行は間違いなどのお話は、専門ですのでかなり信憑性があると思っていますし化学的成分の説明などから納得できます。

総合して聞いていると、やはり政府のやり方に疑問を持ちますし、何かの利権で国が動いている事実があるような気がします。

今回のウイルス検査でも、これだけの病院やクリニックが存在する日本で、保健所を通さなければ検査を受けれないという理不尽さは日本医師会の利権がそうさせているのかもと疑いたくなります。

今回の問題に限らず、常に裏には黒い利権がチラつきます。

 

 

 

 何を信じて生きていけばいいのかが全く不透明な時代は避けなければなりません。

公明正大に国民に向かって欲しいと思います。

私の元上司の是々非々はよくわかりませんが、火のないところに煙は立ちません。

「李下に冠を正さず」「瓜田に靴を入れず」の精神は最も大事と思います。

いかなることもそうと考えますが「正直」に生きていければこの上ない幸せです。

| karyuhokki | 日記 | - | - |