無料ブログ作成サービス JUGEM
滅多

 表題のように江戸地は滅多にない程涼しい毎日です。

14日に来た時は、特有のムワットした気温を感じていましたが、16日当たりから秋を感じる気温になりました。

私みたいな北海道人はとても快適ですが、予報を見ると明日当たりからまた、ムワットした気温になりそうです。

 

 

 

 とても難しい環境にある現場での仕事をしています。

かれこれ10年のお付き合いになります。

北海道展と銘打っての催事では、滅多にない環境です。

ただ、広告媒体があるわけではなく、駅の改築により新しい商業施設ができ、来客数の減少に拍車がかかっている現象はここだけの

地域の問題ではありません。

何回も更新しますが、JRは既存の商業形態を破壊しています。

鉄道経営の他に沢山の事業を手掛けています。そんな余裕があるならば、運賃を安くするべきと考えます。

公共性という鉄道会社の使命をどこかに忘れ、商業形態を充実させている現在の姿には納得できません。

また、それを許す政府にも大きな問題があると認識しています。

 

 

 

 

 そんな環境の中で毎日頑張って仕事をしています。

いよいよ、明日が最終日です。

この一週間は滅多にないことに、とても早く感じました。

明後日、北海道に戻り新製品に目どををつけ、決算業務を完結し、孫の吹奏楽の応援で札幌に行き、中小機構の計らいで東京ビックサイトに出向き、その後、下野の国へ催事で旅立ちます。

下野ー武蔵野ー越後と回り、一旦北海道に五日間ほどに戻り、尾張に出向き12月中旬まで全国を東奔西走する予定になっています。

いつもと変わらない予定ではありますが、私の行動が滅多にない行動をさせられます。

ある意味、お世話になる百貨店さんに迷惑をおかけします。

 

 

 

 何はともあれ、これからの北海道展の催事で迷惑の掛からないようにそれぞれが頑張ってくれれば有難いと思っています。

滅多なことが起こらないように、それぞれが自覚を持って仕事に臨み、滅多にない現象が良い方で出てくれればと願っています。

催事の無いあと少しの時間を楽しみ、催事と言う仕事に向かってゆきたいと考えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
惰眠

 やはり暑い東京にやってきました。

まだまだ、このむわっとした暑さは続くのでしょうね。全く気の毒です。

北海道は日中こそ、そこそこの暑さになりますが、朝夕は秋の気配が感じられます。

ただ、最近は湿度が高く、寝苦しい夜が続いています。

 

 

 

 名古屋の催事後、惰眠を貪っていた私ですが明日から江戸地恵比寿で催事が始まります。

怠けている訳ではないのですが、毎日何もせず、活気もなくただだらだらと生活してきた感は否めません。

女房の気遣いもありますが、私自身の問題です。

原因を紐解けば、一番に挙げられるのが「肥満」です。

肥満は成人病の原因の一つですが、怠け癖の原因にもなるような気がします。

真剣に減量を考えなければばりません。

 

 

 

 肥満の原因は沢山存在しますが、惰眠もそのうちの一つですし、適度な運動、食生活の改善などが挙げられます。

一旦、肥満になると運動を避けたくなり、食生活はこのくらいは、まあ〜いっかで済まされ、惰眠を貪るようになります。

太るなと言っても無理なことです。

以上挙げた因子よりも大事なのは、本人の自覚です。

自分自身がしっかりしなければ決して減量はなされません。

どこかに逃げる甘い考えを排除し、しっかりとした自覚を持たなければ成就しません。

 

 

 

 これから秋から冬の北海道展が始まります。

一日の仕事が終わっての一番の楽しみはビールを飲むことでしたが、一番最初に改めなければならない行動です。

一生懸命仕事したからという甘い考えを捨てなければなりません。

これから惰眠を貪ることは適わなくなりますが、自覚を持って少しでも減量するように努力をしたいと考えています。

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
権力

 北海道の夏らしい毎日が続いています。

明日は、お墓参りが済んでから二年ぶりにゴルフに行ってきます。

二年間、全く道具に触っていませんので当たるかどうかは全くの未知数ですが、練習もせずにゴルフ場に向かおうとしている自分がいます。

なんでもそうですが、嘗めたらいい結果は生まれません。

昔取った杵柄に期待を込めて、迷惑をかけずに回ってこれるように頑張ります。

 

 

 

 来年から消費税が10%に上がるのは確実みたいです。

お国が、我々が選んだ議員が決めたことですから致し方ありませんが、使い道を国民に提示することを願いたいです。

消費税を納付できない中小零細企業が更に増加すると思われます。

預かり消費税と言うことは理解していますが、目の前のお金はどこかに消えてしまいます。

権力を持つと何でもできる世の中になって来ていて、段々不安になってきています。

 

 

 

 

 自民党総裁イコール総理大臣です。

その総理大臣に現在の総理がまた立候補して、ほぼ当選確実との報道がなされています。

小学生でもわかるようなことをしてきている現在の首相を支持する自民党員の資質を疑います。

主流についていけば間違いない考えや、大臣になれる道が広がるとかいろいろな選択で間違ったことをやってた現在の首相を

支持することには疑問符が付きます。長いものに巻かれる政治家がまだ沢山いる現状に閉口します。

自民党を強制し服従させる力は、権力を握っている首相しかできません。

消費税の増税についても、国家や政府が持つ国民に対する強制力があるからできることです。

反論なんて聞く耳を持っていない現在の首相を支える派閥の皆さんの資質の無さは、目を覆いたくなります。

多選は権力を増大させ、結果、腐敗します。

今回の日本中を震撼させた大きな二つの問題に何の結論も出さず、また権力を握ろうとしている首相。そして、それを応援する

無知な派閥。

沢山の屁理屈で首相を弁護する派閥の領主。全てが権力です。

本来政治家は国民の為に働くべきで、権力を持った人の為に行動するのではありません。

国民不在の今の自民党政権には失望以外何物もありません。

それに代わって政権を運営できる野党も見当たらないのが更に助長させている一因とも考えられます。

 

 

 韓国の大統領が任期を全うしたことがあまりないのは周知の事実です。

なぜ、途中で失脚するのかは今回の日本の首相がやってきたことを国民が許さないからです。

日本も、韓国みたいに国民が首相を選択する制度に変わればと思うことはしばしばです。

悪いことは悪いと、はっきりけじめをつけれる政治が国民が理解できる政治と思います。

 

 

 

 何の権力もない自分が、生意気なことを書いて申し訳ありませんが、現在の政権与党の行動や考え方は好きにはなれません。

 

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
冥利

 祖先の霊を祀る一連の行事で、祖霊信仰と仏教が融合した「お盆」がやってきます。

私の実家と、女房の実家の墓参りをし、「家内安全」「商売繁盛」「健康成就」を先祖にお願いします。

供物を備え、花を手向け、線香蝋燭を灯し、僧侶にお経をあげていただき、先祖の霊を祀り、心清らかに合掌し、お参りをしてこようと思っています。

 

 

 昨日、孫の吹奏楽「NJBサマーコンサート」と銘打って開催されたコンサートに女房と一緒に行ってきました。

NJB??何のことと思っていたら上磯中学校吹奏楽部顧問の「中條淳也バンド」の略称で、それぞれの頭文字をとって命名したとのことでした。

現役生徒と卒業生のOB・OGの皆さんの素晴らしい演奏が奏でられました。

吹奏楽の担当教諭として、所謂、教師冥利に尽きる一日だと思っています。

全国各地からこの演奏会の為に集まったOB・OGの皆さんは、吹奏楽を愛し、中條先生を愛し、郷土を愛しているからできることだと信じます。

ただ、先生の宿命で「転勤」が存在します。いつまでも同じ学校にいる訳にはゆきません。

中條先生も赴任して6年だそうです。教育委員時代の記憶を遡れば、異動対象年に達しています。

今後どうなるかは未知ですが、音楽で繋がった糸はとても丈夫で強いものと確信していますのでこれかも活動して行って欲しいと応援しています。

 

 

 

 その立場にいてこれ以上の幸せが無いことはとても良いことと認識します。

その立場に立つまでの過程は様々な形を経ているはずですが、結果これ以上ない幸せを掴む。

人間冥利に尽きると思います。

仏・菩薩が人知れず与える利益。知らず知らずのうちに神仏から受ける恩恵などを「冥利」というそうです。

固辞つけかも分かりませんが、お盆と冥利は全く関係ない訳ではなさそうです。

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
褒美

 あの暑さはどこに行ったのでしょうか?

突然、気温が下がりその高低差が約10℃前後、流石北海道です。

このまま秋風を感じるのかと寂しい気持ちなりましたが、お盆当たりからまた、暑くなるとの予報です。

やはり、夏は暑いほうが気持ち良いです。

 

 

 

 三泊四日で女房と小旅行をしてきました。

毎日ネジを一杯に巻いて仕事をし、夕方になるとその巻いたネジの威力が減少する毎日を送らせています。

日頃の感謝の気持ちを伝え、精一杯の贅沢をさせ(それほどでもないのが現実ですが)、ゆっくりしていただきました。

今回は、ニセコに一泊し帯広に向かい一泊、翌日は札幌で旧友夫妻と楽しい夕餉を楽しみ、翌日は小樽経由で北斗市に戻りました。

走行距離1200劼任靴燭、乗り心地も良く、疲れを感じない車に感謝です。

もう買えないと思い、思い切ってドイツ車を購入しましたが、これがなかなか良いです。

 

 

 

 

 ニセコと帯広では、森林に囲まれた場所での朝食でした。

なんとも爽やかで、非日常性を楽しみゆっくり食事が出来ました。

時間に拘束されることなく移動できるのが「車」の良い所です。

今回は、なるべく高速道路を使用しないで一般道の「道の駅」に寄りながらの旅でしたが、これもまた、情緒があって良い物でした。

毎年ですが、沢山の「緑」を買い込み水をやりながらの旅でした。

女房に対して少しは褒美を与えられたかなと思っていますが、私も褒美を貰ったと思っています。

これも偏に、留守を守ってくれる娘夫婦や従業員のお蔭です。

 

 

 

 

 14日から江戸地へ出立です。

一週間ですが、また酷暑の場所での仕事です。

しゅうまいの製造は佳境を迎えていますが、10月末から11月中旬までの仕事の遣り繰りにてんてこ舞いしています。

人が足りません!道具が足りません!これらを解決するためにはそれぞれの催事担当者に負担がかかります。

しかし、無い頭を絞って遣り繰りを行い、秋から初冬の北海道展を終わらせ、女房・従業員・家族、そして私に褒美が与えもらえるように頑張って仕事をしなければなりません。

 

 

 

 仕事があり、仕事ができる幸せは何物にも代え難いものです。

褒美を貰えるように頑張ります!!!

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
睡魔

 昨日行った血液検査の結果が送られてきました。

懸念された赤血球の「H」が消え、正常値に戻っていました。

今回の結果も「H」はただ一つ、γGTPだけでした。最大値をわずか超えてました。

血液検査の数字は変動するのが当たり前ですが、お蔭であまり変動は見られず有難いと思っています。

 

 

 

 酷暑の尾張名古屋の催事から帰って十日目になりますが、ようやう睡魔から解放されつつあります。

黙っていたら、昼近くまで寝ています。やはり、目や体に感じない疲労が蓄積しているのだろうと推測できますが、

寝れるだけ「若い」と言われます。寝るには体力が必要だそうです。

催事から帰ってくると、布団に入るのは9時から10時で、起きるのが8時から8時半です。

十分睡眠をとってはいるものの、まだ寝れるのは若いのではなく、疲労の蓄積と考えられます。

漸く、正常に起きれるようになり、夜も11時位まで起きて入れるようになりました。

正常になるまで10日間くらいを要するみたいです。

 

 

 

 名古屋にいた時は、6時半に起床しシャワーを浴び7時過ぎには百貨店に向かっていました。

帰りはホテル到着が概ね8時45分くらいで、それから風呂に入り、部屋をきっちり冷房し、食事に移るのがだいたい9時30分を回ります。

食事が終わると同時に睡魔が襲ってきますが、なるべくすぐ寝ないように頑張ります。

しかし、10時半までには殆ど寝ています。

太るなと言っても無理な生活を続けていますが、催事に関わる人が全て私みたいな体系になっている訳ではありません。

体質もあるとは思いますが、謎です。

 

 

 真剣に体重減を考えなければ足腰が悲鳴をあげます。

血圧やその他の疾患も、痩せることによって数値が更に良くなると考えれます。

寝ることは大事なことですが、必要以上の時間を費やす必要はありません。

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
診療

 今日から葉月八月が始まります。月日の経つのは本当に早いものです。

毎日が暑い北斗市です。やはり、全国的に今年の天候は不思議?な現象を呈しています。

ただ、夏は暑く、冬は寒いのが当たり前ですが、度を超すと人間生活に支障をきたします。

 

 

 

 今日は主治医の所へ行って診療を受けてきました。前回の診療での検査結果が全てがそこそこの数値で安心しました。

前回の血液検査の結果、γGTBに「H」マークがついているだけであとは正常値を呈していました。

γGTPの「H」マークは、最大値を2ポイント超えただけでしたので、今日も安心して?ビールが飲めます(笑)

間違いなく肥満体系で、特にお腹の出方は異常かも分かりませんが、中性脂肪等は平均値を下回っています。

血圧も正常で、糖尿の数値も範囲内で安心しましたが、油断は禁物です。

ただ、赤血球の数値が若干高く、家に帰ってから調べてみたら「多血症」の要因となるようなことが書かれていました。

ほんの少し範囲を超えた程度でしたので、主治医も薬の投与を見送ったみたいです。

年齢を重ねると、色々な所が老いてくるのは仕方のないことですが、様々な注意を怠らなければ防止できることもありますので、気をつけようと思っています。

 

 

 

 

 催事から帰ったら、必ず主治医の所へ伺います。

内科専門の先生ですが、私にはもう一人かかりつけのお医者さんがおります。

それは、メンタルクリニックの先生です。

主治医とかかりつけの相違は分かりませんが、二人の先生に体を守ってもらっています。

この年齢になると、なにかしらの薬を飲んでない人は稀なようですが、薬の無い生活をしたいという欲望はあります。

診療結果は良い方でしたが、薬の力を借りての結果です。もう少し減量すれば薬の量も減ると考えれますので、暴飲暴食はつとめて避けて、バランスの良い食事を心がけます。

 

 

 

 そんな私ですが、女房や娘に叱られるのを覚悟で「ダイエットサプリ」をこっそり頼みました。また、話すと主治医にも叱られます。

郵送されるのでバレバレになるのは分かっていますが、「溺れる者はサプリに頼る」(新語)です。

主治医に内緒で三か月試してみます。

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
圧巻

 珍しく全道各地で真夏日が観測され、北斗市もギリギリ真夏日を記録しました。

そんな暑い中、北海道吹奏楽コンクール函館地区大会が当地北斗市で開催されました。

道南各地から小中高・一般と沢山の方々がいらっしゃいました。

 

 

 

 

 孫も新一年生でコンクールメンバーに選ばれ、毎日尋常でない練習を重ね昨日に備えました。

昨年全国一位を獲得している学校の矜持が、練習に拍車をかけています。

プログラムが進んで行き各学校の演奏を聞いていると、皆さんの練習量が推測され、皆さん大変上手です。

孫の出番が近づくにつれ、私も興奮と心配が交差し、練習は嘘つかないと心で叫び応援しました。」

 

 

 

 

 心配は当たらず「圧巻」の演奏に安心しました。

贔屓目を無くしても、他の学校の追随を許さない演奏はまさに「圧巻」でした。

感動を心に刻み、孫の成長に目を細め、催事の合間の休養にはとても良い一日でした。

 

 

 

 9月1日に札幌で全道大会が開催され、それをクリアすれば10月20日に名古屋で行われる全国大会へ駒を進めることになります。今年も頑張って通って欲しいと願います。

9月2日は女房と応援に行きますが、全国大会へ駒をすすれれば、私は催事の仕事で名古屋にいます。

ちょっと抜けて応援に駆け付けるのは可能です。

昨日みたいな他の追随を許さない「圧巻」の演奏をしてくれれば、間違いなく切符を手にすることが出来ると確信しています。

頑張れ!!上磯中学校吹奏楽部です。

| karyuhokki | 日記 | - | - |
本質

 日中はそれなりの気温になる北斗市ですが、朝夕はぐんと気温が下がり過ごしやすい毎日です。

朝は、肌寒いくらいです。

 

 

 

 

 物産展の根本的な性質や要素、そして本来の姿というものを考えてみれば、切がない程沢山のことがあると考えます。

任意の地域を限定して、その産物を紹介や販売するのが物産展です。

北海道という地域に限定すれば、主に海産物や農産物が主流となりますが、スイーツもなかなかの人気です。

また、ご当地ラーメンや寿司といったイートインを展開できるのも北海道ならではと思います。

しかし、お客様から「北海道物産展の物は値段が高い」とお小言も聞こえてきます。

確かに、私ども道産子からすれば少々高いものや、ビックリする価格が付けられているのを確認できます。

当社のしゅうまいも決して安いとは思っていませんが、高い物にはそれなりの理由が存在しなければお客様は納得しないと思います。

いかに安い原価で、高く売るか!とんでもない発想と思います。

 

 

 

 世の中が様々な変革を遂げているのに、物産展は本質から逸脱傾向にあると思います。

ネット商法が益々広がればどんどん物産展に来るお客様は減少していくと思われます。

買ってもらってありがとう、欲しいものを置いてくれててありがとう、そんな近年忘れかけてきたことをしっかり見直すことが

大事です。

新商品の開発も大事ですが、昔からある商品を充実させるのも大事です。

お客様の中には、昔食べた物が欲しくてご来場される方が沢山いらっしゃいます。

 

 

 

 お客様と喜びを共有できる!これが物産展の本質考えます。

 

 

 

 

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
見識

 酷暑の名古屋から昨日脱出し、夏日の北海道北斗市に帰ってきました。

朝夕は、20℃前後で推移する気温にとても癒されますし、あの熱波を感じない嬉しさは何物にも代えれません。

この環境を来月の14日迄楽しめます。

それにしても、名古屋はもとより酷暑の地方の方々は気の毒です。

 

 

 

 

 物事を深く見通し、本質を捉える優れた判断力は何事においても大切なことだと思います。

そして、物事に対する確かな考えや意見、そして識見等は重要なことです。

人間社会においてどんなことにでも通じることですが、今、お世話になっている催事の世界で、こと「見識」というものに疑問を持つ一人です。

催事業界の常識と言ってしまえば通じること自体が見識を疑う大きな要因です。

全ての業者がそうとは言いませんが、北海道展の本質を捉える姿勢が感じられない業者さんが多くなってきている事実に将来の不安を感じます。

今回の夏の物産展は、危険な温度を呈し、極端な話し命がけでご来店いただきました。

そんなお客様に対し、高度な見識が必要と感じます。

お客様あっての「商い」です。

 

 

 

 何回か更新していますが、人間の「品格」「品位」はお金で買えないものと認識しています。

ただ、「見識」は磨けば「品位」や「品格」と違い向上するような気がします。

私自身も見識に欠けている一人ですが、書物を読んだり、見識のある人を真似たりしながら見識の向上に繋げる努力をしてゆきたいと考えています。

 

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |