無料ブログ作成サービス JUGEM
定番

 休日の今日は10時まで寝ていて、11時に健康温泉に行ってきました。

ゆっくり大きな湯船に漬かり、露天風呂を楽しみ、ゆっくりくつろいで湯上がりのビールを楽しみました。

ビールは、北海道出てから初めて飲みます。

お風呂はいつもお休みがあるわけでは無いので定番ではありませんが、昼食が定番のハンバーグとステーキのお店名店「ブロンコ」さんです。

今日もまた、一週間のダイエットを忘れしっかり食べてきましたが、相変わらずの美味しさに感謝です。

 

 

 

 

 新潟に来ると、定番で食するものがあります。

1;青島ラーメン2;ちゃんこ鍋3;焼き鳥4;タレカツ丼5;へぎそば6;新潟ラーメン7;のっぺ汁8;栃尾揚げ9;バスセンターカレー!〇;刺身などが定番で食するものです。

勿論、それには淡麗辛口の新潟の日本酒は欠かせません。

しかし、今日はハンバーグを食しましたが、不要不急の外出を避けるようにとのことですので、定番を食すのは今日だけになる可能性があります。

最終日は高校時代の親友と飲食をする約束をしていますが、定番の全部を食せるわけがありませんので、郷土料理と日本酒になると思います。迷惑がかから無いように最終日後片付けが終わってから会うことにしました。

早くコロナが終息して、勝手に出かけれて飲食できるようになればと思います。

 

 

 

 

 催事で全国を行脚して居れば、その土地その土地で定番で食するするものが決まってきます。

それぞれの土地の名物は必ず食しますが、どこでも食べれる料理でもその地域でとんでもなく流行っているものも存在します。

例えば、広島のあるお店の麻婆豆腐は絶品です。

そんなお店に出会える幸せは催事という仕事をしていればこそ味わえるものだと思います。

料理はいつも言うようにとっても保守的です

色々な浮気をしても、定番に戻る確率が一番高いような気がします。

 

 

 

 

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
要因

 越後現場も一週間が過ぎました。

今日は、入替日のため5時閉場でした。

おまけに、明日は店休日のためお休みです。とても有り難い現場ですが、まっすぐホテルに帰って下さいとの願い事が百貨店さん側からあり、ホテルへ直帰です。

迷惑を掛けれませんので仕方の無いことですが、少々辛いのが本音です。

 

 

 

 

 試食も配らず、ただ商品説明をして要るだけの毎日ですが、魔訶不思議!売り上げは試食を提供していた時より良い結果が出ています。それも、よい時は前年の倍の売上げを呈しています。

一週間の合計は、私が二週で立てた予算に手が届くところまで来ています。

予算の立て方が悪いのかもですが、コロナ禍の中思い切った予算は立てれませんでした。

悪いことでは無いのでとは思いながら、お客様の中ではすでにコロナは収束したのかなと思うこともあります。

蜜を避ける努力は、百貨店さんは一生懸命です。

入場制限ももちろんですが、体温管理や消毒の徹底、出入口の相違などよく考えていますが、お買い場はどうしても少々蜜になります。人気商品はさらに蜜が増します。

 

 

 

 

 売上げの良い要因を考えてみれば、様々な事が考えられます。

1;もう8年近く来ている現場である。

2;お客様との顔馴染みが沢山いる

3;商品をわかってもらってきている。

4;巣篭もり消費のため、惣菜類は堅調。

5;新商品を提供している

などが考えられますが、それにしても摩訶不思議です。
試食出さずに売り上げが良い事の要因は何が原因なのだろうかとついつい考えます。
今日辺りから今までの百貨店さんと変わらなくなってきましたが、それでも前年をはるかに超しています。
 17日から二週目がスタートします。
通常、どこの催事も二週目は1週目より厳しいのが当たり前です。
どの程度落ち込むか、また逆に上昇するかは全く未知ですが、コロナ感染がなく終了してくれればと思います。
全国各地で開催されている北海道物産展ですが、一般に米飯が好調のようです。
私の友人は、ある場所で一日120万円もの売り上げを記録し、平均100万のアベレージだそうです。
凄いことだと思いますが、その要因は何なのかは多少の見当はつくものの、よく判らないのが現実です。
惣菜類も堅調とのこと、私も一旦帰宅したら軌道修正して予算の修正をしなければなりません。
今から、製造が間に合わ無いのであれば、大変なことですのでこれまた軌道修正です。
 そうは言っても、全体は昨年を下回っています。
コロナが終息し無い限り、読め無い状況はつづくと考えられます。
ただ、売り上げの良し悪しは別にして開催される現実を直視すれば
催事業界は方向としては良い方向になっていると考ええられます。

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
悲鳴

 久しぶりの現場での仕事のため、中々ブログを更新することはかないません。

今日も疲れ切っていますが、少々感じた事を書いてみます。

 

 

 

 各地で北海道物産展が開催されています。

様子があちこちから届きますが、どうも職種によって偏りがあるみたいで、大きな相違が生まれているみたいです、

弁当類は堅調で、その次が総菜類らしいです。
勿論、菓子類は不変な売上げをあげていると聞こえてきます。
特に、試飲試食に頼っていたところは苦戦を強いられている様子です。
何回も同じ場所に出向いて試飲試食をさせていても、と思いますが人間の心理は複雑です。
 私も、今回初めてあまり期待せずそれなりの予算を立て現場に赴きましたが、蓋を開けて悲鳴をあげるくらい忙しさに追われ、座ることも叶わず、立ちっぱなしの仕事場です。
良いことなのは確かなのですが、工場の方も予算をはるかに超えているため、悲鳴をあげています。
おまけに、どんな予算の立て方をしているのと叱られる始末です。
嬉しい悲鳴ではありますが、まさかと言う言葉が頭の中を回遊します。
秋の仕事始めがこんな状態ですので、これからも同じ様な事が起きるかもと思いますが、そんなに甘くないとも考えています。
どんな事が起きるかは全く見当がつきませんが、ただただ迷惑を掛けてはいけないと言う観念だけは無くしてはいけません。
 とにかく、忙しい現場でコロナ禍以前より忙しい状況が三日続きました。
明日は、土曜日。更なる忙しさを懸念しなければなりませんが、商品が間に合わずやり繰りに頭を悩まします。
なんとか、今日仕事が終わってから段取りをつけて、明日の荷物の到着の時間を待つばかりで、なるべく早くと願うばかりです。
開店時間を過ぎてからの荷物の到着は悲鳴があがります、
よい事ばかりを念じ、就寝です。
疲れました。
| karyuhokki | 日記 | - | - |
不変

 三つ子の魂百までという諺があります。

土曜日曜の二日間、以前お世話になった友人夫妻が来函し、私ども夫婦と地元の友人二人、合計6名で楽しい時間を共有しました。

いくつになってもそれぞれ特徴あったところは不変で、昔にタイムスリップできるって事はとても感慨深いことです。

勿論少々の変化はあれど、基本的には不変な仲間。

自分にも心配事はありますが、札幌の友人は相変わらずの酒量と喫煙は少々心配です。

人の事言えることではありませんが、私の酒量を遥かに超えています。

余程のことが無い限り是正されるとは思っていませんが、体調を崩さないことを願うばかりです。

 

 

 

 

 9月に入って、楽しい時間ばかり過ごしてきましたが、いよいよ明日越後へ出立し準備です。

9日から久し振りに「北海道物産展」に参画できますが、コロナ禍の中での開催ですので沢山の懸念材料があります。

しかし、すでに各地で開催されている物産展の様子はそれほど酷くはないようです。

ただ、試食を提供できないことや、入場制限、そしてマスクやフェイスフィールドによる言葉の伝達など、懸念材料は沢山あります。

今回の秋の物産はコロナ禍での開催ですので、お客様の目が相当厳しいものになると考えられます。

従って、細心の注意を払いお客様に接し販売しなければなりません。

クレームの種類がコロナ関係の事が一番多いと感じていますので、食品を扱うものとしての不変の姿勢が強く求められます。

 

 

 

 

 世の中、コロナウイルス感染に関して少々慣れてきたように感じられます。

まだまだ解明されていないことが多く、ワクチンや薬も開発されていない不変の状況に変化はありません。

国民を沢山煽った後は、国民にGOTOトラベル等を奨励していますし、GOTOイートも企画され実行に移されようとしています。

経済を回さなければという事ももちろん大切ですが、困っている人は観光業者や飲食店ばかりでは無いという現実を直視した政策が望まれます。

 

 

 

 

 私個人的には、コロナウイルスが終息する迄「レジ袋の有料化」を中止して欲しいと考える一人です。

エコバックを毎日洗濯し、清潔を保っている人はそう多くないと思います。

また、万引きという犯罪の誘発もあります。

コロナウイルスが何に付着し感染しているのかは全く分からない事ですが、エコバックがその一因をなしてる可能性を否定はできません。

未曾有の状況下の世の中が、一日も早く解消され、以前の生活に戻れることを願います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
単位

 どうにも今年の気象状況は普通ではなく、異常と言わざる得ないと思います。

9月に入ってからも続く記録的な暑さや湿度、本州並みのゲリラ豪雨や雷鳴は北海道ではありません。

また、強烈な台風の相次ぐ襲来、そして現在接近中の台風10号は気象庁や国土交通省が何度も報道を重ね注意を呼び掛けているくらい大きな台風のようです。

私がまだ幼いころは、ミリバールという低気圧の単位でしたが、いつからかヘクトパスカルという単位に変わっています。

基本的には呼び名が変わっただけみたいですが、小さいころ聞きなれたミリバールの方が馴染があります。

数値が低くなれば成る程被害の程度は大きくなりますので、沖縄・九州地方の方は十分に気を付けて行動してください。

他の地域にも影響はあり、東海地方などは大雨が報道されていました。

いずれにせよ、大きな被害がなく通過してくれることを願うばかりです。

 

 

 

 物事の数値を表す際に、計算の基となるのも単位ですが、物産展などでもよく億単位のお金が動くなどと使われることが多く、

また、それぞれの出店者の面積当たりの売り上げの単位などにも使われます。

それぞれ構成する業種の売り上げは物産展を構成する単位をなし、指標にもなります。

更正する業種間での売り上げの順位は良く分かりませんが、北海道物産展では、1位はお菓子類、2位は弁当類、3位は鮭や珍味類と想像され、私が所属する惣菜類は下から数えた方が早いかもです。

全国でいよいよ北海道物産展が開催され始めましたが、売り上げの単位は友人情報によるとやはり前年を下回っている模様です。

沢山人が入ると入場制限がなされる売り場での昨年並みの売り上げは期待できません。

やはり、私が予知していた通りの単位で推移しそうな状況のようです。

 

 

 

 

 単位には換算というものが存在し、長さや面積や体積など数多くの単位換算というものが存在しますし、US単位換算というのも存在します。

ヤード・インチとメートル、ガロン・パイントとリットルなどがあります。

学校でよく試験に出ていたことを思い出します。

特に、工業高校では単位の換算は必須でした。

会社を経営していくにも、頭の中での単位計算は必要です。

私の会社みたく、三つの事業部が存在している場合、それぞれの事業部の単位というものをきちんと捉えながら経営してゆかなければなりません。

それぞれの事業部は、会社構成の単位をなしてる現実をしっかり認識し、英知を働かさなければ厳しい世の中を渡っていくことは不可能です。

 

 

 

 コロナ禍の中を経営してゆくことは、私のみならず沢山の経営者の皆さんが頭を悩ませていることと思っています。

会社経営は別にコロナ禍でなくても大変なものですので、気を引き締め困難に向かっていかなければなりません。

コロナ太りの会社もあると聞きますが、やせ細っている会社の方が多いと考えます。

悩む単位が少なければそれに越したことはありません。

その単位を小さくするためには、英知を働かせ一生懸命働くことと信じて生きていかなければなりません。

| karyuhokki | 日記 | - | - |
琴線

 商工会青年部は全国組織で形成されており、私も約30年前は北海道商工会青年部連合会の役員として、組織の拡充発展はもとより、地域振興に走り回っていたものです。

私のころは40歳定年制であり、必然的に40歳になったら組織を去らなければなりません。

当時の仲間と今でも年二回、夫婦で会食の機会を設けています。

今年も、1日に札幌で開催され賑やかな一日を過ごすことが出来ました。

我々仲間の心の琴線に共鳴を与える毎回!これからも継続していきたいと思っています。

ただ、どんどん年齢が加算され「いつまでこの様に会えるかな」という言葉も最近は飛び出します。

先ずは、お互いに健康でいることが一番重要です。

四人ともまだ現役で働いていますが、その役割はどんどん小さくなってきています。

話題は、健康に関すること・仕事の事・孫の事など多種に渡りますが、殆ど子供たちに譲っていますのである意味責任は薄れてはいますが、そういう訳にもいかないのも現実です。

 

 

 

 

 2日、皆さんと昼食を終え再会を期してお別れです。

私ども夫婦はそれからニセコへ向かい、ちょっとしたリゾート気分を味わってきました。

心の奥深くにある物事に、感動や共鳴しやすい感情は、まさに心の琴線に触れる一日でした。

過去に全くなかったわけではありませんが、年齢とともに感動も違うものを味わいます。

女房は、ご飯の仕度もしなくてもよく、温泉に入りゆったりと出来最高の贅沢と喜んでくれました。

また、朝ご飯などあまり食べない女房(ヨーグルトと果物が主流)が、ペロリと食べたのには少々ビックリしましたが、顔に美味しいと書いてありましたのでこれまた満足しました。

一生懸命仕事をして、たまにはこんな贅沢も良いものだと改めて感じました。

また、働く命を与えてくれた今回のニセコの旅は最高でした。

 

 

 

 明日は、過去に大変お世話になったご夫婦が来函します。

地元の仲間と総勢6名で「退職祝い」を企画しています。

個人的にも、仕事でも大変お世話になった恩人ですので、出来るだけのことをして喜んでもらえればと思っています。

札幌からくるご夫婦の心の琴線に触れてくれるような集いにしたいと考えています。

 

 

 

 そんなこんなをして居る内に、越後への旅立が間近に迫ってきていますし、他の二人も山城の国。豊後の国へと出立です。

コロナウイルス感染拡大防止のために、企画する側も相当な気の使いように少々ビックリするところも在りますが、従わなければなりません。

ある百貨店さんは今、行われている別な催事でお客様から「何故、フェイスフィールドをしてないのか」というクレームめいた事を言われたため、我々の物産展では全員被らなければならい状況になりました。

フェイスフィールドにマスクをしての仕事はとてもストレスが溜まり、且つ、暑さ対策が重要です。

違う現場で、そのような格好したため熱中症で倒れた人が何人かいるとの現実も確認しています。

感染防止フィルムにフェイスフィールド、そしてマスクに、一回ごとの手洗い消毒。すべてがコロナウイルスの影響です。

更に、今回の秋催事は、各開催百貨店さんから沢山の確認注意事項が届いています。退館後の行動にまで言及されています。

ここまでしていますので、お客様は安心してご来場ください。

一日も早い終息を願い、出立です。

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
勘定

 葉月が終わり、今日から長月です。

優雅に秋の夜長を読書をして楽しむ月とは違い、これから命がけの催事が始まります。

とにかく、コロナウイルス感染だけは避け、インフルエンザも避けなければ当初の目的を達成成就することは困難になりますので、体調管理には十分な注意を払わなければなりません。

健康で仕事をやり遂げることによって様々な勘定が計算できます。

 

 

 

 

 葉月の日課のグランド周回と、飲食を勘定してみれば次のような結果になります。

一周約427mのグランドを313周し、263、320歩の歩数を記録し、約133km歩いた勘定になります。

一日平均約8777歩になります。(グランド周回だけの数字です)

飲食は、朝は150kalのマンナン入りご飯と、100kalのカレーや中華丼や麻婆丼などの食事。

昼は、主に麺類かパン、夜はアルコールと魚中心の食事です。

アルコールは、350ml缶ビールを45本(一日平均1,5本)、焼酎四合瓶を5本、日本酒四合瓶6本、ワイン1,5本の消費量でした。

ビールは必ず飲みますが、日本酒がいつもより多いのは夕飯に刺身が多かったことが原因です。

生意気に、料理によって種類を選択します。

休肝日は四日間ありましたので、平均はもう少し上ですが、自分では大した量ではないと思っています。

しかし、体重はビクともしません。やはり、食べる量が多いのですかね!?

ただ、好物の枝豆とトウモロコシはよく食べましたのでそのせいかもなどと考えていま。

また拙いブログへのアクセスも3456回、一日最高174回のアクセスを勘定しました。有り難いと思っていますが、反面怖さも感じます。

 

 

 私の地域はコロナウイルス感染者が一人もいませんが、飲食店さんは徹底した対策を施し、お客様のご来店を待っていらっしゃいます。しかし、費用対応可は薄いようで、勘定が上がっていないようです。

ただ、先日テイクアウトで商品を取りに行った時の函館は少々賑やで、活気が感じられました。

今月から全国各地で始まる北海道物産展もどんな勘定になるのかは未知ですが、本州のある知人からの連絡によると、忙しい時で前年の70%くらいで、暇なときは前年の50%前後との連絡が入りました。

一人だけからの情報ではありませんので信憑性は疑えません。

本当にどんな勘定になるのか不安ではありますが、今更辞めるわけにはいきませんので、心構えだけはしっかり持とうと考えます。

私の予算は前年の良くて65%、悪くて50%ですので、知人からの情報とほぼ合致します。

ただ、やってみなければわからないのも現実ですので、勝手な想像をしない様にし、前向きに考えて頑張っています。

 

 

 

 酒を飲んでも本をよく読んだものですが、最近は睡魔に負けるようになり老いを別な意味で感じるようになりました。

いつ迎えが来てもおかしくない年齢に到達しましたが、昔ほど死というものへの恐怖感は無くなりました。

早い遅いはありますが、人間必ず死を迎えます。今年も今まで沢山の著名人や芸能人が亡くなっています。

順番の人もいれば、そうでない人もいます。生れ落ちると同時に寿命も決まっているのかもわかりません。

ただ、女房より先に迎えに来て欲しいと願っています。

老いた男一人生活してゆくことはとても厄介です。

自分の死期を勘定に入れて生活することは一抹の寂しさはありますが、必要な事かもです!

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
料理

 昨日の31℃が、17℃になる極端な北海道です。

雨風も激しく、そして寒く折角の日曜日が台無しです。

お陰で今日は日課のグランド周回は、今月初めて中止です。

明日も気温の上昇は見られない模様ですが、来週からまた、残暑がぶり返されるような予報が出ています。

 

 

 

 吹奏楽全国大会出場という希望の灯が消えた孫は、目標が無くなりとても可哀そうですが、別な目標が出来たみたいで毎日練習に頑張っています。

そして、来年は高校受験です。

吹奏楽を続けるのかどうかは孫の決めることですので、余計な口出しをする気はありません。

今は、学校と吹奏楽の練習と、サックスのレッスンと、塾通いをしていますのでなかなか話すことも会うことも叶いません。

今日は久しぶりの休みみたいだったので、孫の大好きなパスタ用のトマトソース作りをして提供してやりました。

二枚貝にアレルギーのある孫の為、アサリは使用できません。

私は昔からこのソースを作るときは、ニンニクと生姜を少し多めにみじん切りにし、オリーブオイルでニンニク生姜のみじん切りを低温で炒めることから始めます。香りが立ったら、豚肉・イカ・海老・しめじ・月桂樹の葉をいれ、軽く塩胡椒し、炒めてから、市販のトマトの水煮缶詰め三種類をブレンドし、ゆっくりかき混ぜながら、調理します。

隠し味として二種類のものを入れますが、それは秘密です。

とても喜んで食べてくれますので作り甲斐があります。

 

 

 

 

 私の作り物でもう一つ孫の大好きなものがあります。

それは「グラタン」です。孫はマカロニが好きなので必ず入れます。ただ、やはり二枚貝の帆立やホッキ貝などが使用できません。

ホワイトソース作りに相当な時間を費やします。

基本的にバターに小麦粉を入れ、長時間焦げない様にかき混ぜる作業は根気がいりますが、孫の喜んで食べてくれる顔を想像すればなんて事の無いことです。

そして、小麦粉臭さを消したソースに牛乳を投入しますが、ダマにならない様に細心の注意が必要です。

あとは、別にマカロニやエビ・イカ・鶏肉などを炒め、ホワイトソースを絡め、グラタン皿にバターをたっぷり塗り、素材とソースを入れ、とけるチーズや粉チーズをトッピングしオーブンで焼くだけです。

時折、ドミグラスソースを使ったひき肉や野菜を炒めたものとサンドした物も作りますが、これも好評です。

 

 

 

 もともと、しゅうまい作りは私の料理の趣味が高じて始まりました。

趣味から始まりましたので、美味しさは無限です。金儲けから始まったしゅうまい作りではありません。

私が、商工会青年部長をしていた5年間に沢山のものを作り、仲間と飲食したものです。

ある意味、青年部員の皆さんは私の料理の官能試験官でした。

今でもある程度自信があるものは「出汁巻き卵焼き」「天ぷら」等ですが、一番出汁をひいて作る和食にも少々の自信はあります。

料理は、手間を惜しまず、良い材料を使用し、愛情を注ぎながら作ることと勝手に認識しています。

| karyuhokki | 日記 | - | - |
極端

 残暑が厳しい北海道ですが、明日からの気温が極端から極端へ走りそうです。

今日は30℃越えが数か所あり、ここ北斗市も30℃は超えています。

所が、明日は雨の予想で気温は最高が19℃最低が15℃の予報で、更に明後日は最高が17℃で最低が15℃となっています。

来週水曜日辺りから24℃くらいになりそうですが、本当に極端な温度変化です。

風邪などひいたりして熱でも出たらコロナと間違われます。

あくまでも予報ですので外れて欲しいと願っています。

 

 

 

 

 今日も日課のグランド周回しました。

最近は、一周の内50mを二本走っています。昔みたいにそんなに早くは走れませんが周回の速度に強弱をつけています。

現在は12周していますが、極端に走る距離を伸ばそうとはせず、身体と年齢に合わせた走りをしています。

朝から暑かったため、今までで一番汗をかきましたが、爽快な気分になり楽しかったです。

明日は雨模様なのでその時間にならなければ分かりませんが、多分周回が叶わないと思っています。

今月に入って初めての朝雨になりそうですので、日課の周回も中止です。

 

 

 

 

 昨年の記録を調べてみれば、9月の下野の国からウオーキングを始め、食事にも気を付けて12月迄続けた記録を見返せば、

二か月で6kgほど体重減が見られていました。

ただ、今はまた元に戻っていますので昨年と同じことをしても大きな成果を期待するのは無理と感じます。

極端な減量を施せば、身体によくは無いことは分かっていても、どこかで挑戦してみようかなという気持ちもあります。

極端なことをしなくても、食べる量と飲む量を加減することによって体重減は期待できます。

それにも挑戦する気持ちもあります。

ただ、過去に椎間板ヘルニアの手術を受け、三週間酒も飲まず、食事は糖尿病食にしてもらった経験がありますが、2圓靴体重が減っていませんでした。

私の場合自己判断ですが、カロリーより糖質を控えた方が効果がありそうな気がします。

人それぞれですので良くわかりませんが試してみます。

 

 

 

 

 何事も極端はあまり良くない事と認識していますが、背に腹は代えられないのも事実です。

普通の程度から大きく外れたことをしない!また、華々しく偏ったこともしない!

肝に銘じ、全国を行脚します。

今日ある百貨店さんから沢山の確認事項と注意事項を頂きました。

その中に、「退館後、飲食店への不要な外出はお控えくださいませ。」という文言を見つけました。

真っすぐホテルに帰って部屋食をして下さいと言われているのと同じことです。

ある意味、極端な要請ですが、催事会場からコロナウイルス感染を出さないという強い決意を感じました。

今回の秋は、私自身そのつもりでしたので同意できます。

今年の催事は、デパ地下でその地の名物を購入し、部屋で飲食することになりそうです。

寂しい事実は隠せませんが、迷惑だけは掛けたくありませんので要請通りにしたいと思います。

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
事情

 珍しく残暑厳しい北海道です。

函館地域も、真夏日を8月2回も記録しました。

27℃プラスマイナス2℃くらいの気温が続いていますが、どうも予報によると来週からは秋らしくなるらしいです。

いずれにせよ、ほどほどの暖かさが続いてくれることを期待しています。

 

 

 安部総理が辞任のようです。

前回の辞任と同じように病気が原因らしいですが、詳しいことはこれから沢山の報道がある思われます。

確かに、大変な時の総理として陣頭指揮をしてきたとは思いますが、国民全部が満足する施策はあり得ません。

一日も早く治療に専念し、回復を願います。

しかし、まだまだ解明されていない沢山の問題はこれからも有耶無耶にしてはいけないと思います。

事情が事情だからとは訳が違います。

その辺のきちんとした処理を怠れば、政治そのものが益々国民から離れ、空疎な世の中へ移行すると思います。

総理を辞任しなければならなくなった状態に至るまでの理由や状態は「病気」が一番の理由かもしれませんが、突然の辞任は今のコロナの世の中では非常に残念です。

しかし、病気での辞任はや無負えぬ事情です。

重ねてご回復を祈念します。

 

 

 

 

 コロナ蔓延の中での物産展も何時も物産展とは大きな相違があり、事情が違います。

慣れが一番怖い事なので、初心に帰り仕事を遂行してゆくつもりですが、慣れも怖いですがコロナ感染が一番怖いことです。

コロナ事情をよく理解し、十二分に留意し仕事を完結できれば最高です。

事情が事情だけに今回の秋の催事は気持ちの高ぶりに欠けます。

| karyuhokki | 日記 | - | - |
燃転

 雲一つない晴天の秋空の下、日課のグランド周回をこなしました。

風がなく、今日も気温が高くなりそうな気配を感じる朝でした。

お盆を過ぎれば秋風が!今年の北海道はどうしたことか残暑が厳しく夏日も記録していますし、雨が少ないように感じます。

予報では、土曜日曜と雨ですので農家さんは助かると思います。

どちらかと言えば暑い方が好きな私ですので、週末の雨予報で、その後気温が下がることのないように願っています。

 

 

 

 6月で帳面を締め、8月に税金を払う。6月決算の会社です。

消費税が10%になったお陰で大きな納税が生じます。

8%から10%になっただけですので、2%分増えると思ったらとんでもない事で、納税金額はそんな訳にはいきません。

国民の義務ですから仕方のないことですが、コロナ蔓延の今年は消費税率を一考してもらったら助かります。

ただ、国も多額のお金をコロナ関連でバラまいていますのでそんな訳にはいきそうもありません。

終息した暁には、多額の増税が国民に襲い掛かってくることは歴然です。

食品事業はコロナの影響により昨年より良くはありませんでしたが、LPガス事業と住設金物事業は昨年を上回りました。

全体でば前年はクリアできませんでしたが、何とか納税できるだけは成し遂げました。

 

 

 

 

 小泉内閣で、聖域なき構造改革、規制緩和が進み、LPガス業界も業態が変わり、極端なことを言えば誰でもLPガス事業を始めれるようになりました。勿論、それなりの国家資格は必要ですが、昔とは全く違います。

業者が乱立すれば業界は必然的に値下げ合戦を繰り広げるようになり、商業道徳の欠片も見られない醜い消費者の取り合いが始まっています。

特に、この業界は昔からその傾向は強く、無償配管の提供やら、器具設備の無償化や、景品販売の拡大が繰り広げられてきた業界です。経済競争での弱肉強食とはちょっと違ってはいますが、近いものがあります。

ただ、数年してからのトラブルも沢山噴出している現実も見逃せません。

消費者の皆さんは、安い・タダに越したことはありませんが、安い・タダには訳が存在することを見逃してはいけません。

安いものにはきちんとした理由がありますし、高いものや普通のものにはきちんとした物語が存在します。

 

 

 

 

 今日は、燃転という標題です。

所謂、燃料を転換することを指します。

LPガスからオール電化へ、LPガスから灯油へなどが挙げられますが、数年前まではオール電化にするために電力会社が様々な負担をして電化を進めてきたという事実が存在します。

ところが、近年は電気代がLPガスや灯油から見たら相当高いという理由で逆燃転が行われる時代になって来ました。

燃料業界はまさに一瀉千里を地で行っています。

電気も選択して買える時代になりました。そのせいで、大手電力会社がLPガス事業に参画して来ています。

また、市民生協なども積極的にLPガス事業を拡充するような気配が伺えます。

全てが、規制緩和の産物です。規制緩和は、体力のある会社が生き延び、中小零細は必然的に消滅してゆくことを意味するような気がします。

どんな時代になるかは中々予知できませんが、私の所みたいな零細企業はお客様との接点を大事にし、今まで以上に大切にすることが求められ、そのことが未来へ繋がります。

当社、LPガス事業を始めて57年経過します。ある意味、一つの商店・商売が50年も同じ商売を続けれることはとても困難なことです。

当社の場合、燃転もありまた、他業者に移られた消費者も沢山存在しますが、一番多いのが自然消滅です。

30歳で当社とご契約下さったお客様は、87歳になっています。

亡くなられれば、息子さん娘さんが来て「家を壊すので撤去お願いします」と来社します。

この自然消滅が多いのが当社の実情です。

 

 

 

 これからも「商い」というもので生計を立てて行くならば、知恵と体力(資金)と行動力が必要です。

どれ一つとっても乏しい現実に生き延びてゆくことの難しさを感じます。

例えば、廃業年を設定し、それ迄一生懸命「商い」をし、生活してゆくことも一考です。

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
始動

 昨日は従業員さんの給料日です。

全く工場が動かなくても、国の緊急雇用安定助成金のお陰で毎月給料を支払う事が出来ます。

しかし、いよいよ27日から工場が始動します。

3月から休んでいたので、従業員の皆さんも身体を慣らすのに少々の時間を要すると思いますので無理な作業はさせず、ゆっくり身体を慣らすことから始めます。

9月に入ったら本格的に工場が始動し、従来の姿に戻ります。

ただ、催事での売れ行き次第で製造数が決まってきますのでコロナ下での予知は難しいものがあります。

ただ、どんな注文にも応えてくれる力量を有した従業員の皆さんですので大丈夫と認識しています。

 

 

 

 今月末辺りから、北海道物産展が各地で始動することと思われます。

皆さん暫くぶりの仕事で張り切っていると思われます。

ネットで出店者の顔ぶれを見れば、殆ど同じメンバーです。

こんな状況の中でもきちんと生き延びていれる体力羨ましく感じます。

もし、当社がしゅうまい事業だけでしたらとっく事業を中断していたと思います。

百貨店さん中心に活動をしてきたため販路が断たれ、体力の無さが露呈します。

改めて、催事業者さんの体力には敬服いたします。

 

 

 

 

 当社もいよいよ9月8日から催事行脚が始動します。

私は越後、常務は豊後、小林は山城へ出立です。経費は掛かりますが、本業の仕事の関係で常務は一週間で主任と交代します。

その後、それぞれ一旦帰宅し、私は29日から江戸地へ出立し、家に戻るのは12月10日頃になります。

その間、一日の休みもなく各地を転々としますのでやはり心配は健康面と、コロナウイルス感染です。

十分に気を付けて行動しなければならないことを自覚しながらの生活は疲労度がいつもと違うと思います。

従業員の為、会社の為、家族のためにも留意し頑張ってまいります。

何時もの年とは違い、心が重い始動が待っています。

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
予知

  ようやく、秋催事の日程表が出来上がりました。

あとは、全員で確認作業をし間違いのないように再確認します。

今年の秋は、何回もの日程表の作り直しがあり、本当に疲れました。

たった一か所の変更によって沢山の個所の変更を余儀なくされます。

何とかやり繰りをして、昨年並みの確保は出来ましたが、本当にこれで良かったのだろうかという現実に葛藤しています。

有難いもので百貨店さんからのオファーの予知はできますが、今回はコロナウイルス感染拡大防止のためにいつもの日程と大幅にずれ、予知不能の所が何か所かあったため苦労し、被りが多く日程表が超過密になり、やり繰りが昨年より大変になりました。

毎年とはいえ、私の担当するところは減ることは無く老体に鞭を打って仕事をしなければなりませんが、宿命と諦め頑張ります。

 

 

 

 

 開催する側も、出店させていただく側も今回の物産展の色々な面での予知は困難極めます。

先ずは、コロナウイルス感染拡大防止策の徹底が挙げられます。

完璧な防止策が施されているかどうかは現地に行ってみなければ分かりません。

前にも記しましたが、ある百貨店は東京・埼玉・神奈川・愛知・大阪に居た人はその百貨店さんに出向くことは叶いません。

但し、二週間経過した人は入店することができます。

これ感染拡大防止策の一つです。また、ある百貨店さんは、商品は全てレジ流しという、どこかのアンテナショップ方式みたいな形態で臨みます。

その他、様々な方式で感染拡大を防止する努力をしていると思われます。

 

 

 

 

 次は、売り上げの問題です。

密を避けるため通路幅を大きく取らなければならないため、出店業者さんの数が減少しています。

お客様の中には「いつものお店がない」と言ったようなことが沢山起きると予知できます。

その為に、通常一週の開催期間を二週にして補う努力もしているようですが、どこまでお客様に伝わるかが予知できません。

当然、出店者数が減れば売り上げも減少します。

また、試飲試食が禁止されているために更に売り上げに影響することは必須です。

試飲試食のないお菓子弁当類は、密を避ける工夫が要求されます。

売り上げを達成することは、いつの催事も大変ですが今年は輪をかけて大変と予知できます。

 

 

 

 出店する方も相当な覚悟が必要です。

戴帽・マスク・手洗いは基本ですが、衣服も毎日変えるべきと思います。

金銭のやり取りにも、商品の受け渡しにも以前とは違った行動をとらなければなりません。

毎日の消毒は欠かせませんし、なにより手洗いの励行です。

先日あるホテルに宿泊した時の朝食がバイキングでしたが、薄い手袋を着用してトングや皿をトレーに乗せ、料理をつまむ方式を取っていましたし、着席して再度料理を取るときは、マスク着用で、当たり前ですが一回使用した手袋は廃棄です。

私も現場でトングを使用しますので、見習いたいと思っています。

 

 

 

 

 今回の物産展は予知できないことが沢山出ると思われますが、細心の注意を払ってお客様に満足を与えることができるように切磋琢磨しなければなりません。

何よりも、こんなコロナ蔓延の中出かけてくれるお客様に感謝です。

こんな時くらいレジ袋を無料化して欲しいと考えます。

毎日エコバックを洗濯するお客様の割合は予知できませんが、いかに現状のレジ袋が清潔かが一番わかりやすいと考えます。

レジ袋の有料化はコロナ騒動が終息してからでも良いのではないかと真剣に思います。

| karyuhokki | 日記 | - | - |
大仰

 日課のグランド周回も今月はまだ一回も雨に当たらず、順調に推移できています。

催事の関係で7月28日から始めましたので、今日で合計28日目になります。

前回は、4月22日から50日間の期間でしたので合計すると78日間になり、仮に9月の催事に出かける日まで続けたとしたら約93日間日課をこなすことになります。

一日約5卻發ますので、累計465km(因みに、新函館北斗駅から仙台まで510km)歩いた勘定になりますので、もうすぐ仙台到着です。

代謝が悪いのか、歩き方が悪いのか、また、食べすぎ飲みすぎなのかは不明ですが体重はビクともしない現実に、少々どころかガッカリしている自分がいます。

体重は変化在りませんが、靴の底は確実に減っています(笑)

ただ、体重の事ばかり考えないで健康には悪くないと考え日課をこなす様にしています。

最近は、少々の腹筋とスクワットを取り入れました。

いずれにせよ、身体を動かす事は気持ちの良い事です。今日も晴天に恵まれ、気持ちの良い朝でした。

 

 

 

 

 来月上旬からいよいよ物産展催事で全国を転々と行脚します。

コロナウイルス感染拡大の中の全国行脚は、大仰を申せば「命がけ」の行脚です。

しかし、従業員のため、会社存続のため、家族のために仕事として割り切って成し遂げなければなりません。

経営者としての責任は逃れれません。

正直、この秋は催事をすべてお断りしたい気持ちもありましたが、先に述べた責任と一回断ったら来春からの要請は無い可能性を考えれば中止にはできませんでした。

また、これを機会に食品事業部を畳むことも考えましたが、これもまた実行できずに全国行脚の日は近づいてます。

ただ、大袈裟ではなく廃業は常に頭のどこかに存在します。

業績が悪くなって廃業するのだけは避けたいと考えています。

 

 

 

 

 今回は、越後ー江戸ー山城ー尾張ー安芸ー下野ー筑前ー肥前ー江戸と9か所の行脚です。

こんな環境の中で、自分を節制し忠実に予防策を励行し、沢山の事に気を配りながらの行脚はいつもの正常な年と比し、相当疲労することが考えらえますし、ホテルでの生活も十分に気を付けなければなりません。

休み無しの日程ですので大袈裟に言えば、高齢者の域に達してますので、正直持つかな?!大丈夫かな!?が頭を過ります。

沢山の責任の為、まさに命がけで全国行脚をしなければならない現実に戸惑いが無いと言えば嘘になりますが、家族には大丈夫と言って出立します。

自分始めた食品事業です。その現場で倒れて命を亡くしたのであれば本望かもしれません。

何時の全国行脚も危険はつきものですが、大仰を申せば本当に命がけの全国行脚の今回です。

私も、百貨店さんも何事もなく終了できることを祈念しますと同時に、違う場所の催事に出向く従業員の健康と安全を願います。

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
誤認

 日中は結構残暑が厳しい北海道です。

ただ、朝夕はすっかり秋めいてきました。

日課の毎朝のグランド周回も涼しさを感じます。

 

 

 

 世の中、コロナコロナです。

私はたまたま以前勤めていた会社の上司が「ただの風邪」と言ったことを信じ(信じるだけの説得力はあります)、データー的に自分もただの風邪と思ってきましたが、これだけ国民を恐怖に陥れ、感染が拡大している様子を見ていると私の「誤認」と言わざるを得ないと思うこともあります。

インフルエンザより大したことのない風邪と言われていますが、インフルエンザがこれだけ国民を震え上がらせたことはありません。

「ただの風邪」と言った元上司を責めるわけにはいきません。とても立派な方で頭脳明晰でデータを重んじる科学者ですし、尊敬しています。

どんな人にも誤って認めたり、見違えることはあります。

まだ、はっきりしたことは判明しないコロナウイルスですが、ここ迄国民に大変な思いをさせるウイルスは過去に見当たりません。

大変なウイルスなのか、ただの風邪なのか、どちらの考え方が誤認になるのかはこれから判明すると思いますが、素直に今、国民がこれだけ苦しめられ、窮屈な生活をしなければならない現状を鑑みれば「ただの風邪」ではないような気がします。

 

 

 

 ただの風邪も、それぞれの症状を抑える薬は存在しますが、風邪に効く薬は存在しません。

インフルエンザだって、特効薬やワクチンは存在しません。

そのようなことを考えれば、新型コロナウイルスに効く薬の開発は疑問です。

何を信じたらいいのか判らない状況ですので不安は付きまといます。

以前の生活に戻るにまだまだ時間を要することだけははっきりしているような気がします。

| karyuhokki | 日記 | - | - |
認識

 お盆が過ぎれば秋風が吹く北海道ですが、朝夕はめっきり秋らしくはなって来ました。しかし、日中はまだまだ夏の名残が残り暑い日が続いています。予報によればまだ一週間くらいは残暑が厳しいらしく、私にとってはとてもよいことと認識しています。

ただ、暑いのを嫌う人は(私の女房)は早く涼しくなって欲しいらしく、暑い暑いを連発しています。

困るのは、エアコンが嫌いなことです。エアコンの涼しさは合わないらしく何とも難しい!

「老いては子に従え」という諺がありますが、近年は「老いては女房に従え」が新しい諺になってもおかしくありません。

男のすることと、女のすることに分け隔てが無くなり、近年の若者は掃除洗濯炊事全部しなければ女性にモテないらしいです。

何時からこんな世の中になったのでしょう?昔が良かったとは全てを言えませんが、昔と違って男女の役割の角度が変わってきたことは間違いないみたいです。

良いのか悪いのかは分かりませんが、全てとは言いませんが私は昔も好きです。

 

 

 

 全国から届く北海道展の案内が今年は若干遅れ気味です。

開催する方も予想を立てるのはとても困難なことと認識します。

通常案内の他に、コロナ関係の文書だけでも相当の枚数を数えます。

図面が来なければ私も想像できませんが、通路幅を大きく取りいわゆる「蜜」を防いだり、金銭の授受には必ずカルトンを使用するとか、沢山の事が指示されています。必然的に業者の数は少なくなり、物産展としては迫力に欠けるものと認識します。

もし、沢山の来場者があれば、入場制限もされるようです。

お客様も、業者もあずましくありませんし、なにより売り上げが懸念されます。

 

 

 

 

 コロナウイルスに関しては、最近色々なことが分かってきていますので、国民を煽る発言をするお医者さんと、ただの風邪ですと言うお医者さんを集め、議論をさせる番組を報道して欲しいと思う一人です。

もう今の報道には沢山の国民の皆様が辟易していますので、もし、実現すれば相当な視聴率を取れるはずです。

とても興味がありますので是非実現して欲しいと思います。

コロナウイルスに関しては沢山の医者さんの認識の相違が存在します。

何が正しいか正しくないかは分かりませんが、一日も早く結論を出していただき正常な生活ができる土台作りを願います。

 

 

 

 

 認識の相違と言えば、官房長官はGOTOトラベルをやらなければ大変なことになっていたと言っていますが、岩手県知事ははっきり間違いだったとの認識を示しています。

物事を知り、本質や意義などを理解することで全員が同じ答えを出すことはあり得ません。

私は個人的に、岩手県知事に賛成です。

この様な状況の中で何が何でも押し切る政策ではないと思いますが、それを押し切るということは政治的な事や利権の臭いがプンプンします。

全く、国民のことなどに考えはなく、自分、もしくは自分達の利権だけの為にGOTOトラベルキャンペーンを実行させたなら

A級戦犯に値します。

国民がどんな認識を持っているかを調査してみて下さい。

 

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
徹底

 17日、音更町の友人のお母さんが亡くなり、参詣に行ってまいりました。

享年96歳の天寿を全うした人生を送り、旅立ました。

生前、毎年お会いし、90歳過ぎても仕事も手伝い元気な姿をみていました。

所変わればの諺通り、当地の葬儀とは全く違います。

当地お通夜はすでに骨になっています。一番先に火葬をしてから色々な儀式が執り行われますが、音更町は、生でお通夜をし、生で葬式もし、それから火葬し35日49日100日の取越し法要を行うのが普通みたいです。

葬儀の仕方は、何が正しくて何が間違っているのではありませんが、当地は函館大火の影響で先に火葬してしまう風習になったらしいです。

 

 

 

 北斗音更の日帰りは厳しいので、一泊してきましたが宿泊ホテルの新型コロナウイルス感染対策の徹底ぶりには舌を巻きます。

翌日、札幌に所要で寄りホテルに宿泊しましたが、帯広より徹底されたホテルでした。

食事する時に外したマスクは、用意してあるマスクケースにいれ、自分で飲み物を取りに行くにはマスク着用が義務付けられます。

チェックインする時は検温、アルコール消毒は当たり前で、アメニティまでもが別な袋で渡されます。

この様な形態は一体いつまで続くのかは分かりませんが、薬やワクチンが出来るまでは継続される可能性があります。

近い将来なんてことはなく、何年も掛かるような気がします。

単なる「風邪」とおっしゃる学者さんも沢山出てきましたが、テレビウイルスに感染した国民は煽られて心が疲弊していますので、

ただの風邪とは認識出来ないようです。

新しい生活習慣の構築がなされ、その構築された現象を理解し遂行できる人間がどれほどいるかは疑問もありますが、とにかく、それぞれの場所で決められたことは徹底的に行うようにしなければなりません。

なんともあずましくない日常になることだけは避けれない模様です。

 

 

 

 

 もう少しで催事行脚が始まります。

従来の形態との変化に戸惑いを覚え、慣れるまでに時間を要するような気がします。

また、手袋着用やマスクの装着の為、これまたあずましくない状態で仕事をしなければなりませんし、ホテルー会場の往復や、食事に最大の注意を払わなければならない現実に対し、徹底した自身の管理が必要です。

正直、以前のような気持ちで催事に出かけることはできません。

とても重い心での出立になります。

売れるだろうかは元より、コロナにかからないようにの対策など従前とは全く違います。

良い方に徹底することを念頭に、心は重いですが仕事と割り切り頑張って業務を成就させなければなりません。

 

 

 

 こんな生活が長続きするはずはありません。

倒産・廃業がこれから加速するような気がします。

当社も十分に考えなければならない環境ですので、人様の事を気にしている場合ではありません。

食品事業を畳むのは簡単には行きませんが、無い頭のどこかの回路に「畳む」ということを事をしっかり考え定着させておかなければなりません。

私の年齢を考えればもっと早くに回路に定着させておかなければならない事でしたが、なんとなく流された時代を経験してきてしまいました。

「商い」「継続」の難しさを改めて感じています。

 

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
秋空

 久し振りの快晴に恵まれ、日課のグランド周回も気持ちよくこなせました。

ただ、空を望めば「天高く馬肥ゆる秋」の状態になっている様に見えました。

もう少しでいいので夏を享受させて頂きたいと願います。

今日あたりはまだ気温が上昇してくれ夏らしい気温ですが、空の雲がどんどん高くなり、間近に秋が迫っています。

本当に短い夏で、短い秋の北海道です。

 

 

 

 昨日、十勝の音更の友人からお母さんの訃報が入りました。

前から連絡はいただいておりましたのでお参りの用意はできていました。

96歳という年齢でしたので、天寿全うし旅立ちました。

私が出張中で出なくてある意味幸いしましたが、明日女房と音更向かいます。

私の家から車で約6時間要します。どんなに時間が掛かろうが私の両親、そして女房の両親の時にお参りに来ていただいていますので義理は欠かせません。

友人からは、コロナの時代だから来なくていいよとの連絡をいただきましたが、そんな訳にはいきません。

 

 

 

 

 毎年、夏には十勝に行って帯広の北海道ホテルに泊まるのが私たち夫婦の楽しみでしたが、友人のお母さんの状態から今年は断念しました。

私は平気なのですが、女房はコロナウイルス感染が気にかかる様で、どこにも出たがりません。

今の所、何にも障害が無ければ9月半ばから12月上旬まで家には戻れません。

この短い期間に旅行を楽しめない不幸はコロナのせいです。年齢的に段々二人で旅行をする機会は減少します。

今の内と思うのですが仕方あありません。

テレビウイルスに感染した女房が我が家におります。

テレビはあまりにも煽りすぎですので、もういい加減にして貰いたいと思います。

コロナと共存する術を考えた報道を期待します。

 

 

 

 間近に出張が迫ってきています。

賑やかな北海道物産展は期待してはいませんが、秋風が吹く様な物産展にはなって欲しくありません。

殆どの会場が試食禁止です。物を売るのに大きな手段の一つです。

勝手に考えるのですが、ケーキやお菓子類そして、弁当類はあまり試食を出しませんが、黙ってお客様はお買い上げ下さいます。

ご飯のおかず類になる商品、特に珍味や惣菜類は試食を楽しみにしているお客様も存在します。

そして、たくさんお買上げすると値引きやサービスを要求されますが、お菓子や弁当はたくさん買ってもそのような事が無いようです。試食をお出しして、値引きを要求される!催事場の七不思議の一つです。

ただ、6月7月に催事でお世話になった時は、お陰様で当社は全く影響はありませんでした。

ある場所は、むしろ試食お出ししている時よりも売り上げが良かったという皮肉な結果が出ました。

きちんとした商品説明をして、真摯に仕事に励めば良い事があると信じて頑張るつもりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
墓参

 お盆13日は、毎年ご先祖様のお墓参りに家族で出かけます。

私の家は曹洞宗、女房の家は浄土真宗(西)です。

今年は、ご先祖様も帰省するのにコロナウイルスで難儀なされたのでは無いかと心配しながらの墓参でした。

まさか、自粛などはなかったものと信じて疑いませんが、現生は大変な状況です。

 

 

 

 改めて、お墓に記されている戒名や亡くなった年を見てみれば、私の父が27年、母が17年の亡くなってからの歳月を刻んでいます。

早いものと再認識しますが、私もそれだけ歳をとっているのだなとも思います。

もういつお墓に入ってもおかしく無い年齢に達しています。

最近女房と良く死んだら、という話をしますが、幸せなのは私が先に逝くことが一番と考えます。

男親が残っても迷惑をかけるだけです。もし、その様なことになったら、早めに施設に入る手続きをしたいと考えています。

これだけは未知の世界ですので、双方で話し合いを十分しておかなければと思います。

 

  

 

 

 今年の墓参を見て見ると、やはり新型コロナウイルス感染拡大防止の観点からか、お盆で帰省してお墓参りをすることが叶わない状況がわかる様な気がします。

沢山の方々がお墓参りに来ていますが、殆どが見たことのある地元の方ばかりが目立ちます。

ガス屋や金物店と言う商売柄、市内の沢山の方々の顔を記憶しています。

今は催事で全国回っていますが、その前は地元で沢山のお客様と接していました。

従って、お墓参りに行こうが、孫のコンサートに行こうがまた、飲食店に行こうが必ず知っている人を見かけますし、お会いします。

昔は、親戚関係まで頭に入っていましたが、今は薄れてきています。

帰省自粛は紛れもなく存在しているみたいです。

 

 

 

 

 

 毎年、日本で風邪にかかる人が4千万人いるらしいですが、コロナの風邪は5万人という数字です。

それでなんで自粛しなければならないの?という学者さんがたくさん出てきました。

毎日発表される東京都の感染者数ももう慣れっこになってきて、ある意味辟易するほどです。

Gotoトラベルはやめる気がなく、帰省は自粛してほしい。なんかおかしいですよね。

おかしなことばかりで、見たくも聞きたくもありませんが、観光地は回復傾向にあるとのことをテレビで知りました。

経済活動が活発になるのに悪くいうつもりはありませんし、むしろ良かったなと思います。

ただ、その前に国民に説明しなければならないことが山積していたでしょうと言いたいです。

その辺の事ができてからのキャンペーンであったならと残念でしょうがありません。

しかし、観光産業だけが困っている訳ではない現実をしっかり直視して欲しいと思います。

 

 

 毎年、墓前に向かいご先祖様に報告とお願いをします。

報告は、現在の商売の状況やら、家族のこと、お願いは「商売繁盛」「家内安全」「健康成就」の三つですが、今年はコロナから守ってくださいと一つ付け加えました。

ともあれ、8月13日の毎年恒例の行事は、これから夜の家族の食事会をもって終了です。

きっと、コロナの感染から守り、仕事もコロナに負けない様にしてくれるものと思っていますので、ご先祖の皆さん、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
修正

 北海道物産展の工程予定表を作るのに四苦八苦している自分がいます。

日程の変更や人員のやり繰りが毎日のように変化し、なかなか思うようにいきません。

今日はまた、ある百貨店さんから入店する前の仕事場の件で電話があり、東京・神奈川・埼玉・愛知・大阪・福岡が仕事場であったなら、入店できないとの連絡を頂きました。

但し、二週間経過して体調に問題なければ入店可とのことでした。

たったこれだけの事なのですが、工程表の作り直しは大変な労力を要します。

特に今年は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から結構多くの百貨店さんが日程を動かし10月末から11月初旬は超過密スケジュールとなっています。

その為に、工程の作り直しは付き物ですが、今年は特に大変です。

 

 

 

 

 因みに、私はその百貨店さんに向かうつもりで工程を組んでいましたので、15年お世話になる百貨店さんに行くことが叶わなくなってしまいました。

あらゆる方法で修正してみましたが、どうしても叶いません。

沢山の馴染のお客様と会えない寂しさは何とも言えないものがあります。

今年は、お世話になる沢山の百貨店さんの日程重なりが非常に多く、その百貨店さんの決められた日程にすべてお世話になれない状況です。酷い所はたった1日しかいれない処も在ります。

私がどう修正してもお世話になる百貨店さんの日程修正はできませんので仕方のないこととは思いますが、残念な面が多々あり、また、申し訳なくもあります。

百貨店さんにも、お客様にも多大な迷惑をかけなければならない状況にしたのは「新型コロナウイルス」です。

長引くことは想像していましたが、これだけ沢山の影響を及ぼすとは思っていませんでした。

 

 

 

 政治家の話はもう書きたくないと先月のブログで更新しましたが、毎回同じことを言っていることに辟易しています。

特に「高い緊張感をもって動向を注視していかなければなりません」の言葉は、総理の口から何回出たことか!

また、財務大臣も「緊張感を持って注視する」発言、また、官房長官までもが「動向については特に注視している」発言の有様です。

官僚さんが作文しているとは思いますが、もう少し配慮あり、信憑性のある作文を心がけて欲しいと思います。

総理の広島での原爆セレモニーでの挨拶と、長崎での挨拶が酷似しているとの事で、長崎県民が怒りを表したと新聞に載っていましたが、これも官僚の作文と思われます。

真面目に仕事しろ!と言いたくなります。

我々国民も「高い緊張感を持って政治を注視している」とのことをお忘れになっていないでしょうか。

内閣支持率がどんどん下がる現実を注視するべきです。

一回口から出たものは修正できません!

 

 

 

 そんな中、また工程を見直さなければならない電話が舞い込みました。

修正・修正の連続です。

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
歴史

 8日、当市文化センター「かなで〜る」で上磯中学校吹奏楽部による「第4回NJBサマーコンサート」が開催されました。

新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、基本的には無観客ですが、部員の家族3名迄は会場に入ることを許され、席も間隔を取っての演奏会の開催です。関係者には頭が下がります。

先日のハッピーコンサート同様、ビデオ・ザ・キッドさんのご協力を頂き、YOUTUBEにおいてストリーミリング配信されました。

8日から16日まで、ビデオ・ザ・キッドYOUTUBEチャンネルにおいて公開されていますので、是非ご覧いただければと思います。

 

 

 

 この演奏会は、毎年開催されています。

上磯中学校吹奏楽部顧問の先生が「中條淳也」先生です。

先生の頭文字をとったネーミングです。(N AKAJYOU J YUNYA B AND)

本来、全国から卒業生が集まり、現役生徒と一緒に演奏したりしますが、今年は新型コロナウイルスのお陰で沢山の卒業生が参加することが出来ず残念でしたが、参加した卒業生が、出席出来ない卒業生の分まで頑張って演奏していました。

また、今年の春卒業し高校へ進学した子供たちの卒部式がやはり新型コロナウイルスのお陰でできず、忸怩たる思いがあったと考えます。いつもは3月の定期演奏会で卒部式が行われていましたが、コロナには適いませんでした。

昨日のコンサートで、後輩から何かしらのプレゼントの授与があり、また、中條先生にも卒業生のそれぞれの手紙のプレゼント授与がありました。遅まきながら、無事卒部式が行われました。

 

 

 

 第一部から三部までのステージは、聞く人の心を魅了し、様々なセレモニーでは涙を誘い、圧巻の演奏会を楽しませていただきました。

因みに、第一部{中学生のステージ}第二部{中学2・3年生と高校一年生のステージ}第三部{卒業生のステージ}と1時間45分間のステージでしたが、大幅に時間が延長され、演奏終了が8時30分位になっていました。

合計14曲、アンコールそれぞれの部で一曲ずつ、合わせて17曲の圧巻の演奏は、時間を感じさせずに楽しませていただきました。

相変わらず部員の皆さんはの前には譜面台がありません。全部暗譜しての演奏です。

私も、半世紀前吹奏楽部員でしたが譜面台のない演奏は函館港祭りの行進時しか記憶にありません。

素晴らしい子供たちですし、北斗市の宝です。

市の理事者は、音楽の町を宣言したと言って挨拶していますが、我々市民には全く通じておらず、また、音楽で北斗市をPRすると言ってるのにその施策が見えません。有言実行が求められます!。

 

 

 

 上磯町は、北斗市になる前から吹奏楽が活発な地域で、その源泉をひも解けば今は亡き高橋徹先生のお陰と言っても過言ではありません。高橋先生が上磯吹奏楽の歴史の礎を築いて下さり、それぞれの学校の顧問の先生の努力と、生徒の真摯な姿勢が刻まれ、現在に至り上磯中学校全国大会5期連続金賞取得という金字塔を打ち立てました。

私の孫がお世話になっていますが、こんなに練習が必要なのかと思うほどよく練習します。

生徒も大変ですが、顧問の先生も家庭など投げうっての生活と想像します。

正直、そこまでしなくてもと思うことは沢山ありましたが、やり遂げました。

ただ、孫から「行きたくない」とか「練習したくない」とか一切聞いたことがありません。

喜んで練習に行っていました。

いま、一つの事に打ち込み、取り組んだ事は、将来の人生に大きな期待が持たれます。

その先の将来を歩んでいる生徒の姿が想像できます!!

これからもこの歴史の年輪を絶やすことなく、頑張って欲しいと思います。

その為にも、学校と行政と保護者と地域の連携と協力が欠かせません。

更なる向上を目指し、歴史を刻んでいってくれることを切に願います。

| karyuhokki | 日記 | - | - |
秋風

 かなり強い風と雨をもたらした台風崩れの温帯低気圧がどうも一緒に秋風を北斗市に運んできた模様です。

暦の上では7日は「立秋」確かに秋ですが、もう少し夏らしい天候が継続してもらわないと!と思います。

通常、北海道はお盆が過ぎれば秋風が吹くと言われていますし、本当に感じます。

しかし、もう少し夏を楽しませて下さいとお天道様にお願いします。

普通、残暑は無い方が良いのですが、北斗市には少々の残暑を望みます。

 

 

 

 今日は珍しく青空。予報では雨模様でしたが外れてホットしています。

毎日お世話になる運動公園の陸上トラックは、先日まで合宿していた大学生に代わり、高校の陸上部が合宿を始めました。

大学は多分「山梨学院大学」、高校生は「八戸学院光星高校」のようです。

大学生と高校生の走るのを見ていると、違いが一目でわかります。まず、速さが違い、そして走るスタイルが違うように感じます。

そんな私は、早足でグランドを周回していますが、私が一周回する内、彼らは二周回以上もします。

そして、発汗がなかなか見られません。高校生より大学生の方が発汗が遅いようにも感じます。

ただ、今の私が全力走行しても叶わない速度で周回します。

今日は、コーチから25周との声が聞こえていましたので1万m走るのだと思います。

一日に一体何キロか走る合宿なのか分かりませんが、若いって素晴らしいことと思います。

一生懸命頑張って、合宿中に力を付けて欲しいと願います。

 

 

 

 そんな私も4月22日から始めた運動公園陸上トラック周回も62日目になり、881周回、約480km歩きました。

ローマは一日にして成らず!まさにその通りでいつの間にか数字は積み重ねられています。

催事に行くまで1000周回は達成しそうです。

前にも記しましたが、トラック一周は400mです。普通1レーンから8レーンまでありますが、1レーンが400m、2レーン目になると約407.7mになり、8レーンは454mの計算です。

4月5月はトラック16周していましたが、今は10周にし体操やスクワットをする時間を設けました。

これからは、秋風を感じながら歩くとなるとなんとなく寂しい感じがします。

追い打ちをかけるように米の稲が出穂しました。緑色の田んぼがこれからどんどん色褪せ黄緑色に変化し、更に黄金色になる頃には冬将軍がちらつく北海道です。

もう少し、夏と秋が長く楽しめる地であって欲しいものですが,変えることは叶いません。

 

 

 

 

 

 秋風は読んで字のごとく秋に吹く風ですが、男女間の愛情が覚めることも意味します。

世の中男と女しかいませんし、好き嫌いは当然あります。

くっついたり、離れたりすることは日常茶飯事の世の中ですが、守り抜くことが基本で、大切なことと認識しています。

男女間のみに使われるわけでは無く、人生生きていると色々な処で秋風は吹きます。

多様な意味を持つ「秋風」ですが、しつこいようですがもう少し夏を味合わせて下さい。

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
要請

 幸い、雨も降らずグランド周回も終えることができました。

湿度が高く、気温もそれなりの為、発汗しますが大したことはありません。

明日は、台風から変化した温帯低気圧の影響で確実に雨のようですが、降らないことを念じます。

 

 

 

 当市ではお陰様で一人のコロナ感染者も出ておりません。

東京は酷いことになっていますし、追随して大阪・愛知・福岡・沖縄と重症です。

それぞれの地域でまた、自粛要請が出ているみたいですし、お盆の帰省も様々な回りくどい表現で要請がなされています。

要は、自粛して欲しいと言っていると同様です。

振り返れば、ゴールデンウイークも自粛要請が出された記憶があります。

休みの赤い日はとにかく何かしらの要請が政府や自治体から発令されている昨今です。

 

 

 

 

 同じ商売をやっている人間として、飲食店の皆さんは本当に気の毒です。

補償される金額は従業員の給料にもなりません。

従う従わないは自由なので、コロナ対策を施し、お店を開かなければ倒産してしまいます。

一次産業の農業などは天災等で被害があった場合でもそれなりの補償がありますが、商業人は、一生懸命商売しても倒産したら何の補償もありません。残るのは借金だけです。

そんな飲食店を経営している皆さんは、コロナ騒動で生きるか死ぬかの瀬戸際に立たされています。

にもかかわらず、時間の短縮要請など簡単に様々な要請が出されます。

売上の補償を確実にしてくれるなら要請に従うでしょうが、一次産業みたいに手厚い補償は全くない状態での要請は更に窮地に追い込む施策としか言いようがありません。

本当に気の毒です。19時~20時まで営業して生活していけるお店は皆無と考えます。

言いたくありませんが政治の役割が問われます。

 

 

 

 私のところは飲食店ではありませんが、食品も製造する営業体系を営んでいます。

特に食品は、百貨店さん中心に商売を展開してきましたので深刻です。

コロナの影響で、百貨店さんの売り上げは殆どが20%から30%の落ち込みを記録しています。

本当に影響は大なるものがあります。

アメリカで老舗百貨店が倒産という記事を見た時、とても他人事とは思えませんでした。

北海道は潰れるなんて考えたことのない銀行が潰れた歴史を有していますし、大手の証券会社も倒産しています。

 

 

 

 感染者数が増大してくると様々な要請がすぐさま出されますが、大事なのはコロナウイルスの感染よりも、どうしたら感染するかの究明を急ぐべきで、数が増えれば要請ばかりの現状は少々単純でおかしいと思います。

空気感染は本当なのでしょうか?三蜜は本当にいけないことなのでしょうか?マスクは必要なのでしょうか?。

特効薬や、ワクチン(出来そうもないので)に頼らなくても、ウイルスと共存しながら生活できる方法の究明に資金を注ぐべきと考えます。

人口密度の少ない国ほどまた、日本より厳しい自粛を要請した国ほど感染者や死亡者が多い現実を数字で見た時、蜜は関係あるのかなとか、マスクは関係あるのかなとかなど、政府や自治体の要請は正しいのかなと素人でも思います。

 

 

 

 GOTOトラベルキャンペーンは観光業者の救済処置ですが、困っているのは観光業者だけではありませんので、その辺のことをしっかり理解して要請を出してほしいと考えますし、バランス感覚の醸成を願います。

みんなが大変なんです!

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
繁忙

 催事も無く、穏やかに一日が流れて行っていますと言いたい所ですが、それぞれの人間が、それぞれの立場で繁忙を極めています。

いつ雨が降ってもおかしくない空の色ですが、なかなかしぶとく雨が落ちてきません。

しかし、明日からは確実に雨模様で、それも数日続く日々らしいです。

 

 

 

 

 婿殿は、住宅設備機器の販売や取り付けと、昨日行われた立ち入り検査の後始末や配達。

従業員は検針業務と百貨店さんからくる案内の返信や整理そして、しゅうまいづくり。

娘は、しゅうまいづくりと厨房整理と、お中元の発送と孫の演奏会の準備と、週末に行われるイベントの用意。

女房は、しゅうまいづくりと決算業務の書類整理。

私は、しゅうまいづくりと催事の工程表作成やら、沢山のチェック事項の整理と、決算業務の書類整理。

書ききれませんが、それぞれが毎日忙しく走り回っています。

 

 

 

 しゅうまい作りは本来パートさんが行いますが、まだ数量的に家の人間だけで何とかなります。

中元品の補充やら、不足分の補充の製造が主ですので、午前中で終了です。

ただ、前日に沢山の準備をしているからできることです。

それに、パートさんは国から雇用助成の補助を受けていますので、働かすわけにはいきません。

来月辺りからそろそろパートさんも繁忙を極めると思いますが、今の状況では何とも言えません。

春のように突然の開催中止は困惑を極めます。そのようにならないように念じてはいますが、どうなるかは予断を許しません。

予定の立たないのも困りますが、予定が中止になるのはもっと困ります。

 

 

 

 

 今年の秋の催事が予定通り行われたと仮定しても、大きな売り上げは期待できないと思います。

試食もありませんし、通路幅があまりにも広すぎます。

また、密を嫌いますので入場の制限も付くと考えられます。

そんな中でいつものように販売が繁忙になることは考えられません。

粛々と仕事をするより方法がありません。

ただ、心の中に「常連」さんが沢山足を運んでくれたらと思うだけです。

沢山の業者さんがDMを発送しています。

当社も考えたことがありますが、仝朕余霾鵑隆浜の難しさ⇒媾饌紊簍莨豕念品の経費の問題M媾颪糧送の手間などの理由で

一切出しておりません。

中でも一番の問題は、経費もさることながら個人情報の管理です。万が一流失したら大変なことになります。

そのようなリスクを背負いたくありませんので、これからもDMの発送は行わないと思います。

 

 

 

 

 昨日は、ブログで記したように休肝日にしました。

意外となんともないものです。そして、夜の食事を考えた食事にしました。

何日続くか分かりませんが、とにかく体重減や肝臓等身体のために少し節制した生活を課すことにしました。

グランド周回は今日で連続九日目で82周、足の屈伸運動も230回を数えました。

明日が心配な天候ですが、少々の雨なら続行したいと考えています。

朝5時半から活動はじめ、19時には家でくつろげます。

決して怠惰をしているわけでは無く、繁忙を極めた生活です。

 

 

 

 最近は、YOUTUBEばかりを楽しんでいます。

私の会社時代の元上司の武田邦彦中部大学教授のブログは欠かしません。

その他、昨日は政治家田中角栄さんの話に相当な時間を費やしました。

違います!なにかが違います!勿論、好き嫌いはあるでしょうが私は稀有な政治家と認識しています。

政治家としては一流で、演説の上手さは天下一品です。

 

 

 

 天下一品で思い出しましたが、京都のラーメン天下一品、通称「天一」のこってりラーメンが恋しくなりました。

メンマとチャーシュウをつまみに、生ビールを二杯ほど飲み、こってりを食す。

私にとって究極の食し方です。

 

 

 

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
夏酒

 久し振りに親子4人が揃い、とても賑やかな日を過ごすことが出来ました。

とても、有難いことと思います。

昨日は、女房と息子と三人で江差方面へドライブに出かけ、それぞれの町の「道の駅」に寄り、トウキビを食べたり、ソフトクリームを舐めたり、コロッケを食べたりと楽しみました。

我が町から江差町に向かうのには、厚沢部町を通るのが一般的です。

メークインというジャガイモの産地として有名な厚沢部町は、他の農作物も豊富でまだアスパラが置いてありました。

因みに、男爵イモは今金町が有名です。

 

 

 

 

 家族で食卓を囲むのに欠かせないのがアルコール飲料です。

夏酒と称して、「日本酒」「焼酎」が良く売られていますが、どちらも頂いたり、産地に頼んで購入したものがあり、息子とゆっくり頂きました。

基本的に夏酒は、アルコール濃度が低めが多いように感じます。日本酒で16度くらい、焼酎で20〜18度くらいの度数が多いとおもいます。

何時も飲んでいる度数より低いためか、また、良く冷やすためか飲みやすくついつい量が多くなる傾向があります。

ビールを飲んでから移行しますので毎日肝臓さんには苦労を掛けています。

従って、今日明日は少し肝臓さんにお休みを与えるために休肝日とします。

 

 

 

 

 

 飲兵衛とは思っていませんが、料理の味を一ランク上げるのにお酒は欠かせません。

それぞれに合ったお酒をセレクトしますが、どんな料理も最初はビールです。

当地、今は真イカのシーズンですが、漁獲量が本当に少なく高級魚になっています。

私の小さい頃は、2000円も買ったら食べきれず余ってよく一夜干しやイカ飯にしたものですが、今は叶いません。

1000円分買っても一人前のイカ刺しには若干足りないと感じます。

パリパリし、透明なイカ刺しに生姜をのせ、醤油をぶっかけてかき混ぜて食するのが一番美味しいイカ刺しの食べ方と認識していますが、人それぞれです。

イカ刺しに欠かせないのが日本酒です。きっちり冷やした夏酒を飲みながらイカ刺しを食する!まさに至高のひと時です。

昨日は、市場によったのが遅かったせいもありましたが、イカの入荷が少なかったらしく息子が一人食べる分も危うい所でしたが、なんとか食べさせてやることが出来ました。

イカも、サンマもどうしたのでしょうか。

いま、私の小さいころにはほとんどあり得なかった「鰤」が豊漁とのことです。

海水温の関係か、最近は鰤が良く上がっています。

 

 

 

 

 どんな魚も好きですが、鰤だけは食しません。

刺身や鰤大根が旨いと言われていますが、どうも苦手です。

味といううか、脂といううか、やはり苦手です。

夏は、日本酒の夏酒とイカ刺し、最高です。

と、思っているところへ九州から焼酎の夏酒が届きました。

泰明の次に好きな杜谷の限定夏酒!心に決めたことが守れるかどうかの瀬戸際に立たされました(笑)

| karyuhokki | 日記 | - | - |
思惑

 催事中休んでいたグランド周回も今日で四日目になりました。

今日から、8周回を10周回にし、スクワットを20回から30回に増やしました。

以前は、二回り、所謂16周回していましていて、ただ歩くだけでしたが、婿殿と協議の結果歩くだけではなく違う運動も取り入れようと言うことになり実施しています。

まだ、体中が痛いです!

例えば、催事中に1万歩計測するのと、周回して1万歩計測するのは相当の違いがあります。

同じ歩数でも筋肉の痛さは全く違うと思っています。

今の時期は、汗が沢山出るのでとても気持ちがよく、歩いたり運動した後の爽快な気分は何とも言えません。

来月、催事に出発する迄継続するつもりです。

出来れば、体重に変化があれば嬉しいのですが、春先は全く変化がありませんでした。

ただ、筋肉がついたように感じます。催事で立ちっぱなしでも足に疲れを感じませんでした。

そのような効果が見られるなら、続けても〇です。

思惑通りに行って欲しいのが本音ではありますが。

 

 

 

 

 

 

 明日、札幌から息子が帰省する予定です。

ゴールデンウイークは札幌がコロナウイルス感染拡大がひどかったので帰省を中止させましたので、正月以来となり楽しみです。

別に大した話をするわけではありませんが、息子と話していると力強く感じるのは親の贔屓目でしょうか。

ただ、お酒をそんなに飲めないのが残念で、その分私が息子の分まで飲みますのでいつも女房に叱られます。

明日は、大好きな牛肉でも用意して、明後日は生きのいいイカ刺しを食べさせてやるつもりです。

息子も46歳にないました。子供には恵まれませんでしたが元気で仕事をしているみたいで安堵しています。

生まれた時から会社の跡継ぎをさせる気は全くありませんでした。

息子は公務員、娘は嫁に出すと心に決めていました。

私の代で昭和3年創業の金物店と38年創業の燃料会社を畳むつもりでいました。

 

 

 

 

 思惑通りに行かないのが人生かもわかりません。

息子は思惑通り公務員になりました。札幌大通公園で北海道市町村のイベント最中に経済産業省から(当時は通商産業省)内定通知が来たとの連絡が来て、沢山の友人とすすきので大騒ぎをしたのを覚えています。

ただ、娘は思惑通りいかず、私と全く同じ人生を歩むことになり会社を畳むことが叶いませんでした。

娘には幸運にも女の子の孫が生まれました。

孫の可愛さは、何とも表現ができない位可愛いいものです。とても頑張り屋さんの孫で私の自慢ですので、このまま順調に育ってくれることを願うばかりです。

ただ、中学生最後の年に吹奏楽の大会が全て中止になった現実はとても可哀そうでした。

全国大会出場の思惑を叶えてやりたかったです。

 

 

 

 新型コロナウイルス感染は、どのように感染するのかはまだハッキリしていないと思います。

ただ、何回も更新指摘ましたが、飛沫感染ではないと思いますし、過剰な防御をしながらの商売には辟易しています。

マスクも本当に必要なのかどうかも疑問の一つですが、一日も早く薬の開発と同時に、感染の仕方が分かればと思います。

感染が「人―物ー人」と考えればと思いますが、これをはっきりさせるのは本当にっ難しいことです。

首都圏での通勤やパチンコ店での蜜。そんな中で感染が問われたことはありません。

よって、スポーツ観戦や文化鑑賞などで人が密になっても多分感染者は出ないと考えます。

国民皆が検査を受けれるシステムはできないものでしょうか。

それが出来れば経済の回復も、文化やスポーツの鑑賞も堂々と行えると思います。

無駄なものにお金をかけないで、国民全員が感染検査を受けるシステムを構築して欲しいと思います。

そんな思惑を持ち、実現できる人の出現が待ち遠しいです。

 

 

 

 

| karyuhokki | - | - | - |
混沌

 ようやく夏らしい気候になってる北斗市です。

とは言っても、25℃前後の気温ですのでとても過ごし易いです。

しかし、我が家の人間は「暑い」「暑い」の連発です。

とても、内地には住めませんね(笑)

 

 

 

 昨日、東京で30日の367人の新型コロナウイルス感染者が報告されましたが、今日はなんと460人とのこと、500人を超えるのは時間の問題です。

新型コロナウイルス感染は東京は元より、日本国全体が混沌とさせてきました。

そんな状況でもGOTOトラベルキャンぺーンを止める気配が感じられません。

確かに、地方の観光業者は大変とは思いますが、もう少しゆっくり考えてみてください!何も観光業者さんだけが困って大変な訳ではない現実をどうして考えられないのでしょうか。まだまだ、大変な処は沢山存在します。

国民受けを狙って補助金出してウイルスを全国に拡散している施策にしか見えません。

GOTOトラブルキャンペーンに名称を変更してもおかしくありません。

何回も何回も政府や政治家さんたちの批判や抽象を記してきましたが、もう嫌になりましたので、8月からの更新では一切記すのを止めることにします。

落ち着くところは、政治家は国民が選んだということです。

疑惑の塊があろうが、どんなに失言しようが選挙があれば多分当選します。

普通の人間は危機感を持つものですが、この方々にはどんなことをしても選挙に当選しないわけがないとの認識があり、危機感なんて存在しません。

大事な話は高級料亭でするのがこの方々の常識みたいですが、何故?と思います。

 

 

 

 私の会社の食品事業部も、この秋が混沌としていて、なかなか確かな予定を立てれません。

今、頂いている案内もいつ中止の連絡が来るか分かりません。

経済の回復はもちろん大事ですが、人間の命の方が大事です。

この様に区別が立たず入り混じっている状態が混沌の意味と思います。

願いは、一日も早く混沌としている世の中から脱出できることが出来れば!常に考えますが、残念ながら一向にその気配を感じることはありません。

秋の北海道物産展も春と同様になれば、沢山の業者が多大なダメージを受け、倒産や廃業が続出する可能性があります。

アメリカ合衆国の報道によれば、2から3年、経済回復に要するとの見解をテレビ見た時、愕然としました。

大企業だって大変な赤字を背負っています。我々零細企業は吹けば飛ぶような業態の店ばかりです。

本当に大変な予測のつかない混沌とした世の中になってしまいました。

 

 

 

 7月も今日で終わりです。

新型コロナウイルス感染者数ではありませんが、私のブログがこの一か月で3000件超えるアクセスがありました。

最初は、怖い数字と思っていましたが、いまは慣れてしまいました。

8月からは、政治やウイルス関連の事をなるべく避け、楽しいブログを書けたらいいなと考えています。

7月も沢山のアクセスを頂き、有難うございました。

| karyuhokki | 日記 | - | - |
初物

 天候不順や冷夏を考慮し、まだ出回っていないだろうという判断の甘さに情けなくなりました。

トウモロコシと枝豆。

我が家では欠かすことのない好物品です。

特に、私の女房は朝昼晩三食これでも大丈夫なくらい好物です。

我が町より隣の七飯町の方が一か月くらい早く野菜などが収穫できます。

少々高いところにあるからかもとは思っていますが、融雪剤の散布など早めに行っている姿が見られ、努力しているのが分かります。

早速、茹でて食べましたが、今年も甘くて美味しいトウモロコシと枝豆です。

路上での販売がなくなるまで、我が家の食卓を賑わします。

 

 

 

 毎年食べてはいますが、今年初めて食べることを「初物を食した」といいます。

これから北海道はそんな季節を迎えます。

冷夏と思えるような天候が続きますが、今日久し振りに太陽が顔出しました。

昨日からはまた、運動公園でのグランド周回も始めました。

今回からは周回を少し減らし、スクワットや違うことを取り入れています。

太鼓腹を何とかしなければ!そんな気持ちで頑張っていますが、効果が表れることを期待して頑張ります。

今当市の運動公園は、陸上の合宿が行われているらしくものすごい速さで周回しています。私が全力で走っても追いつきはしません!私もラグビーしていたころはよく走り、それなりに早かったのですがその比ではありません。

それでも、汗一つかかず平気な顔して走っている姿を見れば心から感心します。

大したものです!!

 

 

 

 

 多分、秋の催事の案内はもう来ないと思っていますので、今来たところの交通整理を行っています。

しかし、10月の20日過ぎから11月の末まで、なかなか整理がつきません。

何時ものところプラス期間変更の従来の百貨店さんとの調整がうまくいきません。

限られた人数で回していますので仕方のないことですが、どうにも調子が悪いです。

無い知恵を絞り、迷惑のかからないようにしなければなりません。

コロナウイルス感染拡大のおかげで、全てのものが噛み合いません。

明確な指針等を政府に期待してもしょうがない現状です。何とかならないものでしょか?

 

 

 

 

 

 今まで、ここまで酷い政治家集団があったでしょうか!?

我々庶民と天と地ほど考え方ややり方が異なっています。

GOTOキャンペーンのキャンセル料は大した金額にならない発言、そして、まだアベノマスクの配布が必要と言っている頭の加減など、枚挙にいとまがありません。

キャンセル料は多分税金で賄うはずです。

金額の大小ではなく、1円だって血税です。簡単に発言していますが、国民を馬鹿にしていて、何にも考えていませんよね。

アベノマスクも税金です。今の世の中は過剰なほどマスクはあると認識しています。

それでも必要と言える神経は分かりません。

厚顔無恥を絵にかいたような今の政府はもういいでしょう!

真摯な自民党員だって沢山いるはずですし、野党も何をしているのでしょう。

こんなことしていても選挙をやれば当選する連中です。この不思議な現象を打ち破らない限り延々と繰り返される世の中が続きます。選挙区の皆さん!地元愛も大切ですが、日本国をもう少し考えて欲しいと念じます。

森友・加計・さくら・検事長定年延長すべてが闇の中です。

それでも選挙をやれば当選します。本当に不思議です。

 

 

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
没頭

 昨日は寝て曜日。新幹線の長旅での睡眠とは違い、自分の布団は眠りの深さや、あずましさが違います。

当たり前のことですが、枕一つとっても、ホテルの枕とは雲泥の差があります。

眠りに没頭できる幸せを感じています。

ここのところ気温が上昇していませんので寝苦しい夜は無く、逆に風邪をひかないように気を付けなければなりません。

まだ、エアコンが活躍していません。

一般に、北海道は来月13日を境に秋風が吹き始めます。

本当に短い夏ですが、今年は夏のらしさが感じられません。所謂、冷夏のようですので、農作物に与える影響が心配されます

あと約半月、夏を味わせてくれる日差しや、気温の上昇を期待します。

 

 

 

 

 

 お中元商戦もほぼ終焉です。

今年は、コロナの影響かどうかは不明ですがいつもの年の勢いがありませんでした。

久し振りに前年を割りそうです。

天井知らずに上昇することはありませんが、コロナでの催事中止という状況の中でしたので少々の期待はしていました。

世の中全体の中元商戦が良くないとは聞いていましたが、これからは、コロナなど関係なく中元や歳暮は減少傾向にあるような気がします。

私も、古希を迎えるにあたり、中元歳暮を考え直さなければならないと考えています。

送る相手も同じような年齢に達しています。貰えば返さなければなりませんので熟考を要します。

年金年齢になったら考えることが沢山出てきます。

 

 

 

 

 昨日、大好きな時代小説に没頭し、大好きな作家の新刊二冊を読破しました。

夜中の二時まで久し振りに眠気を催さず没頭できた要因は、とても内容が面白かった事につきます。

前作は17巻くらいで終了し、「新」とついてからもう10巻を超えています。

今回は「上・下」巻の二冊が新刊として発売され、読むのがとても楽しみで、新幹線では違う作者の新刊を読破し、大好きな作家の新刊は家でゆっくり読むつもりでした。

その大好きな作家は「佐伯泰英」さんです。

彼の作品は全て読破しました。今思い出すだけで「居眠り磐音」「酔いどれ小籐次」「吉原裏同心」「密命」「鎌倉河岸捕り物控」

「空也十番勝負」「交代寄合伊那衆異聞」「古着屋総兵衛」「古着屋総兵衛影始末」「新・古着屋総兵衛」「夏目影二郎始末旅」

「秘剣」「新・酔いどれ小籐次」「吉原裏同心抄」「新・吉原裏同心抄」「新酒番船」「長崎絵師通̪吏辰次郎」「新・居眠り磐音」

などを読破しています。

この先生は基本的に一冊で終わることなく、連作が多いのが特徴です。

時代小説家は概ねそうですが、「居眠り磐音」なる小説は確か49巻で終わったと思っています。

今続いているのは「新・酔いどれ小籐次」「新・吉原裏同士抄」」新・居眠り磐音」の三作です。

いずれも新刊が楽しみですが、そもそもの始まりが「居眠り磐音」でした。

ほぼ10年くらいの間に都合何冊になるか数えて見なければ分かりませんが、200冊は優に超えているはずです。

勿論、佐伯先生の本ばかりを読み漁ったわけではありませんで、他に8人くらいの時代小説家の本を読ませていただきました。

その中で一番好きな作家が佐伯泰英さんです。

時代小説に没頭できる楽しみを与えてくれた佐伯先生においては、健康に留意されさらに挑戦を続けていただきたいと思っています。

 

 

 

他の事に他を顧みず、一つの事だけに熱中することは良し悪しがあります。

しかし、移動中や寝るときに本に没頭することは悪いことでは無いと考えます。

本に癒され、本に教えられことは沢山あります。

その本が、最近売れ行き不振で本屋さんの経営が大変と聞きます。

パソコン等の普及は、地図の会社や、時刻表そして辞典等まだまだありますが、様々な処に影響を与えています。

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
拡散

 曇りの予想でしたが、夏らしい天気で気持ちの良い北斗市です

会社の用事で函館方面へ出かけたところ、沢山の函館皸奮阿亮屬箸垢谿磴ぁ▲僖船鵐嚇垢涼鷦崗譴呂曚榾車状態でした。

朝市も、久し振りの人出が多かったと聞き、連休プラスGOTOトラベルの効果と認識しました。

ずっと押さえつけれるものではありませんし、人間には限度というものもありますので仕方のないことだと思います。

 

 

 

 広がり散らばることを拡散と言います。

この期間中に新型コロナウイルスが拡散しないことを祈るばかりです。

本当に心配のない以前の生活に早く戻りたいと思うのは皆さん同じと考えます。

マスクもいらない、大きな声で話せたりできる環境に一日でも早く戻りたい!みんなの願いです。

兎にも角にもウイルスが拡散しないことを願うばかりです。

 

 

 

 

 私がお世話になる秋の百貨店さんの物産展も暗雲が立ち込めています。

通常、早いところで三か月前には出店申込書が届きますが、なかなか届きません。

電話等で問い合わせると、開催の方向でいますので後程申込書を送付しますという返事が返ってきます。

自分の都合ばかり言ってはいられませんが、出店する方は沢山の準備が必要です。

製品の製造や、マネキンさんの手配、それぞれの百貨店さんとの日程調整や宿泊施設の確保、人材の調整など色々な準備が必要ですので、出来れば従来通り早めに連絡いただければと考えますが、百貨店さんも背景や環境を最後の最後まで見極めてからでなければ案内できない今年のようです。

東京都が昨日260人を超える感染者を報告しました。医療機関も相当逼迫して来ていることと思います。

関東地域は暗雲どころの話ではなくなってきております。

 

 

 

 関東地域で中止が沢山決まれば、その他の地方への拡散が懸念されます。

特に、大都市では感染者が増加傾向にありますので心配は非常に大きいものがあります。

そして、それぞれの地域の百貨店さんグループにも拡散しないとも限りません。

現実に、関西地域である百貨店さんグループが今年はすべての催事を中止としていると聞きます。

沢山出ている地域と、何にもない地域を一緒に考え、同じテーブルに乗せて考えるのは?とは思いますが、グループ全体での考えには私ども逆らえません。

芸能人と一緒で、呼ばれなければ出店できません。

基本的に商売は予定や予想は難しいものですが、この催事という商いだけは予定が立ち、予想も立てれる有難い商いです。

 

 

 

 沢山の意味で「拡散」を避けて欲しい!

それが切実な願いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |