無料ブログ作成サービス JUGEM
明暗

 

 気象予報士でありませんのではっきりしたことは言えませんが、江戸地もなんとなく秋めいてきているのかなと思うのが実感できる昨日今日です。

暑さの慣れも手伝っているのかも分かりませんが朝夕がちょっと違う感じがします。

日中は冷房の効いた中で仕事をしていますので分かりませんので幸せですが、気温だけを見ればまだ外はまだ残暑が厳しいようです。

 

 

 

 高校野球もベスト4が揃い、明日対戦し決勝へと向かいます。
どの学校が勝利を手中に収めるのかは分かりませんが、暑い中頑張ってもらいたいと思っています。

ちょっとしたことが明暗を分けるのが勝負の世界です。

そのちょっとしたことを起こさないために猛練習に励んできていると思いますが、起きてしまいます。

責める訳にはいかないのですが、野球という競技はその明暗がはっきりわかる競技ですので可哀想になることもあります。

いずれにせよ練習の成果を思う存分発揮して悔いのない試合を望みます。

 

 

 

 催事の世界でも明暗はつきものです。

一番の幸不幸は「場所」です。これは大きく売り上げに響きます。

主催者側が決めることですので文句のつけようがないのですが、大きく明暗を分けることは必須です。

場所がどうであれ、左右されないで高い売り上げを挙げれる業者さんは素晴らしいと思います。

当社の場合は、まだまだその域に達していません。

「商品」「見せ方」「売り方」催事の三大要素のような気がしますが、「商品」が良くても「見せ方」や「売り方」が下手なら物は売れませんし、「見せ方」が良くても「商品」や「売り方」が良くないとこれまた売れません。

最後に、「売り方」が良ければ「商品」や「見せ方」が多少落ちてもよく売れる現実を見てきています。

はっきり書けないもどかしさはありますが、やはり、売り方や試食の配り方で明暗が分かれるような気がします。

 

 

 

 

 今の現場もその日によってそれぞれの業者さんに明暗が起こります。

今日の当社は「月曜日の華隆」を地で行き「明」の方でした。

これも偏に、長い年月が醸してくれたお客様のお蔭です。

久し振りにお会いしても良くしていただき恐縮しますし、追っかけてくれるお客様もとてもありがたいと思っています。

そんなお客様に支えられ楽しく仕事をさせていただいております。

そんな現場も明日で終わりです。

暑い中いらしてくれたお客様全員に、心から「ありがとうございました」!!

 

 

 

 

 

| karyuhokki | - | - | - |
心算

 お盆恒例のお墓参りを済ませ、航空機にて東京に到着しました。

今回の現場は、婿殿と一緒です。

婿殿は都合で新幹線でしたが、五反田の駅で五分位の時差で合流できました。

東京の暑さは北海道の暑さと質が違います。

名古屋は更に質が違うような気がします。とにかくジワーっと暑い!!!

背広にネクタイ姿の人を見ると閉口しますが北海道人だけでしょうかね?!

 

 

 

 催事を初めて14年が経ちます。

孫と同じ年齢ですので忘れることはありません。

昨年実績や、背景を考えてそれぞれの百貨店の売り上げの心算をします。

毎年、近似値の数字で終了し心算の度合いに狂いがないことを確認できます。

ただ、どうなるか分からない売り上げに対し、支出は良かろうが悪かろうがある程度抑えるようにしています。

損益分岐点の再確認や、様々な方法で経費の支出抑制しなければなりません。

理由は、商品の価格を値上げできないことが大きな要因です。

大手や有名何処の価格と比較するのは失礼ですが、普通のしゅうまい屋さんとしては高額なのは理解しています。

しかし、高い物には訳や物語があるという事実も消費者の皆さんに理解して欲しいことです。

 

 

 

 前もって考え、予め予算を立てることは重要です。

なるべく心算通りに運んでくれれば言うことは無いのですが、そうでない現場も存在します。

併せていくら?の心算も有りですが、それぞれが前もって考えていた通りの結果が出ると経営者としてとても嬉しいことです。

これからの一週間は秋から初冬の催事の売り上げの予算には入っておりませんが、ニッパチ(2月・8月)です。

暇な時に売り上げを挙げれることは有難いことです。

心算通りに進んでくれることを願い、夜の搬入に向かいます。

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
情景

 まだ残暑という言葉を使うのは少々早いかも!ですが、北海道の場合は有り得ることです。

空の高さはまだ感じませんが、朝夕がとっても過ごしやすくなりました。

当商店街でもお盆用品を取りそろえたお店が出現し、先祖を迎える準備の手助けをしてくれています。

そんな情景を見ながら「お盆」と言うものを感じています。

 

 

 

 

 近年、「墓じまい」なる言葉を見聞きするようになりました。

墓石を片付けて更地にし、遺骨は移したり、散骨するというものです。

少子高齢化はお盆にも、先祖を祀るお墓にも影響してきています。

墓参りをし先祖と向き合い、食卓を囲み家族親戚と語り合う情景もいつまで続くかミステリーです。

いつの日か店先にお盆用品が並ばない日が来る可能性は否定できません。

どんどん日本特有の大事な何かが失われつつあるという現実がある気がします。

心に感じさせる風景や場面、心を感じ取る景色は年数が経つにつれて様々な変化をもたらしてきています。

 

 

 

 明日早朝先祖のお墓参りをしてから、江戸地に出立です。

お盆に?!とも思いますが、仕事ですので仕方ありません。

私の実家は曹洞宗、妻の実家は浄土真宗です。二つのお墓のお参りしますが、前者は「南無釈迦牟尼仏」後者は「南無阿弥陀仏」と墓前で唱えます。

私の叔母が曹洞宗のお寺の寺族でしたので小さいころからお寺に通い「門前の小僧習わぬ経を読む」ではないですが、色々なことを叔母ちゃんやおじちゃんに教えてもらった記憶があります。

中でも「ご詠歌」の情景は涙腺を緩ませます。

 

 

 

 良い情景が継続されるのは好ましいことですが、無くなってゆくことは寂しいことです。

そんな時代が来ないことを祈りつつ明日のお盆を迎えます。

 

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
満喫

 雨はそれほどではなく、風が強い北斗市です。

北海道の北部の方は大雨による避難指示が発動されている地域もあります。

大きな災害にならないことを懸念しています。

 

 

 

 休日ではないのですが家の人間が気を使ってくれ楽な生活を満喫しています。

本来は良くないこととは思っていますが、家族に甘えています。

ガス事業部の方は、婿殿が一生懸命仕事をしてくれ、食品事業部の方は女房と従業員の皆さんがこれまた一生懸命仕事をしています。

娘は経理の方を担当してくれています。

私の催事関係の整理も一段落したため本当に毎日楽さを満喫させていただいております。

あと一か月もすれば84日間家を空けなければなりませんので、今のうちに楽させていただきます。

ただ、食いだめ同様楽だめもできませんので、催事に備え少しは運動をと考えています。

 

 

 

 本来満喫とは「山海の珍味を満喫する」など、十分に飲み食いすることを指します。

また、十分に楽しみ、心ゆくまで味わったり、欲望が満たされることを言う言葉です。

当社の製品を十分に楽しんでいただき、満喫してくれたら幸せです。

それを目指して毎日製造に勤しんでいます。

十人十色・千差万別が人間です。好みの違いはどうしようもありません。

そんな環境の中でファンを沢山作る努力は常に自社製品に対し真摯な態度で仕事をすることと考えます。

 

 

 

 より沢山のお客様が満喫してくれる商品を届ける努力に更なる磨きをかけ、美味しいものを作ると言う欲望を失わない

ように切磋琢磨してゆきます。

儲ける努力より、美味しいものを作る努力。これが当社の理念の一つです。

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
作用

 今夕、8月に入って初めての雨になりそうな北斗市です。

農家にとっては恵みの雨となると思いますが、雨の後の気温変動が最も気になります。

多分、秋らしい気配が漂うと思われます。

今日は暦の上では「立秋」です。暦通りになる可能性を秘めた北斗市です。

 

 

 

 

 催事仲間に「黒豆」を売っている方がおります。

期間中は、黒豆や黒豆茶や黒豆ごはんをいただいたりしています。

相当身体に良いらしく、本やネットで調べさせていただきましたが、嘘ではないようです。

勿論、嘘の商品を売っている訳ではないので当たり前ですが!

家に帰ってから頂いた黒豆に穀物黒酢を入れ、豆が吸う分の黒酢を継ぎ足し、継ぎ足し黒豆酢を作ります。

朝夕の食事前にその豆を10粒程度食べ、大匙一杯程度の黒豆酢を飲みます。

最初はむせましたが、慣れてくると大丈夫です。

ネット等での効果は「必須アミノ酸」「クエン酸」「ビタミン・ミネラル」などが黒酢。

黒豆の栄養成分と効果は「黒大豆ポリフェノール」「イソフラボン」「レシチン・コリン」「タンパク質」「ビタミン・ミネラル累」「食物繊維」と書かれてあります。

 

必須アミノ酸効果

  脂肪燃焼・疲労回復・カルシュウム吸収・免疫力の向上・精神安定・満腹中枢の刺激

クエン酸効果

  美肌効果・疲労回復・腸内環境の調整・便秘改善・新陳代謝の促進・冷え性の改善

ビタミン・ミネラル類の効果

  疲労回復・抗酸化作用・動脈硬化防止・高血圧予防

黒大豆ポリフェノール

  老化防止・動脈硬化抑制・血糖値改善・メタボ予防

イソフラボン

  更年期障害の緩和・美肌効果・育毛効果・骨粗しょう症予防・がん予防

レシチン・コリン

  細胞の新陳代謝・脳の活性化・美肌効果・高血圧予防

タンパク質

  動脈硬化抑制・血中コレステロールの低下・基礎代謝アップ

ビタミン・ミネラル

  疲労回復・抗酸化作用・二日酔い予防・老化防止・むくみ改善

食物繊維

  便秘改善

 

 黒豆酢の作用(効果効能)は凄いと思います。

栄養成分のあまりの多さにちょっと辟易する部分もありますが、黒黒コンビの効能は私の健康への悩みを一掃してくれることを

願ってます。

 

 

 

 

 黒豆酢を飲み、食し始めて一週間が経過しました。

私の本当の作用の望みは「体重減」です。

まだ、顕著な変化は表れていませんが、黒豆酢作用が私に幸せをモタラシテくれることを念じて継続してみます。

来月初旬の定期検診と血液検査が待ち遠しくなってきました。

私にとって作用が通じてくれることを祈る毎日です。

| karyuhokki | 日記 | - | - |
取説

 めっきり寝苦しさから解放され、快適な睡眠を得ることが適うようになった北斗市です。

今日は、孫の吹奏楽の現役生と卒業生が共演する「NJBサマーコンサート」なるものが当市総合文化センターで開かれます。

顧問の中條先生の指導を受けた歴代の卒業生が集い、現役部員と共演するという珍しいコンサートです。

中條先生の名字の頭文字が「N」名前の頭文字が「J]そしてバンドの「B」で「NJB」らしいです。

先生冥利に尽きると思われますし、とっても素敵で幸せな先生と思います。

厳しい練習と指導をされて卒業しても「中條先生愛してる」です。

現役生もそうです!当然わが家の孫も先生を尊敬しています。

 

 

 

 今日、またしゅうまい製造機の具合が悪くなりメーカーと取扱説明書(取説)見ながら電話でやり取りし何とか動くようになりました。

前の機械は約14年間一回も故障なく来てましたが、まだ二年も立たないうちに二回もの故障です。

取説の大切さを痛切に感じましたし、やはり機会はよく当たり物、と言うのが存在しているんだな〜と思いました。

 

 

 

 日曜日札幌から息子が帰省し久しぶりに親子四人が揃いました。

その際、「妻のトリセツ」「定年夫婦のトリセツ」と言う本の存在を知らされ、面白いから読んでみたらという話を聞き、

丁度新刊が出る日なので書店へ行き、早速購入してきました。

まだ、読んでませんがとても楽しみです。

また、待ちくたびれていた本も発刊されており都合5冊購入してきました。

読むのが楽しみです。

 

 

 

 

 アナログ人間とデジタル人間の大きな相違点は、私個人の考え方ですが取説をよく読むのがデジタル人間で、サーと読むのがアナログ人間のように感じます。

しっかり取説を読んで理解しないから今の機器についてゆけないようにも思います。

ただ、今の取説にはアナログ人間の理解不能な言葉が沢山羅列されており、その辺がまた、しっかり読まない原因の一つかもと考えます。

いずれにせよ、デジタル時代の言葉はアナログ人間にとって言葉の取説が必要です。

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
刻々

 短い夏の終焉を感じさせるように朝夕がめっきり過ごしやすくなった気がします。

日中は30℃前後で推移してはいますが、寝苦しさは解消されつつあります。

せめて、8月一杯夏らしく歩んでほしいのですが自然は正直です。

 

 

 

 今日、王様椎茸の仕入れに車で向かいました。

北斗市は、太平洋セメントの工場があり、沢山の田畑が広がり「田園工業都市」です。

その田圃を横目で見ながら仕入れに行きましたが、稲は穂をつけ深緑色が黄緑色に変化しつつあります。

緑の絨毯が黄緑の絨毯へと刻々と変化しつつあります。

黄緑色から黄色になり、黄金色に変わるころ「雪虫」という冬の使者が現れます。

今日は、トンボさんにも初めて出会いました。

刻々と秋に近づいてます。

なんか一抹の寂しさが心の中を横切ります。また、雪はねの時期が・寒さがと思うと心が寂しくなります。

 

 

 

 

 ゆっくりしたい八月ですが、刻々と催事が近づいていますし、秋からの長丁場催事も同様です。

何にもしなくても時間は刻々と過ぎてゆきます。
きちんと目的を持って前へ進まなければ「時」に負けてしまいます。

言い訳ならないのでしっかり毎日を過ごさなければなりません。

本当の意味でゆっくりできるのは、仕事を畳んでからしかできないのかもしれません。

いつ畳むのかはミステリイーですが、頭の中にはしっかり刻まれています。

 

 

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
綿密

 どうしたことか、北海道も気温が高い日が続き真夏日、熱帯夜を経験しています。

海に近い北斗市も30℃超えし。一昨日は33℃位まで気温が上昇しました。

おまけに北海道では珍しい湿度が高く、ムシムシした日が続いております。

ただ、お盆を過ぎれば秋風が吹く北海道ですので今のうちに暑さを楽しんで夏を満喫してほしいと思います。

 

 

 

 今日の日本経済新聞の「北海道食の王国」という記事の中で当社の「ホッキしゅうまい」が紹介されてました。

「ホッキ」に焦点を合わせた記事でしたが、更に「ホッキ貝」の旨さを伝えていって欲しいと思っています。

炊き込みご飯やホッキカレー、塩ふり焼きや元焼き、バター炒めに酢ものに煮つけ、天ぷらにフライなどどれをとっても旨さは一級品

です。

まさに「貝の王様」と言っても過言でありません。

沢山の皆さんに楽しんでもらえればと思います。

 

 

 

 決算の申告が近づいています。

税理士さんと綿密に打ち合わせ納税義務を果たすつもりでいます。

一切の不正経理はしていないと断言できますが、見解の相違は出てきます。

誤魔化すために綿密に打ち合わせするのではなく、見解の整合性を取るための綿密さです。

 

 

 

 加えて、秋から冬の催事の準備を綿密に行わなければならない時期にきています。

主催者側に迷惑の掛からないように、お客様に喜んでもらえるようにスタッフと綿密な打ち合わせが必要です。

その他、交通機関の早割取得やホテルのチェックイン・チェックアウトの確認などやらなければならないことが山積しています。

この辺の綿密さが欠けると期間中大変なことになりますのでとても重要です。

あと10日もすれば1週間だけ江戸地の地下催事に向かわなければなりません。

正直、ゆっくりしていたい気持ちはありますが、歴史がその行為を阻みます。

老いが進むと身体の回復に時間を要するようになります。

春から初夏の催事疲れがようやく抜けてきたと思ったらまた振り出しに戻ります。

 

 

 

 

 秋から冬の北海道展の私の担当は9月10日からです。

12月3日までの84日間連勤で、休日なしのスケジュールです。

下野ー武蔵野ー越後ー蝦夷ー尾張ー下総ー安芸ー筑前ー豊後ー肥前ー武蔵と11か所の行脚です。

その他に、従業員の皆さん3人が違う場所でそれぞれ仕事をします。

工場もフル生産体制に今から入らなければ間に合いません。

しかし、どんなに生産しても商品の綿密さだけは確保するようしなければなりません。

「華隆」のしゅうまいを維持するために!

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
回顧

 今日は北斗市夏祭りでした。

暫く振りで見る機会に恵まれ若い時を回顧する自分がいました。

祭りは参加したり見たり楽しむ方はとてもよいのですが、企画運営する方は大変な人員とエネルギーとお金が必要です。

花火大会などは、加えて更にお金が沢山必要です。

 

 

 

 

 そんな中、今日は晴天に恵まれ気温も高く、お祭り日和で何よりでした。

沢山の人出(特に子供たち)があり、とても賑やかに行われて大盛況を呈しているのを見ると若い頃を思い出します。

商工会青年部という組織で夏祭りに「山車行列」を初めて導入し、市民の皆さんに楽しんでもらった思い出は今でも鮮明に

覚えています。

基本的に、山車は沢山の人間で引っ張り運行するのが暗黙の了解事項でしたが、今は車を使用しその車に人がついて歩くようになっていて、寂しく感じました。

山車も昔ほど派手で工夫がされている訳ではなく少々残念でした。

時代が変われば内容も変わるのですね。山車の競い合いが無いように感じます。

私たちは自分たちが楽しめれば沢山の市民の皆さんも楽しいはずとの理念で様々な仕掛けをし、祭りを運営してきたつもりです。

久し振りに見る夏祭りに自分自身色々な回顧をしながら見ていました。

 

 

 

 本州の方の祭りを覗いてみると、歴史を感じさせる祭りが沢山あり、それを守っていく姿が見受けられるような気がします。

祭りの大きさは比較になりませんが、大小の問題ではなくその祭りを守っていく姿勢が本州の方々と北海道人は大きくかけ離れているように感じます。

勿論、しっかり守っていっている北海道人も市町村も存在しますので一概には言えません。

 

 

 

 年齢を重ねてきているせいか、当市の夏祭りや代々木公園で行われている北海道フェアーなどを回顧する機会が自身多くなってきているような気がします。

自分達で苦労して作り上げた物はいつまでも心に残っている気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |
都合

 蝦夷地も尾張ほどではありませんが蒸し暑い毎日です。

お盆を過ぎると秋風が吹き始めますので、暑さを楽しめるのももう少しです。

今日も太陽は恥ずかしがって顔を見せてませんが、気温は30℃近くになりそうです。

 

 

 

 24日に帰ってきました。

計ったように島牧の友人から「生うに」が届きました。

誠に都合がよく、刺身・うに丼を楽しみました。

またまた都合よく、翌日には北見枝幸から「生うに」が届きました。

島牧は「ムラサキウニ」であり、北見枝幸は「バフンウニ」です。

甘味がさっぱりし大粒なのが「ムラサキウニ」甘味にコクがあり濃厚なのが「バフンウニ」と思っています。

どちらも甲乙つけがたいのは「ウニ」の性質だけでなく高価なものを送ってくれる友によるものです。

毎年毎年、本当に楽しみにしています。

 

 

 

 

 参議院選挙が終わりました。

相変わらずの投票率でも都合よく語る政治家に首を傾げます。

総理は改憲に対し、国民が議論しなさいという声をいただいたと発言してましたが果たしてそうなのでしょうか?

勝てばなんでも都合よく色々な言葉を並べます。

一方野党は「改憲に必要な三分の二を確保できなかったのだから性急な改革を望んでいない」と反論してます。

個人的には改憲に対する議論は国民の間で高まっているとは思えません。

参議院選では重視された政策の上位にランクされていなかった「改憲」が勝った途端都合よくすり替える技は与党の得意技です。

こんなことばかりしているのが投票率が上がらない一因と思います。

勝ち負けよりも、いかにして投票率を上げる政治をしていくかが問われます。

 

 

 

 

 今日、孫の吹奏楽の「函館地区吹奏楽コンクール」が開催されます。

全国大会への第一関門です。練習の成果をいかんなく発揮し、普段通りの演奏をしてくれることを祈るばかりです。

孫には「練習は嘘つかない」と言って送り出しましたが、応援に行く私は大丈夫と信じて向かいます。

都合よく催事がない時期ですのでこの第一関門を突破し、来月末に札幌で行われる第二関門も突破して昨年同様全国大会にコマを進めていただきたいと思っています。

叶えば、全道も応援に行けますし、全国は丁度名古屋で催事中ですので容易です。

頑張って欲しいです。

 

 

 明日は年一度の「北斗市夏祭り」です。

天候が気になりますが、盛大に盛り上がることを期待しています。

我々が始めた「山車行列」も健在のようですが、山車の数の減少には少々がっかりしています。

台風も近づいているとはいえ、都合よく晴天になってくれることを祈ります。

 

 

| karyuhokki | 日記 | - | - |